FC2ブログ

また訪れたくなる走り方(応用編)

前回からのつづきです。






野麦峠で逸れたsyuさんツカさんと無事エコーライン前で轟竜合流した一行。

どうやらお二人は野麦峠山頂で待っていたようですが、道路沿いにおらず山頂付近にある施設?に行っていたようで。
道端にバイクでも置いてあれば探しに行きますが、一切の痕跡も残さず視界から消えてたらそらワカランわなってーコトで。





平坦部3名…特にBONさんは疲労困憊ですが、クライマー二人はココからが本番。

この日はマウンテンサイクリングin乗鞍の試走目的で参加してますからね。


20170819_150613.jpg



というコトで重い脚をムリやり回してエコーラインヒルクライムスタート。






クライマー二人はトットと視界の外へ。


20170819_153300.jpg


マジで普段ナニ食ってんのかなっつーくらい元気に登っていきますワイ。





そして私にとってはココからがリアルガチ地獄の始まり始まり。






裏切りの平坦部OGさんが先行して登って行きますが、私とBONさんはコレ以上ないレベルのゆっくりペース。
もうソレでしか登れんのですよ。


エコーラインのゲートにいるオッサン監視員の方には「18時に閉鎖するからね」と念を押されるホドのヘロヘロ感。

ちなみに時刻は15:30頃。
確かに余裕のある時間ではありません。
てかマジギリギリ。



スタート前は途中の山小屋で絶対に休憩してコーラガブ飲みしようと心に誓っておりましたが、エコーラインの前半は斜度がキツイ箇所が少ないので、もしかしたらこのまま休まずに登り切った方がアレなんじゃないかな?と思うホド。

決して踏み過ぎず走り切れそうなギリギリの強度で登っていきます。
この日はプライドをかなぐり捨てて最終兵器乙女ギア(28T)を投入しましたしね。

本来チーム規定では28Tは使用禁止なんですが、獲得標高3,000m以上の時は免責ってコトで。
ワシがルールだ異論は認めん



尚、登っている最中の写真はございまへん。
疲れ切ってるし森林限界付近までは特にコレといった景色も無いし。
ついでに言えば時間的余裕も無いのでヒルクライムに集中しないとイカン。遅いながらも。



バスターミナルから10kmホド登ったトコロまではソコソコ順調に進んでいて、先行したOGさんに追い付いたりもしてました。
BONさんはワリと早い段階でチギれて居なくなりましたけど。
相当キてたようで。


しかし…



11~2km地点からだったかな?
10%超えが連発するポイントに差し掛かると、私の心が見事にポッキリ。

疲れ切ってるのでダンシングじゃないと登れないしチカラ入れ過ぎるとモモ筋攣りそうになるしで、まさに手詰まり感満載。



山小屋で休まずに山頂まで行っちゃろかいなと思っていた私の目論見は脆くも崩れ去り、

20170819_164535.jpg

駆け込むように、そして倒れ込むように休憩。



身体が欲していたコーラを飲みますが、高度が高いと炭酸キツくなるんかな?ソレとも胃が弱ってたかな?思ったようにノドを通りません。
止まると寒いし。

軽く寒さに震えながらコーラを飲んでいるとBONさんがスンゲーうな垂れつつ登ってきました。

20170819_164828.jpg


マジでオワテル感アリアリです。



「閉鎖されようがナニされようがココでオレは休む!休まなきゃやってられん!」




野麦峠を超えたあたりから「もう帰りたい」を連呼していたBONさん。
ココに来て完全に逆切れモードです。

ちなみに、今回は周回コースなのでスタートした時点で既にソレが帰路なんだぞと、この日10回くらい言うた覚えがあります。




マジで時間がバーヤイだからはよ行くよって言っても、「まだ休ませろ」の一点張りBONさん。


いやワシだってアソコまで登るなんて考えたくないんだぜ…

20170819_164834.jpg


まぁココまで来れば残りは6kmくらい(だったかな?)。

なんだ二之瀬1本分じゃねーかってコトで…


…二之瀬一本分か。



二之瀬…か…






ココからは森林限界も過ぎ景色が変わってきましたので、写真を撮りつつ気を紛らわしながらボチボチ登っていきます。

20170819_170214.jpg


8月下旬でも雪ありますな。
万年雪ってコトになるんかな?


20170819_170654.jpg




去年の9月と今年の7月に来た時にはガスってて見えなかったこの景色を、

20170819_171917.jpg


20170819_171934.jpg


時間が無かろうがそんなの関係無く脚を止めて撮ります。休憩兼ねて。





すると斜面に1羽の鳥が…



20170819_171926.jpg



チト遠いのでスマホでは捉えきれてませんし肉眼でもハッキリと確認するコトが出来ませんでしたが、マサカ…あの鳥か…?

黒いしカラスかな?
こんな高いトコでも来るんかな。





ゴール手前でもバッチリ撮影。



20170819_172308.jpg


20170819_172325.jpg



疲れてるんすよマジで。

まぁでもBONさんが追い付いて来ないコトにはワシが最後じゃないんでね。





そしてようやく、ホントにようやく、マジでリアルにガチでようやく、


20170819_172658.jpg


山頂へ到着。




するとOGさんが変なオッサンと話をしてます。





「ココのゲートは17:30で閉まるよ!」




てかもう閉めてるじゃねーかしかもまだ17:15だしウルセーなオメーが早よ帰りてーダケだろ





まだゲート閉まるまで10分以上あるしBONさん待ってる間に畳平の写真でも撮りに行こうかな?と思いましたがパトロールカーからプップププッププ鳴らしやがってジジーがウルセーもんだから

20170819_172758.jpg


20170819_173046.jpg



山頂の池付近でイソイソ撮ってガマンガマン。




しかしスカイライン入口のゲートが18時で閉鎖されるので、ソロソロ降りないとマジでマズい。

ただ下るダケなら20分強で降りれますので、17:30までにBONさんが来れば全てが丸く収まるんですが…




というトコロでマジでギリギリにBONさん到着。


はよ降りるやで!




「ウインブレだけでも着させてください…」


20170819_173311.jpg


うん。
ココはマジで寒い。


8月だからとナメてましたが、夕方の乗鞍は本気で寒いです。
無論気温は一ケタ。



BONさんは景色を一切見るコト叶わず即下山。



余りの寒さに身体の震えが止まりません。
寒過ぎて身体が震えてバイクもブルブル震えるホド。
下りだろうが何だろうがペダルを回して身体を温めないとマジヤベー寒さ。




パトロールカーは我々を煽らないようにかなり距離を空けているものの、スグ後ろからシッカリとついてきてますので、イイ景色に巡り合えても止まって写真を撮るコトも出来ず。



んが。


視界から消えた瞬間に一旦停車していつものスポットだけは押さえましたぜ。

20170819_173706.jpg

フム。
霧に包まれるココも悪くはない。




そしてこの後見た景色はどうしても残したかったので、フル減速して何とか写真を撮るコトに成功しました。


20170819_174152.jpg



あー…いいカメラ欲しい!








この後は気温も上がってきて身体も動くようになってきましたので、集中して可能な限り急いで下るのみ。




そしてついにスカイライン入口ゲートが見えてきました。

ガーミンで時刻を確認すると17:55。




入口ゲートのオッサンのご機嫌をナニする為にsyuさんとツカさんが談笑している横を




セーーーーーーーーーーフ\(^o^)/




と叫びつつゲートを通過。

ゲート閉鎖時間前に降りてきたから誰にも迷惑掛けとらんぞ。






平湯峠で少し休憩したら、朴木平まで最後のダウンヒル。


着いた頃にはスッカリ陽が傾いておりました。

20170819_180942.jpg




約1名体調不良を訴えた男がおりますが、この日の過酷なライドを一緒に走り切った同志で記念撮影。

20170819_181211.jpg


そしてこの同志全員が同じコトを思っておりました。








このコース、




二度と走りたくねぇ\(^o^)/











しかし。


実はこの日OGさんとBONさんは初乗鞍。

初乗鞍でエコーとスカイライン両方走るダケじゃなく、イロイロ回ってこんな過酷なライドってーのは余りに不憫。
肝心の乗鞍では全然景色楽しめてないですし。



そして二人は思いました。




また乗鞍ダケを景色見ながらノンビリ走りたい…






ナルホド。

普通は素晴らしい景色に出会えると来年もまた訪れたいとか、違う季節に来てみたいとか思うんでしょうけど、こういうやり方で再訪を誓うコトもあるんだな。
イイコト覚えたワイ。


そういやリキさんが渋峠に行きたがってたな…

アソコ絡めて獲得3,000mとかチョー余裕で何本もコース引けるしな…
去年のGWで兄がキレた175km3,600mコースとかあるしな…

フム。
渋峠に何度も何度も訪れたくなるコースを考えようそうしよう。





ま、とにかく乗鞍の再訪は決定ですね。
紅葉見に行きたいですしね。
私が。






朴木平の温泉は営業時間を過ぎていたので、高山市内でお風呂に入ってこの日はオシマイ。

20170819_195757.jpg






皆さん、ホントにホントにお疲れ様でした。

何よりもノートラブルで全員が無事帰還出来たコトに感謝です。


あ、でも内臓ヤラれて吐血した人が約1名いたな。
まぁいいや。
落車なんかよりは100億倍マシだ。




そしてこのツアー参戦を望みつつも日程合わずで参加出来なかったチームメンバーの皆さん、私は二度と行きたくないので来年は(私は)企画しません。
syuさんツカさんなら何回でもイケるんじゃないかな。








【走行距離】159.0km
【獲得標高】3,514m


なんだ結局160kmにも4,000mにも届いてねーのかよ。
って、終わった後思いましたが、盛りサイコンと名高い(syuさんの)パイオニアではキッチリ160km4,000m達成していたようです。
syuさんは多少ウロウロしてたのでその差はあるにしても500mはないでしょ…ガーミンさん…ヤル気無くさせるなよオイ。







ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

人形劇じゃないほうの・・・‼️

ダイさん、こんばんは。
うーん、遠すぎるんですが、周りの植生が割りと背の高い樹木もあるので、おめあてのトリさんではナイのではないかと❗
色合いととまり具合からホシガラスでは
ナイでしょうか。
以前、ご一緒した乗鞍岳でも見かけましたので。

コース情報提供者としては、とても堪能いただけたようで光栄です。また楽しそうなルートがありましたらアップしますので是非に。あーそれと。ちょーー簡単コンデジ購入しました。撮った写真がスマホに転送されたりスマホで動作できるやつね!苔の壁撮りまくるよ^_^

B「ゼェハァ帰りてぇ…」
D・O「帰っとるから!」
のリピートのくだりを思い出し笑い(´∀`)

乗鞍ってどんなトコなんですかね〜
行ったはずなのにサッパリわからん。

フライングしてゲート閉めたらイカン❗️
ゴール知らないからここにきてこの先ダートかよってマジで思いました。

Re: 人形劇じゃないほうの・・・‼️

> カンパチさん、こんばんわ

やっぱり…ですよね。
アレは来年山頂まで登った時に出会うコトを夢見て、楽しみにしておきます♪

> gottuさん、こんばんわ

是非情報提供者として今度走りに行ってみてください。リキさんと。

カメラは買うモノは決めましたので、ソレに向けてお小遣いを貯めてるトコです\(^o^)/

> OGさん、こんばんわ

彼はアホですわ( ´Д`)y━・~~

> BONさん、こんばんわ

チミはとりあえず内臓のストレス耐性をアゲたまへ( ´Д`)y━・~~
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR