まずは頂へ

乗鞍バイク&ハイク編のつづきです。






ヘコヘコと乗鞍エコーラインをバイクで登った一行。

荷物をコインロッカーにナニして剣ヶ峰へ向けレッツゴー。


20170729_105627.jpg


この画像をご覧いただいてお分かりの通り、スンゲー人です。


スカイラインは5月~10月、エコーラインは7月~9月と乗鞍の季節は短いですからね。
何でも無い週末でも人がイパーイなのは仕方ありません。
山頂まで9割バスで登って、歩くのは残り1割ってのも魅力の一つでしょう。



「毎月最低100km」を掲げ日々アホみたいにランニングに取り組んでるKTMさんたかじんさんは、トレーニングのコトしかアタマに無いので、

20170729_105731.jpg


キレイに咲いてる花を見つけてもパーフェクトスルー。



「ランしないんすか?ランじゃないんすか?」



たかじんさんはずーっとそう言うてましたが、この人混みでは走るコトなどなかなか叶わず。


と思いきや、少し人がバラけたトコロで途端に走り出す始末。

1501336345616.jpg

当然走ってる人なんて誰一人おりませぬ。


標高2,800mホドですからね。
酸素足りなくてブッ倒れますぜ。



ハイキングコース的な砂利道が終わったトコロで本格的な登りに差し掛かりますが、ソコで無情の雨。

素人考えではこのまま先に進んでイイのか分からないので、KTMさんがトイレから戻ったら判断を委ねようかと思いましたが…






20170729_111823.jpg




ヤル気マンマンでした\(^o^)/

私は山をナメくさってましたのでチャリ用のウインブレしか持参しておりませんでした。
特に問題は無かったですけどね。




というコトでココからはチト大変な登り(自分比)を進みます。

1501336342206.jpg






この「剣ヶ峰入口」を過ぎてスグに、岩がゴロゴロした登山道に。

20170729_113201.jpg



「ランしないんすか?ランじゃないんすか?」

と言い続けてキタたかじんさんもサスガに走る気にはなれなかったようで。



そもそも人が多くて大渋滞を起こしてるので、走るドコロではないです。

道も狭い上に大きい岩がゴロゴロ、登山者と下山者がスレ違うコトもままならない場所もいくつかあり、結構なお歳を召した方も多いのでペースはチョーマターリ。


20170729_113608.jpg


…もし人が少なかったら走らされてたんだろうな。




ずーっと霧が出ておりましたので景色を楽しみながら登るコトはなく、ただひたすら目の前の岩との闘い。

エコーラインで酷使した脚に鞭打ちながらエッチラオッチラ。




すると山頂っぽい棒が立ってたのでとりあえず撮ってみますが、

20170729_114703.jpg

ほぼ全ての登山者がスルーしてるコトでココじゃないコトを認識。



ちなみにこの時点でKTMさんとたかじんさんとは既に逸れております。
あの方々は霧に消えていきました。


この時点で標高2,980m。
標高的にはあと少し。




再び岩ゴロゴロのトコを登っていると、周囲から「おお~」と声が聞こえてきました。


その人達の視線の先を追うと…




20170729_115706.jpg





ホンの一瞬、ホンの少しだけ晴れた霧の隙間から、今自分が立つこの場所は雲の上なんだと分かりました。





そしてついに剣ヶ峰に到着。

20170729_120644.jpg

ちゃーんとお参りも。




ホントは若いギャルにお願いしたかったけど居ないので仕方なく近くに居たオジサンにお願いして3人で記念撮影。


20170729_120520.jpg


いわゆる証拠写真ですな。





一応一人での写真も撮ってもらいましたが、実はこの時背景もナカナカな感じだったという…

1501336324808.jpg

写ってませんでしたけど。




(ほぼ霧の中でしたが)しばらく景色を楽しんだトコロで、チャリで登って来たエコーラインを眼下に見ながら下山開始です。

20170729_122621.jpg


段ボールでもあればザーっと滑って降りたいトコですな。



登ってる時は必死&霧が出ていたので、こんなイイトコ歩いてたとはツユ知らず。

1501336331547.jpg




再びゴロゴロの岩場を下って、

1501336338442.jpg



剣ヶ峰入口まで無事帰還。

20170729_124629.jpg



たかじんさんの服装を見ていただくとお分かりかもですが、この時期(7月末)なら太陽さえ出て居れば例え標高3,000mとはいえ寒いというコトは無いです。
ただ準備は必要でしょうけども。

あと、登山用のシューズはあった方がよさそうですね。
多分ズックではキツイんじゃないかな?



剣ヶ峰入口から畳平への道でも、往路では気付かなかった景色を楽しみつつゆっくり戻ります。

20170729_125216.jpg


20170729_125546.jpg






畳平に戻ったトコロで再びバイク装備に換装して、今回のハイク企画のきっかけとなったあの尾根を目指して、


20170521_121518.jpg





5~10mくらいしかない視界の中、スカイラインを下ります。



20170729_132516.jpg






この霧であの尾根への登山道を見つけるコトが出来るのか…?








つづく。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祝!! 復活!!

 ダイさん、お疲れ様でした。
 ハクサンイチゲが満開ですね。
高山植物の開花ピークにジャスト
タイミングですね。
来年は、行ってみます。

Re: 祝!! 復活!!

> カンパチさん、こんばんわ

そ、そうです。
その白菜チゲ鍋です(´・_・`)

今年は乗鞍まみれになりそうな年で、まだ行く予定アリですけども笑
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター