ロードバイクを始めるまで~序章~その2

多分「その3」はありませんのでご容赦下さいw

私がロードバイクを買う数ヶ月前のGW、例年通り実家に家族が集結した時の出来事。

その前フリを。


オル兄はロードバイクを始める前はバス釣りにドップリハマっていた。

10数年前のとある連休でやっぱり家族が集結した時に、泊まりで旅行に行くことになり珍しくオル兄が積極的に行き先を決めていたのだが…

その行き先は河口湖。

そう、単にバスが釣りたいという超個人的な理由で決めた行き先。そして当然のごとく全くバス釣りに興味のない私を一人じゃヒマだからという理由で強引に連れ出し、家族を放置して釣りに興じていた(小さいのがパカパカ釣れたので楽しかったのは間違いないがw)

不覚にも楽しんでしまった私を見て「イケル」と思わせてしまったのか、実家に集まるたびに予備のロッドやルアーをいくつも持ち込み、ついには私のウェーダーまで買ってきて一人じゃヒマだからと、いつも私を巻き込み近くの河や池でバス釣りをする日々が何年も続いた(デカイのがバカバカ釣れたので(以下略w)

そう。
そうです。
ヤツは持ってきたのです。

私がクロスバイクを初めて乗った数ヵ月後、いつの間にかロードバイクを買っていたオル兄。
その時のバイクがコレ。
CA3E0292[1]
「Bianchi infinito」
(写真があるのは頼んでもいないのに自分のバイク写真を送ってくるからです。ブログ始める前から)

後から聞くと、クロスバイクもビアンキ、初ロードもビアンキ、そして今もビアンキ。
ビアンキマニアですねw
※本日オル兄から連絡があり、「伊豆CSCでビアンキ試乗会がある。一人じゃヒマだからオマエも来い」と言われました。
名古屋から伊豆に、しかも特に興味のないメーカーの試乗会に…?
前向きに善処します(政治家的意味でw)。

話が逸れました。

オル兄がそのインフと共にクロスバイクを持ってきた。ご丁寧にヘルメットまで。

「せっかく長野に来たんだから(毎年3回集まってるw)走りたいだろ?」と一方的な言葉を放ちつつ一人じゃヒマだからと一緒に走らされることに。

しかしここで(珍しく)オル兄の優しさが炸裂。

それは…
四方八方を山に囲まれた実家周辺。
にも関わらずオル兄が選んだコースは平地オンリー

ちなみに私とドマ兄はいわゆるヘビー級で、とある実業団ライダーの方に「骨格的にムリ」とまで言われ自身もガッツリ自覚している坂嫌い
オル兄は我々よりは軽いもののお世辞にもクライマー体系とは言えないので、特に長い登りは好きではない。
が、短くて勾配キツめの坂は好きなようだ。
そう、彼はナチュラルに時に意図的に人の脚を削る走りをする天性の脚力掘削機なのだ!←ツーリングの時はハタ迷惑ww

…話が逸れました。

要は平地を選んだのは私へ優しさではなく自分の為だったのでは?と疑ってるワケですw


確かあの時は片道20~25kmくらい走ったかな?
折り返し地点で「このまま50kmほど北上すれば新潟まで行けるぜ?山越えるけどw」と聞いてきたオル兄に、心底アホなこと言う男だなと感心したことは覚えている。

ただ前回は一人で山の中へ迷い込み疲れただけのライドだったが、2人で楽しく走るのは正直気持ちよかった。
そしてロードバイクに乗ってスイスイ走るオル兄の背中がとても楽しそうだった。

…こうしてついに自転車に興味を持ち始めてしまった私。

この時はまだそのことを認めてなかったが
3ヶ月後の夏、私はついに決断してしまうのだった!

購入編につづく


ブログランキングに参加してます。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター