準備は大切

昨日スマホの機種変更をしました。

アクティブな私をナニしてくれる機種に変えたんですが、変えようにもドコも在庫切れ(ちなみに私は15年以上ドコモ)。

何件か探してようやく入手しましたが、データを移したりデータをナニしたりデータをアレしたりしてるウチに深夜2時を過ぎてました。
今朝起きてからデータを(以下略)、気付いたら昼過ぎになってました。

せっかく機種変えたのに先代と同じような使い方を求めたらイカンですね。
ソレに慣れてソレを使いこなせるようにならないと。




本題です。




アメリカ第16代大統領、エイブラハム・リンカーンは言いました。
いや、直接聞いてませんので正確には言った「らしい」です。

「もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。」
8時間で6時間とかも見ますがどれが正解なんでしょ…にわかなのでスミマセン。




先日、古い友人が自転車に興味を持ち始めたようで、私に様子を聞いてきました。
どうやら健康推進、要はダイエット目的です。

私も始めた理由の一つにソレはありましたが、現在は全くそれを目的にしてません。
いや、登りをラクにするためには減量も必要なのは分かってますが、ソコに注力する気になれず…

要は健康の為以外にも目的あった方が続くんじゃないかな?と彼に言いたいワケです。

ま、最初からアレもコレもはイロイロ大変なんで、私からは特に何かを勧めるワケでもなく、聞かれたら答える程度にしてます。
昔から飽きっぽいヤツなんでw

ただ、もし始めるのであれば決してラクな遊びではないので、イロイロ準備は必要です。
ハードもソフトも。

ということで、今日は興味を持ち始めた友人に送るネタお話です。



少し前の話になりますが、知り合いの♂男さんとそのパートナーである♀美さんとの3人で走りに行った日のお話です。

この日、♀美さんはロードデビューの日。
既にバイクも周辺グッズの準備も万端。

♂男さん宅に早朝の待ち合わせです。
ちなみにこの日は真夏。猛烈な暑さに見舞われた日でした。

約束の時間の5分前くらいに♂男さん宅に到着。マンション入り口前で待ち合わせです。

ボーっと立ってるのもアレなので、アップを兼ねて1周1km弱のマンションの周りをクルクル回って待つことにしました。

しかし…
1周しても2周しても一向にやってきません。

ウーン。

まだまだ回ります。

5周しても6周してもまーだやってきません。
バターになるぞ…

8周程回るとようやく♂男さんがやってきました。
アレ?♀美さんは?暑いしキャンセルかな?

「ゴメン。多分もうすぐ来る」

少し待つと♀美さんがやってきました。

よし!早速行こう!
この日のルートは♂男さんプロデュースの片道30km程で、基本的にオール平坦です。
目的地は新舞子。

ロード始めたての頃に一度行ったきりです。


予定より数十分程遅れてスタートしようと走り出しますが、マンションから10m程の信号で止まると、

ガシャン!

え?
後ろからだ。

振り向くと、♀美さんがいきなり転んでます。

デビューからいきなりビンディングシューズで「サスガやね」と感心してましたが、どうやら全く練習をしていないとのこと。
クリートの脱着を今初めて行うとのことで、自転車を止めた時にペダルから脚が外れず転んだようです。

♂男さん宅には固定ローラーがあるハズ…ウーン。

近くのスーパーの駐車場でクリート脱着の練習を促します。
信号待ちのたびに転んでたら危険極まりないですし、万が一右に転んだら命に関わりますしね…

2~30分程練習をしてますが、♂男さん、私と談笑してて♀美さんを放置です。

自主性を尊重するタイプですね\(^o^)/
でも昨日までに教えておいて欲しかった…


こうして予定より1時間強遅れてのスタートです。

陽もスッカリ登りきり、気温もかなり上昇してきました。
慣れてる私はいいとして、♀美さんにこの暑さはヤバいかな…?

コースディレクターの♂男さんが先頭、真ん中に♀美さんで私がシンガリを務めます。

が、♂男さん、後ろを気にせずドンドン行っちゃいます。

自主性を尊重するタイプですね\(^o^)/


私も後ろから声を掛けて、と思いますが、人様のカノジョのツキイチ…♂男さんに怒られそうなのであらゆる意味でのセーフティスペースを確保して追走します。

何となく♀美さんが走れそうな速度を確認して、私が先頭になり♂男さんをシンガリへ。
すると後ろから声が聞こえます。

「脚を止めるな!回せ!」

「回せ!回せ!」

オニ教官現るです\(^o^)/

信号待ちでも
「脚を止めたら進まないだろ。止めたらダメだ。回さないと!」

オニですね。

我々の感覚からすると、スタートして数kmでは疲れるハズもなく、まだアップの段階。
暑さも慣れているせいか何ともありません。

しかし♀美さんはどうやら暑さにやられていたようです。
この時は知る由もありませんでしたが…

10数km程走った辺りで♀美さんに異変が出始めます。

信号待ちのたびに転ぶようになったんです。

最初はもう脚にキてるのかな?と思ってました。
モモ筋がキツイならこうしてほぐした方がいいよ、と伝えるも「大丈夫」との返事。

バイクを止めるたびに転んでるので全然大丈夫そうではないんですが…

コンビニで休憩しますが、陽がほぼ真上にあり日陰もなく炎天下に晒されます。
冷たいモノだけ投入し、スグにリスタートします。

しばらくすると登り基調になりました。
♀美さん、登りなのに着々とシフトアップしています。

ホゥ…トルクで登る派か…
さっきまで止まるたびに転んでいたが脚が戻ったようで何より。

STIレバーの使い方、今の今まで
知らなかったみたいです\(^o^)/

むぅ…ココまでの20km弱、ずーっとギア固定してたのか…
恐るべし…

いや、♀美さんが、じゃないです。
♂男さんが、です。

ホント、
自主性を尊重するタイプですね\(^o^)/


それにしても♀美さんキツそう…
またスグにコンビニに行きます。

そして今度はコンビニの中で思う存分涼んできてね、と促しました。
すると30分以上出てきません。

どうやら熱中症手前だったようです。

確かに脚は大丈夫のようです。
暑さにやられていたので、止まるたびに転んでいたようです。

単に運動すると顔が赤くなるタイプかと思っていました。色白ですし…


私も♂男さんもコレ以上は危険と判断し、今日のサイクリングは中止することとしました。
ただココから家に帰らなければいけません。
♂男さんの判断で、ココにタクシーを呼び♀美さんだけ帰らせることにしました。

しかし!

「いや、いい」

この状態では家まで走って帰ることは明らかにムリ…
しかし何度言っても自走で帰ると言い張ります。

更には、ココで待ってるから新舞子まで行ってきたら?とおっしゃいます。

まさか熱中症手前でフラフラの若い女性を放置してドコかに行くワケには行きません。
しかもクルマでは帰ろうともしません。

結局、♂男さんと♀美さんは二人で休み休みノンビリ帰ることにして、私は最速で帰宅しクルマで迎えに来る、ということで話がつきました。

ココからは猛ダッシュです。
とにかく踏んで踏んで走りますが、ココで致命的なことに気付きます。

道、知らなかった\(^o^)/

太陽の位置を確認しながら、時折現れる青看板を頼りにとにかく北っぽい方へ向かいます。

そして走りながらふと思ったことが。
タクシーはダメでオレならいい、と。

その遠慮のなさに、
身近さを感じます\(^o^)/
うれしいです!


何とか自宅に到着し、早速♂男さんに連絡。
すると数kmは進んでいる様子。
しかも「迎えは不要」との返事。

お?回復したのかな?
大丈夫ならいいや。

正直、このままでは物足りないと思っていましたので、とりあえず筋トレを開始します。
筋トレ後、ローラーでも回そうと思っていたんですが、♂男さんから連絡が。

「やっぱダメみたい。お迎えよろしく~」

このタイミングで…
完全にトレーニングモードに入ったトコロに思いっきり水を差されました。

仕方ない!
こうなったらローラーは諦めよう。

ええ、筋トレは最後までしっかり実行させていただきました。
更に、シャワーも浴びました。
クルマ汚したくないですし…

サッパリしたトコロでクルマを出します。

人様のカノジョと二人きりでクルマに乗るのもアレですし、♀美さんとはそれほどの面識もないので、間を持たせる為に妻を拉致し♀美さんを迎えに行きます。

しかし私が筋トレをしシャワーを浴びてる間にも少しずつ進んでいたようで、家まで残り3~4kmのトコロまで来てました。

このまま帰れるんじゃ?お待たせ~

♀美さんとバイクをクルマに積み、とりあえず♂男さん宅へ送り届けます。

車窓から見える♂男さんも、解放されたかのように猛ダッシュしてました。


コレ以来、私は♀美さんとは走ってませんので、今は自転車とどう付き合っているのかは知りません。
ただ一つ分かるのは、散々なロードデビューの原因は明らかで、ただただ準備不足です。


ロードバイクには免許はありませんが、操作方法や走り方などなど、準備を怠ると大ケガはもちろん命にも関わります。
情報収集方法はいくらでもありますので、是非調べまくって下さい(丸投げ)。

今から始める(かもしれない)友人よ。この記事をキミに送ります。
特にソフト面の準備、怠らないでね。


このブログのことは
教えてないですけどね\(^o^)/

偶然辿り着いてくれることを願います。




ちなみに、朝遅刻した理由はいまだに聞いてないな…




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初のころは自分の限界がよくわかんなくて、走ってて気持ちいいもんですからどんどん行っちゃって・・・気が付いたら山の中でエネルギー切れ(泣) なんて経験をしたのを思い出さいました(笑) 

真夏のライドは体力奪いますから、いろいろと準備不足があると大変ですよね! 
なかなかハードなスタートですからある意味これ以上「下」はないかもしれませんね(笑) その彼女が続けているといいですね・・・

こんにちは!
ダイズさんの周りは破天荒な方が多くてネタに困りませんねw
交差点で止まる度に転倒するなんて…
それをバネにその女性は覚醒してとんでもないロディーナになってるのでは?

たかじんさん、こんばんわ


こんな記事を書いておきながら、今年の夏、私も山の中で補給を怠りヘロヘロになりました(笑)
準備はし過ぎて困ることはないですよね。

きーぼーさん、こんばんわ


私の数少ない周りの人間が偶然にもアレなんですが、私自身が極めて普通なのでそろそろネタが…(笑)
なのでネタ元のなってくださる方は随時募集中です\(^o^)/

その女性は私の知る限りではまだ深い眠りの中…
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター