シマノ鈴鹿参戦記【回顧録】

今日は仕事でした。
そして明日は雨。
仕事中、自転車に乗る人々を車内からガン見してました。

裏山Cです\(^o^)/




本題です。




昨日の記事でシマノ鈴鹿準備を整えたオル兄の様子をお伝えしましたが、今日は本番の様子をお伝えします。

「シマノ鈴鹿ロードレース」は様々なカテゴリーが用意されていて、基本料金+自分が出たいレース料金を納めるというイベント内容になってます。

エンデューロと違い、比較的短距離なレースが多く、レベル毎に選べるように案内されています。

そこで我々が選んだのは…

「インターミディエイト」です。

level.jpg

限りなく初級に近いゾーンです。
フルコースを2周します。

個人的にはもうちょっと走りたいな~とも思いましたが、そうすると上級に近いゾーンになってしまうので、ロードを始めて1年の私には荷が重すぎます。

イベント参加もまだ2回目。
前回は長距離でしたが今回は短距離。
勝手も分からないので、初日で様子見、2日目でそれを教訓に頑張る、的な感じで土日ともインターミディエイトにエントリーしました。

ただ、所詮2周と超余裕コイてましたけども。

なので今回のイベント参加における事前準備はたった一つ。
駐車場です。

春SPでは一般駐車場に駐めたので会場まで非常に遠く、帰りは雨にも降られ散々な思いをしたので、今度は近い場所を取ろうということになりました。
それなりに早く申し込んだもののピット近くは既に埋まってしまい、交通センター?というトコロの駐車場を取りました。

この駐車場、会場まで若干距離はありましたが一般駐車場よりは断然近いです。
更に試走が出来る場所もあり、入念にアップをすることが出来ました。

春SPはスタートギリギリで入場しアップも出来ずにいきなりスタートだったので、今回は早めに会場入りしバッチリアップもします。
周回路をクルクルクルクル回って、バターになる勢いでクルクル回って、とにかく身体を温めます。

しかし季節は夏。
温める以前に
暑いです\(^o^)/

駐車場での一コマ。

CA3E0436.jpg

顔を隠しといて何ですが、超余裕コイた顔してます。
(バイクは私のでもオル兄のでもないので軽く処理してます)


充分に余裕カマした後、時間になりましたのでスタートラインへ並びます。

シマノ鈴鹿はゼッケン順に並ぶので、規定時間までに行けば早くても遅くても同じです。

スタート前も余裕コイて写真なんて撮っちゃってます。

IMG00567.jpg

ウーン…天気が…

2周だけなので大丈夫だとは思いますが、前回(春SP)レース終了直後に雨に降られたというイヤな記憶が蘇ります。
アメマンは誰だ…?

そしてスタート時間がやってきました。

今回はローリングスタートではありません。

号砲と共に一気にスタートします。


バン!


ついにインターミディエイトのスタートです!

みんな結構最初からトバします。

最初のシケイン付近では前後左右から大きな声が聞こえます。

「ラインキープ!」

          「減速!」

   「ラインキープ!」


コレが短距離レースというものなのか!

コーナーなどの状況変化の時の緊張感が全然違う!

それは当然ですよね。
アタック120のソレとは明らかに速度域が違います。
大人数の個人が一気に走り抜けます。

レース経験者の方が大きな声を出してくれるので、それでようやくそのことの大事さに気付きました。

130Rを過ぎ、西ストレートからスプーンカーブに入るトコロでは登りになります。
そこでも大きな声が飛び交います。

コレがレースというものか…

スプーンカーブを超えるとヘアピンカーブに差し掛かりますが、ココでも「ラインキープ!」の声掛け。
ヘアピンをクリアすると全員が何かに追われるように、何かを追いかけるように一気に加速します。

次に控えるテグナーカーブはその勢いをそのままに侵入するので、メチャクチャ緊張します。

この後のダンロップカーブからS字カーブでは下りとなるので、かなりのスピードが出ますから無理な追い越しやライン変更は怖くて出来ません。

ここまで先頭集団ではありませんが、とりあえず人混みの中で走ることが出来てました。
結構な速度域の中で隣の人が非常に近い中で走る…

緊張しまくりです\(^o^)/


そして第一コーナーからホームストレートに向かいますが…

ここまで結構なペースで走ってきたので、かなりゼイゼイいってる私。
ゼイゼイ=脚もパンパン。
そして鈴鹿のホームストレートは長い登り。

ココまではオル兄と一緒に走ってきましたが、登りでオル兄の背中が遠くなっていきます。

むぅ…やはりココで離されるのか…


すると!

前方から大きな声が!


「落車ぁ~~~!!」


んん!?

何とホームストレートの真ん中で10数台?とにかく多くのバイクを巻き込んだ集団落車が発生してます。

恐らくは先頭集団の方々と思われます。


走力がないおかげで危険なくそれをクリア出来ましたが、

やっぱコエェ…



そして残りの1周は、全力で走り続けるものの、前後左右の人とは充分なマージンを取って走るようになりました。

ケガもコワイしバイクが壊れるのもコワイ…


必死でオル兄に追いつこうと踏み続けますが一向にその姿は見えません。
完全に地力の差が出ましたね。

最終周はトラブルなく走ることができ、無事にゴールしました。

そして速報を確認します。

オル兄と私の差は約40秒。
順位も私は何とか半分以内には収まりましたが、オル兄は上位25%に入る健闘っぷり。

私は悔しさでいっぱい、オル兄は結構な満足顔。

オル兄は言いました。
「春SPは便所行ってる間に負けたけど、今回は地力でオレの勝ちだな(ニヤリ」

ぬうううううう…
ウサギがカメに負けたことを根に持っていやがったか…
兄貴にクセに大人気ないヤツめ…


この差は作戦でどうにかなるモノなのか…?
明日、少しでも順位を上げることが出来るのか…?


こうして期待と不安を胸に秘め、2日目のインターミディエイトに臨みます!

臨みたかったんです!


そう…


雨でした\(^o^)/

アメマンはダレダ?


ドライコンディションなのに集団落車するようなレース、雨が降ったらカオスになると思い参戦を見送りました。

ええ、そうです。

コワかったんです\(^o^)/
逃げたんです。

ん?
ということは、この2周の為だけにオル兄は遠くからやってきたということになるのか…

m9(^д^)


落車というコワイモノを見てしまいましたが、何とも言えない緊張感が高揚感を生み、エンデューロ系のイベントでは味わえないであろう楽しみを知ってしまった私たち。
あの興奮はある種独特ですね。
出店も非常に多く、イベント自体も非常に楽しめる日でした。


私とオル兄は誓いました。

来年も必ず出る!


今回のレースを踏まえ、何をどうするべきか話をしながらふと思いました。

インターミディエイトって、中級だけどその中でも一番易しいハズだよね…?

level.jpg


みんな速過ぎ\(^o^)/



これで私とオル兄のイベント対決は1勝1敗。

次の富士チャレンジでの勝負に燃えてましたが…


台風で中止になりました\(^o^)/

どっちがアメマンなんだ??




骨肉の争いはまだまだ続く…




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シマノ鈴鹿ロード

AV40Km以上で走る事が出来れば2周も3周もさほど変りません。むしろオープンの方が距離が長いので集団が落ち着いています。
私も2013年はAV36Km 2014年AV41.7Km私は日曜日の3組でしたが猛者揃いのアタック合戦でした。1組2組だったらTIMEだけで言えば優勝しています。インターミディエイトを舐めてはいけません。

Re: シマノ鈴鹿ロード

ご教授ありがとうございます。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター