FC2ブログ

空気を読むマン

前回からのつづきです。





初っ端から紅葉を楽しんだ後は、

20171126_094919.jpg


何故かワカランがナントカ峠へ向かいます。



カレー屋さんまで数kmのハズなので本来は登る必要なんざ1ミリもないハズなのに、何故か4kmホドのヒルクライムをご用意して下さる住友さん

何て空気が読めない男なんだ。




まぁでも聞けば距離4kmで平均6%ホドってコトなので、無心でインナークルクルしてればイヤになる前に終わるでしょ。

というコトでヒルクライム開始。


イヤしかし何故カレー食いに来たダケなのにしかもワザワザ遠くまで来て登らにゃならんのだ。


こういう時改めて確信するんですよね。
ワシ、リアルガチで坂がキライなんだな、と。



途中イイ景色のポイントもあったんですが、チーム規定「ヒルクライム途中で足を着くのは厳禁(乗鞍またはソレに準ずる観光地は除く)に反するので泣く泣くストップ。
二之瀬クライム中に水場休憩したら除名協議会へかけられますからね。
そういや最近ウインブレがどうとかヌカして近所の峠で足着きしてたのが居たけど女帝だから仕方ないか女帝だから

しかもグローブがフルフィンガーなのでスマホ操作も出来ず、走行中の撮影も不可。

写真撮ってた方がいらっしゃったので後でその写真くださいねと言うてはみたものの、連絡先も交換してないんじゃ貰えんわな。






ヘコヘコ登った山頂で一旦軽い休憩となりますが、景色も全然アレなのでサクっと下山。



途中、イイ景色のトコがあったので停車して撮影タイム。

20171126_104509.jpg


後に、「下りの途中でイイ景色見つけて止まるなんて、サスガ自称リキさんの一番弟子ですね」的なコトを住友さんに言われましたが、全然思うように撮れてないのでまだまだですぜ。

というかワシの先天的なセンスだけどな



皆さんが走ってる姿も、

20171126_104603.jpg

20171126_104640.jpg

こんなんじゃなく、もっとこう…何というか…イイ感じに撮りたかったのに。

ま、スマホだし。
ワイが一眼持ってホンキ出したらエライコトになるぜ。







さて。

無駄なヒルクライムも終わったし、もうそろそろカレー屋さんに着くかな?と思い大いなる期待をし導かれるままに走っていたんですが。




20171126_105251.jpg


む…

饅頭とな?



ワタクシ、普段はあまり間食しないんですが、ソレには親の躾が関係しておりましてね。

幼少の頃より「菓子食うくらいならその分飯食って腹パンにせい」的なコトを言われて育ってきたので、大人になった今でもソレが刷り込まれているのです。
兄にはビタイチ刷り込まれてないようですが。

お菓子は好きですが、ソレよりも食事を美味しくいただきたいので基本的に食べないんですよ。
せいぜい夕食後にチロっと食べる時が極稀にある程度。誰かのお土産とかを。



だのに饅頭…

カレー食う前に…

何て空気が読めない男なのだ。




20171126_110154.jpg


3つ食ったけどな\(^o^)/





ココはイートインスペースがあり、ソコではほうじ茶もいただけます。
お茶に饅頭というのは日本が誇る素晴らしき組み合わせ。
ホントに安心する美味しさ。

寒さとヒルクライムで消費したカロリーを、脂質が少なく身体に良いとされ即エネルギーとなるアンコをメインとした饅頭で補給し、更にソレが美味しいとは…


何て空気が読める男なんだ。





我々のホームコース近くの多度大社前にも饅頭屋さんがあり、ソコに寄るといつもクリーム大福を食べてます。
ソコもお茶付き。

疲れた身体にアンコは沁み入りますからね。
スポーツ羊羹なるモノもあるホドですし。


ナントカ峠にホド近い場所にあるこの饅頭屋さん、ライド中の補給にはかなりオススメですね。
ヨソ者の私が言うのもなんですけど。
自転車乗りのウマいは信用してはイカンし、今回は私もライド中に食べたので、全く疲れてないし全然欲して無かったので自転車乗り的盛り味覚は無かったとは思いますが、ココではウマいウマい言うのは控えておきますけども。

ココ界隈を練習コースにしてたら寄らずにはおれんでしょうな。
プリンもあるよ。


名物の豊助饅頭はチョー薄皮&こしあんでモロストライク。
ほうじ茶饅頭もちゃんとほうじ茶の香りがしてかなりウマい。
もう1個は写真見てもナニ食べたか思い出せまへん。スイートポテトかな?でもココ饅頭屋さんだぞ。でも多分きっとそう。

とにかく全てがウマい。
種類もイロイロありますし、何度でも飽きずに通えそうですね。
マジウマい。






さて。

饅頭を充分に堪能したトコロで早速チョイ登り。

カレーを美味しくいただく為に消費させる魂胆だな?


しかし皆さん残念なコトに山頂まで走り切ってないのでココの山岳賞はワシのモノ。

20171126_114742.jpg

山頂(ゴール)から見下ろしてやりましたワイ。


住友朝練部、恐るるに足らず。





そしてココからは下り基調deヒャッホイタイム。

ナニやら速い人組は先に行くやで的な話をしてるので、私はノータッチ。
ノド痛いのでね。
無駄な強度に身体を晒したくはないのですよ。



というコトで後発組のパックに乗車しました。




マターリ進む我々を置き去りにしてドンドン進む先行組。

追い付けそうな距離のウチはこの際皆さんお連れして前までブリッジ架けようかな?とも思ってるウチに視界の外に消えて行きました。



というコトでばなめいさんを先頭に後発組は進みますが…




少し離れて後ろから眺めていると、最後尾のお二人の脚がチョイチョイ止まります。
「全然足りねぇ眠たくなるぜ」という心の声まで聞こえる始末。

そして先頭のばなめいさんも明らかにダルそう。
「アゲてもイイけど何かメンドクセーしな。イマイチ気が乗らんしのう」という心の声が(ry


そして全員の心の声が揃った瞬間を私は感じたのです。
確実に、感じたのです。



「「「「誰か前出ろや」」」」





そう。

私は村で一番空気を読むチカラに長けている男。
もはやメンタリストレベル






というコトで。





チーム内では無風空間と定評のある私のツキイチを、皆さんに満喫いただくコトにしませう。
40km/h走行時は150W以下で済むらしいですよ。




イキって前に出てアホみたいに速度をアゲてはただのヤンチャ。
なので0.5km/hずつ徐々に徐々に、徐々に徐々に速度を上げて行き、存分に私の無風空間をご利用いただく作戦。

しかもバーエンドミラーを常備している私は、常に後方をチェックしながら牽くコトも可能。
チギってはイカンのでね。



そしてホド良い速度まで上げて前を牽くワタクシ。
かつてコレホドまでに後ろに気を使って牽いたコトなどあっただろうかというレベル。



気付いたら後ろにはお1人しか居ませんでしたが皆さんからは絶賛の嵐。


「素晴らしく走りやすい牽きでした」

「とても快適でラク出来ました」

「あのホド良さ、住友さんを遥かに凌駕してますね」



そのような賛辞をいただきました。
照れますね。





村一番の人情派としては嬉しい限りです。

いつものチーム練じゃ「もっとアゲろやオラオラ」しか言われませんのでね。


皆さんホントはモノ足りなかったハズですのに、その優しい言葉に感謝です。







と、饅頭分のカロリーをチットダケ消費したトコロで、ようやく念願の今回のメイン、



20171126_121719.jpg



カウボーイカレーさんに到着です。







…遠かった。








つづく。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

思ってましたよ「誰か前出て!」と。
ダイズさんの後ろで思ってましたよ「そうじゃない!」って。

真実が行方不明www

あっ、豊助饅頭は真実か...
でもこの記事だとディスられてるように感じるんですがwww

> ばなめいさん、こんにちわ

まぁ大体合ってたってコトですね( ´Д`)y━・~~
さすがワシ。

> 住友さん、こんにちわ

行方不明??全て書いてあるじゃないの。
豊助饅頭然り、当然全てが真実ですよ( ´Д`)y━・~~
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR