FC2ブログ

大体いつも通り

前回からのつづきです。





チト不本意な位置ではありましたが、何とか先頭が見える位置で60分ソロがスタート。


当然号砲と共に前へ移動します。
少しでもリスクを軽減する為には前に行かないとイカンですからね。


尚、一緒にスタートしたたかじんさん・BONさん・水谷さんの姿は結局最後まで見るコトはありませんでした。
しばらくはスグ後ろにはいたらしいんですが。
ホント、(主にBONさんには)ガッカリやで。



ソレはさておき私の話。




スタートしてしばらくは先頭のNIPPOジャージを目視しつつ走れていて、ドコかで前に出ないとイカンなと思いつつも、最初から脚使いたくないしとにかく中切れダケには注意して走ってればいいかな?という感じ。
集団は縦に伸びていたので左右から攻められて落車するという可能性は低そうでしたし。

ペースはソコソコ。
特にキツイとは感じず。
去年の90分の方が遥かにキツかったかな。
30分強でモロ置いてけぼり喰らいましたので。
その時よりはラク…といった印象。

富士の時もそうでしたが、数kgとはいえ体重減の効果が出てるかな?
登りでシヌホドキツいと感じなくなりました。
あくまでも「シヌホド」はキツくないってーダケで、キツイのはキツイんですよ。誤解の無きよう。



そして3周目(だったかな?)
ゴールラインを過ぎてコーナーが続く登りに入ったトコロで、相変わらず前走者のツーケーを眺めながら走っていた私。


コーナーを抜けて二台前の選手のその先を見ると…




誰も居ねえ\(^o^)/


オイマジかチギれてるじゃねーか。

いつからだ?
今から追って間に合うんか?



というコトで前の二人をパスして集団を追い掛けます。



しかしタイトコーナーが続くポイントでは前が全然見えない(見えてる=追い付いてる)ので、正直心がいつ折れてもおかしくない状況。
しかし登り区間さえ終わればソコからはワシSPが続くハズなので、必死コイて追い掛けます。

するとチョイとした直線でようやく前を走る先頭集団をハケーン!

コリャ行くしかねえぜ!ってコトで更にフミフミ。


んが。



当然のコトながら全然追い付かん。
やっぱ集団はソロより速い。

しかも追い付く前に登りに入っちゃったのでもう諦めムード。
1周強をソロTTモードで走って追い付いたトコロでその先どうなるコトか…まだ前半だし。

ってコトで諦めて大人しく第二集団で落ち着くコトにしました。
ま、いわゆるいつも通りってヤツですね。

尚、ココにチームメンバー居るかな?と思ったけど居なくてガッカリしたのは一応内緒にしておこう。



もうココからは無難にレースを進めるダケの作業という感じ。
ソコソコでボチボチのペースで、最後はこの人達とのスプリント勝負を予感。
一応前にも出たりしましたよ。
第二集団でツキイチとかサスガに恥ずかしいですからね。


しばらくして私が前を牽いていると、ある二人組が我々の集団をパスして行きます(仮称:ツインスパーク)。
コリャ乗るしかナスってコトで当然便乗。

我々の集団を抜くってコトは、走力は我々の上をいってるハズと思い、しばらくはお二人での先頭交代を傍観してオイシイ三番手をキープ。

ホドなくして、ツインスパーク先頭交代をした際に先程同様車間を空けて二番手をお譲りしようとしたら、今度は「回しましょう」と仰るのでシブシブ先頭交代。
ココからはツインスパークも集団に入り列車を形成。

しかし彼らにとってこの列車は休憩だったのでしょう。
しばらくすると再びツインスパークが前に出て二人で先に行っちゃいそうなイキオイ。

するとその時前を牽いていた激坂ジャージ氏がマサカの中切れ。
ウーン…どうしよっかな。
彼をパスしてツインスパーク追うかな。でもチトキツいかな?
登りが終わったら下りでアゲアゲして追う方がラクだから、ココではとりあえず様子見かな?

なーんて考えていたら二人ホドの選手が「オイオイ切れてるじゃねーか」と、違う意味でキミらが切れとるやないかいというツッコミトコロ満載で前に出て行き、ツインスパークを追います。
当然コレには便乗。
人数掛けれるなら追った方がリスク回避出来ますからのう。

その後ツインスパークに追い付いて再び列車を形成し、先頭交代で後ろに下がる時にチャッカリ集団復帰してる激坂氏を確認。
なんだムリして追わんでもヨカタか?
ただ彼は以降二度と前に出ませんでした。当然ですな。





そのまま最終周に入り、ココからは最後に備えて脚溜め開始。
原則ケツに張り付き大作戦で、後半にかけて少しずつ前に出てスプリントが出来る位置をキープ。

バックストレートでもキッチリ脚を溜めて、登りに差し掛かってもまだ溜めて、最後のシケインを過ぎたトコロでアゲ始め、最終コーナーを抜けたら前に出るぜ!と思ったトコロで周回遅れの選手がメニーメニー。
結局その人達を抜くのに1列で走らざるを得ない状況になり、スプリントどころか並んだ順番でゴール。

私の位置では6秒足らずでレースは終了でしたが、先頭のツインスパークはギリもう1周イケたぽい。


最後はチト不完全燃焼な感じでしたが、コレもエンデューロ。
仕方ありません。
セコセコとケツに張り付くってコトはこういうリスクがあるってコト。
漢気出して前に出てればそんな目に遭わずに済んだんだぜオレ。

というのも大体いつも通り。
ホント、毎度後悔はしても反省しないせいで同じコトを繰り返すマン。
そもそも脚が無いのが罪だな。




で、順位はギリ上位10%に入った程度でした。
30番台。
全然納得してないっす。

そもそも先頭集団からチギれちゃった時点でイカンですね。
もっと前に出ないと。
まぁ残ってたトコロで最後まで集団に入れてたどうかは別のハナシ。





来年もう一度出ようかな。
でも春の鈴鹿が無いから春でもいいかな。
ま、ボチボチ考えましょう。







さて。

ココからが今回の本番。





20171001_102803.jpg





チーム戦の始まりです。









つづく。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

我々3人は約束通りトレイン組んだダケです。

あとスタート直後の左右からゴリゴリ来る時間帯苦手です。自分の安全マージン消されるのがイヤで開けるとまた人来るし。

> BONさん、こんばんわ

クリテ出て練習しねーからだ( ´Д`)y━・~~
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR