絶望のカウントダウン

前回からのつづきです。





山田牧場で美味しいオヤツをいただき、イザ笠ヶ岳へと向かおうとした我々。




ですが。





20170504_115103.jpg






oh…

マジか…



この山田牧場から国道292号熊の湯へと向かうこの道は、5月いっぱいは冬期閉鎖とのコト。



ウーン…
困った。

ココまでの約25km1,200mは無駄にはしたくないし…




どうにかいい抜け道がないかスマホで地図を確認すると…


お!
七味温泉から万座道路へ抜けれる道があるぜ!


早速ソコへ向かうぜ!




20170504_120850.jpg




グゥ…

なんてこった…



しかもこの七味温泉への道は下り道。

というコトは元の道に戻る為には登らないとイカン。




そしてもうコレ以外に道はないので、結局来た道を10km以上降りて万座道路から登り直すしかないのです。





この時点で予定していた木島平はヤメ。

山田牧場までで木島平の倍以上登ってますからね。
ヘタしたら3倍やで。

しかしつくづく木島平に縁がありません。
以前は途中まで登ったトコロで雲行きが怪しくなって下山しましたし。




ってコトで山田温泉やらナニやらはバーンと下って、

20170504_123019.jpg


万座道路へと向かう橋で1枚撮っているトコロを、


20170504_123020.jpg


撮られるワシ。




橋を渡れば、去年も白根山までの距離を見てゲンナリした覚えがあるこの場所へ。

20170504_123658.jpg

右側の家の二階には、相変わらずアヤシイ人形が道往く人々を見張っています。




ココからのヒルクライムはまさに地獄。

去年は足付き無しで登り切りましたが、今年はそんなコト言うてられません。
何せ既に1本登っておりますのでね。無駄に。1,200mも。


こんなにキツかったっけ?というレベルの激坂続きで、

20170504_123659.jpg

ダンシングを多用せざるを得ません。



実は私、ダンシングが大のニガテでしてね。

どうもウマいコト「休むダンシング」が出来ないんですよ。


しかしココ最近開発した、通称「ルペコンダンシング」により随分楽に休むダンシングが出来るようになりました。

「ルペコン」の語源はアホのルペタを知ってる人にしかワカランので、知ってる方に今度お教えします。ご興味があれば。




しばらく登ったトコロで若干空腹感が出始めちゃったので、ヤバいと思い止まって補給。

20170504_123660.jpg


以前某人気ブログで見たHARIBOです。

今回DZパンと併せて持ち込んでましたが、コレがマサカの大ヒット。


欲張って一気に10個以上頬張ったらアゴがスンゲー疲れてしまいましたが、味は爽やかで後に残らないし甘いから空腹感無くなりますし、何よりたんぱく質配合というのが素晴らしい。
更に脂質は少ないという自転車乗りには嬉しい内容。

ちなみに1袋340kcalホド。

今後、コレはロングライドツーリングのお伴として活躍しそうですね。
最近はロングライドツーリングにはあまり行かないんですが。




HARIBOで元気を取り戻したトコロで、


「タマには前から撮ってやるぜ」

とヌカす兄。


しかし慣れてないので、


20170504_123661.jpg


顔が切れる始末。




再チャレンジしても、

20170504_123663.jpg

大差ナシ。

&センスナシ。




去年走った時は足付きしたくなかったのでスルーした展望台も、

20170504_133650.jpg

今回は余裕のストップです。



更に小休止でHARIBOも追加。

20170504_133720.jpg



長居するとイヤになっちゃうのでトットとリスタートしようとしたら、


「お!土筆だぞ!」


と、兄がモノ珍しそうにヌカしやがるので思わず撮っちゃいましたが、


20170504_134214.jpg


近くの堤防でいっぱい見るし別に珍しくも何とも…





今回はこの道を走る予定では無かったので、頂上まであと何㎞あるかも分かりません。

いつ終わるかワカラン、延々と続く登りをただただ登るダケ…





あるモノに気付いてはいたのですが。













いつ終わるかもワカランので、チットでもイイ感じのトコロがあれば即ストップ。
去年の分も。


20170504_141149.jpg


20170504_141231.jpg


私のバイクは地ベタに転がってますが、兄のバイクは持たされるというのが兄弟間の上下関係というヤツですね。




そして走行距離が50kmになったトコロでガーミンを確認すると…


20170504_141518.jpg


獲得標高が既に2,000m超え。


平均心拍・平均パワーが一切頑張って無いコトを物語っていますが、ソレでも2,000mはキツイのですよ。
ヘビー級の私には。




標高も上がって残雪が増えてくると、


20170504_141856.jpg


20170504_143400.jpg

最初のピークはもうスグ。

そうです。
一旦下ってまた登るのです。



そしてピーク付近には私が途中で気付いた最後のモノがありました。


20170504_144442.jpg


「第1号」カーブの看板です。



コレ、実は102番くらいから気付いていたんですよね。

で、最初に見た時はマサカここからカウントダウンするんじゃあるまいな…とイヤな予感を抱き始めたんですが、その予感が即的中。


スグに101番・100番・99番と現れまして。



せめて50番くらいから気付いたならばまだダメージは小さかったかもですが、まさか100番から気付くとは…

このカウントダウンがまさに絶望。



ヒルクライムしているとタマに山頂までの距離が書いてあるトコありますよね?

私、アレ苦手なんですよ。
まだそんなにあるんかよ、って感じで。



まぁでもそのカウントダウンも一旦はオシマイ。



ココからは下り基調の尾根的な道が続きます。






が!






20170504_145651.jpg



至るトコロで雪解け水が流れまくってて、その度にブレーキ掛けるので全然進みやしねえ!

チョットした水ならいいんですが、川のように流れてるトコロも…「トコロも」というかそんなトコが殆ど。


そもそもバイク汚したくないし、こんな勢いの水に突っ込んだら滑って落車しそうだしで、水場に差し掛かる度に最大限減速祭り。





この辺りはいまだに池も凍ったままなホド寒いので、

20170504_151325.jpg

トットとパスしたいんですけどね。


この先に登り返しがあるからと、ウインドブレーカーも着ずに走っていますので。




そしてようやく万座温泉を通過し最後の登りへ。

20170504_153654.jpg


しばらくは国道292号を目指してエッチラオッチラ。



そして国道292号に出ると、今まで走って来た道も見れてかなりイイ景色なんですが、

20170504_153655.jpg

路肩狭いしクルマが結構通るわで停車不可。





しばらく走ったトコロでこの日一番の雪壁に挟まれます。


20170504_154846.jpg



ココでも止まって写真を撮りたかったんですが、路肩狭いしクルマも来るわであえなく断念。




しかし何故かクルマが渋滞してるな…と思ったら、自転車乗りが何人も両岸に止まって写真を撮ってクルマの通行を妨げているという…

空気の読めんアホ共が。他人に迷惑掛けてニヤニヤしてんじゃねぇ。

まぁソレが自転車乗りじゃなくても歩行者でもクルマでも迷惑なんですけどね。
たまたまこの時の渋滞の原因が自転車乗りのみだったというダケなんですが。



ちなみにその雪の回廊、上から見るとこんな感じです。

20170504_155204.jpg


乗鞍はもっとイイんだろうか…?

確かめてくるぜ!




もうチット登ったら定番の国道最高地点。

20170504_160213.jpg


20170504_160236.jpg


「二人で一緒に撮りましょうか?」とお声掛けいただきましたが、兄弟揃って写るのもキモイので遠慮しました。



白根山もイイ感じ。

20170504_160254.jpg


ココのカルデラ湖はまだ見れないのかな?
去年は噴火がアレだとかで、白根山付近は停車すら禁止してましたが。




ちなみにこの時の気温は約6℃(ガーミン調べ)。
息が白いです。
まさかGWに息が白くなるとは思いもせず。




ドリンクも尽きて腹も減っちゃったので、撮るモン撮ったら渋峠ホテルへGO!



20170504_160550.jpg



対面もイイ感じに雪がイパーイ。


20170504_160547.jpg



とりあえずコーラが飲みたくてホテルに向かうも、ココに来るのが遅過ぎてマサカの閉店。

草津側の道路も17時には閉鎖されるようですし、まだこの時期の渋峠は「冬」なんだなと思い知らされました。




ナニも飲めず食べれずならココには一切用は無いので、この先にある横手山ドライブインへ。

20170504_161208.jpg


ココでコーラやら珈琲やらDZパンやらを補給。




結局ココまでまともな食事ナシで来ちゃった我々。

ココで何か食べようかとも思いましたが、ココから家までの40km弱はほぼずーっと下り。
小一時間で帰れちゃいますし、晩飯は定番のアレなのでお腹をペコペコにしておく必要があります。

なのでドリンクだけでガマンガマン。



スンゲー寒いのでアルプスの雄姿を撮ったら下山しようと思いましたが、

20170504_161658.jpg


さすがに夕方だと霞んじゃって見えませんでした。
残念。

夏は笠ヶ岳から登って午前中にココに来るかな。
でもきっと兄は反対するだろうな。





さて。

ココからはマジでチョーロングなダウンヒル。



もう長過ぎて長過ぎて初めて下りで手が痺れて感覚を失いかけましたよ。
寒さもあるんでしょうかね。

途中のコンビニでウデを少し休めつつ、何とか下山。



この時点で獲得標高がチョービミョーだったので、あえてアップダウンのある道を選びつつ、

20170504_174214.jpg

明るいウチに無事帰宅。



今回も道が閉鎖されてて無駄に登り直しした以外はノートラブル。
ソレが何より。




夕食は疲れを癒す為に、

20170504_192916.jpg


ウナギを腹いっぱい♪






というトコロでGW二日目(ライドは一日目)が終了。

もう1回走りに行く予定ですが、ドコに行くかは夜の家族会議にて。






結局この日の忘れモノを取りに行くコトになったんですが。









【走行距離】112.2km
【獲得標高】3,019m

渋峠行くなら3,000mは登らないとね!








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そのうなぎは、

本田のうなぎですか??
七味温泉とか木島平が出てきたので、そうかな?って思ったんです。

ごめんなしゃい、

本田でなくて、本多でしたね。

Re: そのうなぎは、

> みのじさん、初めまして
コメントありがとうございます。

「本多」さん、調べて初めて知りました。
家族で行くにはチト遠いですが、機会があれば行ってみます。

我が家がいつも行くのは善光寺近くのお店です。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター