ディープリム&チューブラータイヤ購入のお話

今朝起きて窓から空を確認したら曇り空。
玄関から外に出て路面を確認したらドライ。

これは…

天気予報をチェックしましたが、やっぱり雨予報です。
少し様子を見よう、ということでいつものようにプリキュアを見てると、

予報的中でした\(^o^)/

気分が全然乗らないので今日はローラーもナシです。

何にもしない休日も久しぶりブリでした。




本題です。




シマノ鈴鹿(前回の記事)でオル兄に置き去りにされて思ったことがありました。
いや、それが原因ではなく元々思っていたことなんですが、鈴鹿で更に強く思い始めたといいますか…

もっと楽に巡航速度を維持出来るホイールが欲しい!

それまで使用していたシャマルはいいホイールだとは思うんですが、私はヒルクライムを愉しむヘンタイタイプではないので軽さと剛性はそれほど求めてません。
そして鈴鹿イベントに参加してからサーキットイベントに魅力を感じ始め目標をソコに置き始めたので、巡航速度アップの必要性を感じ始めてました。

そこで目を付けたのは、当然の如くディープリムホイールです。

雑誌やネット上で拝見する諸先輩方々のインプレなどを見ると、いいことばっかり書いてあります。
というより、いいことしか目に入りませんw

ただディープリムホイールといえばカーボンリム&チューブラータイヤ。
乗り心地がいいとか真円度が高いタイヤは云々、更にカーボンリムは軽いから云々などなど…

ポジティブ情報をよく見かけますが、正直この時の私にはネガティブ情報しかありませんでした。

それは何故か。

実は知り合いにチューブラータイヤを装着したディープリム使用者が居たんですが、その様子を見ててポジティブな要素がほぼ無いんです。


ここはあえて(当ブログを見てたら)怒られるのを覚悟でその根拠を箇条書きにします。

・走る度にシーラントが飛び出してる。
 ⇒タイヤがそんな状態(穴だらけ)になっても交換したくない程メンドクサイの?
・スペアタイヤを私のバックパックに押し込む。
 ⇒他人にスペアタイヤを持たせなきゃならない程、自分で持つのがイヤなモノなの?
・スペアタイヤを持たずに走り、パンクしたらタクシーを呼ぶと豪語する。
 ⇒積むのも面倒、タイヤ交換も面倒、そういうこと?

そして最大のネガティブ要素、
見た目以外、違いが分からないということ。

私も見た目でパーツは選びますが、それにしてはホイール&チューブラータイヤは高価過ぎます。

本人にディープリム&チューブラーの使い心地を聞きましたが、当の本人も違いをあまり分かってない様子。
見た目は確かにいいんです。
ローハイトリムとの違いも分からず、クリンチャーとの違いも分からず、逆に使い勝手が悪くなるディープリムは本当に必要なのか…?
見た目のみに出す価格じゃないし、何よりソレ以外はデメリットしか見えない…

そもそも、この時の私(とその人)は巡航速度35km/h以上で走ることなど皆無でしたので、ディープリムの恩恵など受けられるハズもありませんでしたし。

となるとアルミリムという選択肢もありましたが、現在使っているシャマルより一気に重量増になる…
当時軽量厨だったアノ人からも猛烈な批判も受けます。


非常に悩ましい日々が続きます。
35km/hは短時間では出せても続かない私の巡航速度が、ホイールを変えれば少しは変わるのか…?
何だかんだいっても結局は脚なんじゃないか…


そんなある日転機が訪れます。

ある日何気なくあるショップに行くと、あのホイールが激安で吊るしてあるじゃないですか!

コレです。

f6r.jpg

「FFWD F6R」

しかもカラーは白、私のCAAD10にも合わせられます。

本当は欲しいモノが他にもあったんですが、それを抑えつけられる程の価格…
240ハブの正規品でコレは安い…しかも来年からは確実に値上げする…

60mmハイトリムにも関わらず公称1350gという軽さ。そしてシャマルのように外からロゴステッカーが貼ってあるいう残念なこともなく、ロゴも見事にコーティングされているという見た目

この当時、既に割りとありきたりなホイールではありましたが、
これはイクしかナス\(^o^)/


しかし私の脳裏から離れない、彼のネガティブ状況…
実際に使っている人の様子を見て決めるか、雑誌やネットのインプレを信じるか…
「百聞は一見にしかず」を地でいくこの状況…

どちらを信じるべきか…


当然、
百聞を選びます\(^o^)/

数日後、
買っちゃいました\(^o^)/

店員さんに初体験です♡とお伝えすると手とり足とり教えてくれます。

まずはタイヤ選び。
このホイールを決戦用に使うのか日常も使うのかでも選択肢は異なるとのことでしたが、せっかくのおニューホイール、日常的にも使いたいのであまり高くないモノを。
ということで「コンチネンタル スプリンター」を選択しました。

先にシーラント入れることの是非を聞くと「重量増になりますしパンクしてからでいいと思います」とのことで、今回は購入のみ。
そしてショップ内で店員さんと膝を付き合わせ一緒にタイヤをハメハメ(というか貼り貼り)します。

まずはリムテープ。
当然真っ直ぐ貼ります。その時決して引っ張らないようにと教わりました。
テープの端はあえてバルブ穴に被せることで、バルブがホイールに当たりカチカチ鳴るのを防ぐ、とのことです。
う~ん、こういうのはこうやって教わらないと分からないですよね~

その後タイヤをハメてセンター出し。
バッチリ真ん中になったら剥離紙(紙というか樹脂)を剥がしていきますが、決して鋭角になり過ぎによう、強く引っ張り過ぎないよう、一気に引かないよう、慎重に剥がしていきます。
※ココでは成功しましたが、自宅では毎回チギってます。

剥離紙を全て剥がしたらバルブの上からも音鳴りを防ぐためにテープ的なモノを貼ります。
この時はフレームに貼ったりするケーブル保護のシールを使いました。

IMG00928.jpg
こんな感じです。

コレのおかげかバルブ周辺からカチカチ音が出ることは今まで一度もありませんが、無くても鳴らないもんなんですかね?
今でもずーっと貼り続けてます。

ココまででとりあえず装着は完了です。あとはエアーを入れて(私は9気圧入れてます)1日放置。
この放置期間でバッチリ接着させるとのことです。

ホントは帰宅後ソッコー走りたかったんですが、最初くらいはちゃんと接着するまでガマンします。
ん?でも出先でパンクしたら貼ってスグ走るんだよな?
いやイカン!最初はちゃんとしよう!

でもとりあえずバイクには装着します。

IMG00578.jpg

う~ん、
NAKANAKA☆イイじゃない\(^o^)/



走行インプレ編「結局は決戦用」へ続きます。



ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりカーボンディープカッコイイですね(^o^)これのチェレステバージョンが限定であったみたいですね。画像でしか見たことないですが…。

おはようございます!

カッコいいですねー。
CAAD10に似合ってていい感じ!
ディープなホイールで随分印象が変わりますね。
いつか欲しいな(^^)

Libさん、こんにちわ


今年カワサキグリーンを見つけた時は血迷いそうになりましたが、妻の顔を見て我に返りました(笑)
チェレ山口は私の身近なアノ人が使ってますが、悔しいほどカッコいいです。

きーぼーさん、こんにちわ


見た目は良いんですけどね~…
次回はネガティブな内容になるかと思いますので、ソレをご覧いただくと欲しくならないかもですよ(笑)
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター