豚汁デジャヴ

前回からのつづきです。




ガッツリ走ってヤルぜ!とイキマイて白馬方面までトランポしたものの、雨にやられてスゴスゴと尻尾巻いて帰ってしまった我々。


んじゃ第二案発動すっかってコトで、


20170813_082345.jpg



結局実家スタートでレッツラゴン。




目的地は新潟県は上越市。

と、その途中にある、とあるお店。



第三案として、「日本一ウマいトコロテン」という看板を掲げたお店が長野と新潟の県境付近にあるってウワサの真相を確かめに行こうかと思いましたが、そんな片田舎で掲げる日本一ってのもマユツバモンだし、そもそもトコロテンはドコで食べても大差ねーぞという実体験に基づく感想を仕入れてしまったのであえなく却下。

この日目指したお店も軽くマユツバモンではあったんですが、トコロテンよりはまだ望みがあるってコトで。






実家を出発して千曲川沿いの道を北上しますが、ドコでナニとドウ間違えたのか、いつの間にか千曲川から離れて山の中。

想定外の登りと、既に意味も無くクルマを2時間近く運転したせいか妙な疲れが出てたので、

20170813_085723.jpg

10数km走ったトコロで早速休憩。


兄のやたら近いトイレタイムもその要因の一つではありますが。




飯山市に入って再び川沿いの道を走り、

20170813_091546.jpg

微妙な天気にいつでも帰る心の準備は常に万端で北上を続けます。




ココから最初の目的地がある新井へ行くにはヒト山越えないとイカンのですが、斑尾高原近くを通る国道は以前通ったコトがあるの却下。

その北を走る道を目指して、

20170813_092556.jpg


20170813_093202.jpg


20170813_093206.jpg


ワリといい雰囲気の道をサイクリング。




そして始まる今日イチの過酷なヒルクライム。

20170813_093843.jpg


我々が登ってる間に通ったクルマの数はわずか1台という素敵環境。

クマとかマジでコエーっすけど。


20170813_094244.jpg



途中の看板で知りましたが、どうやらココは黒岩山というらしい。

20170813_102052.jpg


こんな田舎道誰も走ってないだろうから、STRAVAで区間作ったらワイがKOMやで!と思ったら、坂バカは全国ドコにでもいらっしゃるようでして。




ピークを越えて下ってスグに兄から「チト止まらんかい」とのお達しが。

なんだ?
また脚攣ったか?



20170813_102841.jpg



イイ景色がありました。

穴から滝がナニしてます。
コリャ珍しい。



下りでしかも振り向かないと分からないのに、ヨク気付いたのう…
Mモー道師範代のワシでも気付かんかったのに。





ってコトで当然の記念撮影。


20170813_102927.jpg


20170813_103004.jpg




gottuさんならこの穴通って「ヒャッホーイ♪」とか言うて滝下りしてくれそうだな…

20170813_103013.jpg


今度ココにお誘いしてみるか…





ちなみにココは「びょうぶ岩」というらしいです。

20170813_103521.jpg

地元歴3/4世紀の父親ですら知らんかったので、きっと大したアレでも無いのでしょう。



スグ下にある広場からも見れそうでしたが、草が茂り過ぎてチト残念な感じでした。

20170813_103311.jpg



でもどうにかこの滝の全貌を撮りたいな…とイロイロナニしてると、後ろから「オイ」という声が。

20170813_103357.jpg


既にポーズを決めて待つ兄。
まだ撮るんか。
しかもCW撮りが相当気に入っとるのう。


んじゃワシも撮らんかい。

20170813_103425.jpg




アホなコトやっとらんと目的の店が混むとイカンからトットと行くぜ!とダウンヒルを開始したら、スグに滝っぽい音が聞こえてキタのでまたスグ停車。


滝じゃなくて急流でしたけどね。

20170813_103727.jpg

ホントは川だけ撮ろうとしたんですが、兄が勝手にフレームインです。
いつものコトです。








山を下って少し走ったトコロで、この日最初の目的地に到着です。



20170813_111551.jpg



とん汁「たちばな」さん。

20170813_111556.jpg



この界隈じゃ有名な豚汁屋さんだそうで、結構なお客さんも入ってます。

我々はお昼前に店に入ったおかげで待たずに座れましたが、スグに待ちのお客さんが発生するホド。


正直豚汁にソコまで期待はしておりませんでしたが、この人気ップリに少々期待が膨らみます。





しかし豚汁といえば…





以前日本一デカイというフレコミの湖の畔にある某食堂で「豚汁ラーメン」なるモノを食べましたが、ソレがまたチョー微妙でしてね。

いや、ココはあえてハッキリ言おう。
クソ不味い豚汁とラーメンが全然合ってなくて、二度と食べたくないホドだった、と。
ナニ食うてもウマいウマいというバカ舌野郎おおらかな御方ですら、同じ感想でしたからね。

道理で一応ソコの名物的なメニューなハズなのに、誰も注文してねーワケだと納得した覚えがあります。





そしてこのお店にもありましたよ、「豚汁ラーメン」が。

ソレだけは食べたらイカンというコトで、豚汁定食を食べようとしましたが何となく米を食べる気分ではなく。



すると「豚汁そば」なるモノがあったので、きっとコレは豚汁にざるそばでも付いてくるんかな?と期待してソレを注文。
コレならそばをたぐりつつ、豚汁も美味しくいただけそうですからね。












20170813_112932.jpg








豚汁つけ麺でした\(^o^)/



結局ラーメンかよ!
しかも妙に麺が多い。


…確かに豚汁はウマい。
ホントにウマい。


しかし…


ラーメンをつけて食べるってーので、全てが台無しに…

素直に定食にすればヨカタ。








若干の失意と共に無駄にパンパンになった腹を抱えて、この日のメイン目的地へと向かいます。






つづく。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

滝は、ヒヤッホーイ♫ スポーンッ!と飛び出て死んでまうやろが〜 誘わないでねw
豚汁ラーメンは美味しく食べてみせますよ。名古屋人ですからヽ(´▽`)/

No title

豚汁つけ麺は新しいけど、、、想像しても美味しそうに思えませんwww
(つけ麺ってそうとう味が濃くないと合わないし、濃い豚汁なんて今度は飲めない)

身体はって地雷踏んでますね(笑)

> gottuさん、こんにちわ

草ボウボウで全然見えなかったですけど、多分そんなに落差は無いのできっとgottuさんなら多分恐らく大丈夫です♪

> silverさん、こんにちわ

いや…長野近いし「そば」ってあったら日本そばだと思うじゃないっすか…(´・_・`)
ホンキで美味しくいただきたかったんですけどねw
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター