ヒルクライム初心者が考えるヒルクライム攻略のミソ

タイトルに「攻略」とありますが、周期的に雑誌に紹介されるような「こうすればラクに登れる!()」的なお話しではありまへん。
ラクに登りたいんじゃなくて速く登りたいんですよ。
ラクに登りたかったらゆっくり登ればヨロシ。
もしくは電動アシスト付けたら?
いやむしろモーターバイクでいいでしょ。
いやいやそもそも疲れるのイヤなら自転車なんて乗らければいい…いや何でも。






イキナシ脱線しましたが本題へ。







ココ何週間か二之瀬TT更新に執心コイてた私ですが、何故イキナリそんなモードに凸入したのか。



20170514_074428.jpg





まず第一に暑くて周回コース走る気にならんコト。


そしてVENGEに乗り換えからもうスグ1年経過するってーのに、いつまでもチョーイーダサカラーリングのドマーネの記録を抜けないコトにモヤモヤしてたコトが大きな要因ですね。


まぁあのドマーネがイーダサ極まりないのは別にしても、新しいバイクに乗り変えたら速くなったという実績(=数値)が得たいのが人情ってモノ。
私は人情よりも義理を重んじる派ですが。



新たな機材を導入した時の常套文句、

「漕ぎ出しか軽ーい♪」

だの、

「ギアが2枚は違ーう♪」

だの。


百歩…否、一億歩譲って例えソレが事実だとしても2~3回も乗っちまえばスグに慣れちまってソレが普通になってしまう、主観マルダシの感覚的などうでもいいナニよりも、とにかく数値で表れる結果が欲しいのです。

せっかく高いゼニ出して新しいバイク買ったんですからね。




んで。


とりあえずホームコースの平坦TT区間は軒並み更新しましたので、残すは二之瀬のみだったのです。






ココ最近の記事でPB更新連発コイたコトは書きましたが、改めて二之瀬PB更新出来た要因をちゃんと考えてみました。


尚、エアロがーとか調整がーとか、そんなフザケた内容では無いのでご安心を。







今回三回連続で更新した大きな要因は、コースを深く知ろうとしたコト。

コレに尽きます。




きっと他のヒルクライムポイントもそうなんだと推察しますが、ココ二之瀬においても先達のクライマーさん達がSTRAVAで区間を細切れにしてくれてます。

するとドコからドコまでが何分でソコからドコまでが何分とか、自分のアゲ切れてなかったトコロがよく見えてくるのです。



すると、ココは何分ホドで通過しなければ…というポイントがいくつか出てきますので、ただ闇雲にゴールに向けてフミフミするよりも遥かに結果を出し易い。



そしてその区間毎の結果をSTRAVAで確認すると、自分の弱点も見えてくるのです。




私の場合は以下のようにソレが特に顕著に出ております。


・スタートから2.3km地点→全体順位314位

・スタートから4.1km地点→全体順位269位

・ラスト1.2km→全体順位197位


・トータル→全体順位259位



コレを見て分かる通り、私は前半が弱い。
特にスタートから2.3kmまでがドイヒー。

もっとアゲアゲで走り出さないとイカンですな。


って感じで、こういうコトを念頭に置いて前半をもう少しアゲつつ、後半が維持出来れば更にPB更新が可能、というコトが分かってきます。


コレでもし前半アゲ過ぎて後半タレてしまい全体のタイムが落ちたならば、ソコをトレーニングすればよいのです。


二之瀬に関して言えば所詮20数分のヒルクライムですからね。
1時間も2時間もアゲ続けろってワケじゃありませんから、あと10~20秒くらいは気合で何とかなりそうですが。



しかしSTRAVAって素晴らしいですな。
いやホントに。




以前からクライマー陣がこのような話をしてはいましたが、興味が無かった私にはマジチンプンカンプンでした。
むしろマジイカレてやがるな、と思ったホド。

しかしながらその峠でベストを尽くしたいなら、やはりコースを熟知するコトは必須。
その上でポイント区間でのタイムを見ながらキッチリとアゲないとイケません。

もし途中のポイントでターゲットタイムに届かなかったらヤル気失くしちゃうというリスクはありますが。
そういう話も聞きますし。




以前あるイベントのトークショーで山神が「山を好きになってください」と言うてましたが、結局はそういうコトなのでしょう。

二之瀬を速く登りたければ二之瀬を好きにならなきゃイカン。
二之瀬を知ろうをしなければイカン。


もし、闇雲のただただフンフンしている方がいらっしゃるならば、改めてご自身がPB更新したいその峠そのものに目を向けてみてはいかがでしょう?



ま、クライマー陣には常識中の常識だとは思いますが、私のような坂嫌いにとっては新たな気付きなのですよ。



峠を速く登りたいならば、機材もエンジンも確かに大事ですが、まずはビタイチおカネのかからん方法、峠を熟知するコトから始めてみてはいかがでしょう?










【お知らせ】

二之瀬大好きなソコのアナタに朗報です。





我々のチームジャージやバッハジャージを作成した村一番のジャージデザイナーと呼び声高き路さんが、以前(私と出会う前に)作成した「二之瀬ジャージ」


20170717_111300.jpg



一部のファンからのリクエストにより、リニューアルして再販するかもです。


現在のトコロ、諸事情により具体的なリニューアルデザインや作成時期等は全くもって未定ですが、ご興味のある方がいらっしゃいましたら当ブログまでコメント下さい。
再販するか否かも含め、ご参考にさせていただきたいので。

ジャージのみor上下なども一切決まっておりませんので、コメントいただける方はソレもお教えいただけますと幸いです。

コメントを表に出したくない方は鍵コメでも結構です。
情報共有は私と路さんだけに留めますので。


よろしくお願いします。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター