FC2ブログ

楽しい楽しい初バンク

以前からKTMさんにチョイチョイお誘いいただいていたバンク体験会
競輪場を走るコトが出来るアレです。

ピストに乗ったガチムチ勢と走るのもコエーなと思いつつ興味は津々でございました。


しかし今まではクリテに注力してたコトもあり、日程もモロ被りなコトも多く見送りまくり。
距離乗りたい病にも罹ってましたし。
尚、今回も平田クリテと日程はドンピシャ。



んが。


ココ最近の消極的チャリ活が幸い&名古屋競輪場はウチから徒歩圏内ってーコトで即参加決定。


自転車にはチートモ乗ってませんが1レース数百mで終わるし、あくまでも「体験会」なのでとにかく心から楽しむコトを目的に。

「自転車を楽しむ」という行為を思い出せるといいんですが。





そもそもバンクてなんぞや?とお思いの方はKTMさんがブログで分かりやすくご説明されているのでソチラをご覧くださいませ。










とういうコトで当日。



DSC_0344.jpg



原則写真撮影禁止なので写真はほぼナシです。

絵も書けないのでナシです。
内容に立体感が欲しい方はKTMさんのブログがオススメですよ。




ちなみにレース自体は非常に短いので、待機時間が結構多め。
なので多くの時間を上の写真のようにマターリと過ごします。
簡易テント持っていけばヨカタ。






今回私がエントリーしたのは

ロードケイリン
1,000mTT
スクラッチ
ミニチームスプリント

要はSHOROsの皆さんと一緒。

チーム戦以外は全てロードレーサーの部。

トラック(ピスト)部門もありますが、ピストを持ってるような方々は競輪場を棲み家にしてるような方々ばかりなので迫力が違いますからね。
バンクでは勝負にならんですよ。
なのでレースは完全に分けられております。





上記の中でその名前を見たダケでレース内容が分かるのは1,000mTTのみ。
他のはサッパリ。
スクラッチてコインで削るクジのコトじゃねーの?


という皆さんの為に、レース方法をご説明しつつ振り返りますのご安心を。






さて。

ソレでは早速レースのコト…の前に。


しばし試走。



まずはバンクに慣れないとイカンですからね。




KTMさんからバンクの上に上がるのはコワいよと聞かされてましたが、1~2周してその角度に慣れるとなんてコトありません。
むしろチョー楽しい。

日常ではあり得ない高低差というかシチュエーションが堪りまへん。
楽し過ぎ。

そして最上階から一気に下る加速は確かに使える…キガスル。
状況次第では、ですが。


なーんてコトを確認しながら約20分ホド充分に身体を動かします。








今度こそレースをば。



まず最初にロードケイリンから。

要はロードバイク部門のケイリン競技というヤツです。



距離は1,200m(400mを3周)。

最初の2周は先導車が牽き、当然抜いたらイカンのです。
先導車より後ろで位置取り合戦。

勝負は残り1周。


要は先導車付きのローリングスタートみたいな感じ。





幸いなコトに2組目だった私はKTMさんが出走する1組目を見てお勉強。

何せドコで勝負かけていいかワカランし、400mてどんなもんなの?ってくらい、普段からそんな距離を意識したコトないですからね。
10km50km100kmは意識しても200m400m1,000mを意識してフルもがきなんていう経験は皆無ですから。






1組目を見ているとヤハリ先導車の後ろでは何とも言えない位置取り合戦。

車間はキッチリ詰めてますので横に出たりナニしたり。


しかしバンクのコーナーは急角度が必要なホド急カーブ。
状況によるかもですが、原則外側がチョー不利。
なので外側に出てもイイ感じでナニしないと単に不利な状況を作るダケ。



KTMさんは「ワシ、ココでええのんか?ええのんか?」と心の声がダダ漏れするレベルで戸惑いつつ4~5番手をキープ。


そして勝負のラスト1周。


「え?みんなもうイクの?マジで?マジで?」という心の声がダダ漏れするレベルで置いてかれるKTMさん。


私もですが、恐らくKTMさんもフルもがき合戦が400m続くのかどうかが分からなかったんだと思います。
きっと残り200mくらいから仕掛けようとしてたんじゃないかと。

しかし気付いた頃にはあとのカーニバル。

先頭の選手はズンズン前に行きグッバイベイビー。



レース後、全く息が切れてないKTMさんがソコに居ました。







フム。

いい勉強させてもらいましたぜオジキ。






というコトでこの時点で作戦は決定。





幸いなコトに一番イン側でスタートの私。
ハナっから先導車にチョーツキイチ決めて誰にもその場所は渡さねーぜ大作戦を心に誓います。

で、ラスト1周になったら誰かのツキイチとかセコイこと言わずにとにかくフルもがき開始して400mで脚を使い切るんだぜ。
もしマクられてもソレが今のワシの実力だしソレがレースってもんだ。
ソレもまた楽しってコトでね。





んがしかし。

スタート前に少々問題が。




この日、東海地区の全てのバンクに現れるというM超パイセンがココ名古屋競輪場にも降臨されておりました。


この業界では非常に顔が広いM超パイセン。

私と同じ組を走る高校生(仮称:マルコ君)に、私を差して「このオジサンオニイサンには気をつけろよ」という極めて余計なアドバイスをする始末。

チートモ自転車に乗っ取らんワシなどマークしてもまるで意味が無い気がするんですがのう…



その言葉を真に受ける純粋なマルコ君はスタート前からワシチェック。
ビリになるぞ。




バンク内は傷を付けないようにビンディングシューズなど固く尖ったソールでの歩行は禁止されていますので、ゆ~っくりコース内に入りスタートラインで係の人にバイクを支えてもらいます。

どうしても慣れない私は、結局毎回若干左に傾いておりましたワイ。




久々のレースの高揚感を楽しみつつ、先導車がコースを回ってきたタイミングでレース開始。




号砲と同時に即ダッシュし先導車のツキイチキープに成功。
もうココは二度と離れねぇぞ。


後ろがどうなってるかチートモ分かりませんが、とにかく先導車のリアタイヤだけを見てチョーツキイチ。


そのまま2周目に凸入し、ついに最終コーナーへ。



そしてスタートラインで先導車がインに入るやいなや即フル加速開始!

ワシの今持つ全筋力を注ぎ込みます。




1・2コーナーを抜けて後ろをチラ見するとキッチリとマルコ君がツキイチ決めてるではあるマイカ!

コリャやべぇ…最後にマクられるパターンだコレ。


んがしかし残り200mしかないこの状況で前を譲ったトコロで、譲ったままゴールラインに着いちまうんじゃねーか…?



そう思いとにかく踏んで踏み倒す!




そして最終コーナー。



後ろをチラ見するとまだソコにマルコ君の姿が!




コリャオワタマジオワタ。



しかしオヂサンもただではやられんぞ。





ってーコトで脚は完全に乳酸でパンパンでしたが意地でケツ上げて最後のダンシング。










1524976969955.jpg








そのまま勝ちましたワイ。

サスガワシ。






このロードケイリン、というか全ての競技で各組の1位が表彰されますので何人も居る1位の一人ではありますが、兎にも角にも初勝利。

最初にゴールラインを通過するってのは気持ちイイですね。
コリャクセになるワイ。






と悦に浸っておりましたが、レース直後に「レースとしてはツマラン展開だったのう」だの「高校生相手に大人げねーな」だのオヂサン達に散々言われる始末。

多分負けてたらもっと言われてたんでしょうけども。


でもいいや勝ったから。


仙道君じゃないけど、勝つから楽しいんだぜ。






でも負けても楽しいバンク体験会。




体験レースはまだまだ続きます。











つづく。










【おまけ】

この「エンジョイバンクin名古屋」は、各組の1位は表彰され、副賞としてお米が貰えます。しかもコシヒカリ。

そのコトを早速画像と共に妻に送ったら「でかした」というありがたきお言葉をいただきました。
結婚してもうスグ20年になりますが、初めて褒められましたワイ。

欲しくも無い自転車グッズを景品にするよりも、このように家族が喜ぶ景品の方がいいんじゃないかな?米とか塩とか味噌とか。
そうすれば次回も快く自転車遊びに送り出してもらえる可能性が上がりますからね。



なーんて思いつつ帰宅後コメビツを見ると…



1合分も残ってまへんでした。




聞くと、ちょうどこの日米買おうと思ってたそうで、おかげで買いに行かずに済んだワイとのコト。

どうやらタイミングも味方してくれたようです。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした!

やっぱダイちゃんはスゲーぜ!
乗ってなくても勝つからね^ ^
大人気なくても勝ちに行く走りはワクワクします。
また遊んでくださいね(^-^)/

No title

1位おめでとうございます。
超スプリンター体質じゃないですか^^ 
この勢いで、TTバイクかピスト買っちゃいそうwww

No title

おめでとうございます!

いやあ,生で見たかった~。
トップでゴールする場面もですが,
「ンダ,こらァ」「やんのか,オラァ」という背中を!

> モトさん、お疲れ様でした!

勝ちに行くというかただただ必死だっただけですけどね笑
またヨロシクお願いします♪

> silverさん、ありがとうございます

私如きをスプリンター体質などとナニしてしまうと本職の方からクレームが出ますよw

TTバイクは確かに欲しいですが、実はそれよりもMTBの方が…\(^o^)/

> リキさん、ありがとうございます

必死に漕いでるダケだったハズなのに「オラオラ」と見えるってーのも問題ですね笑
次もトップでゴール出来るように少しずつ練習に精を出すようにします。

No title

おつかれさまでした 
5月8日本日の中日新聞スポーツ愛知に載ってますよ~
流石乗ってなくても載りますね~

ミニチームスプリント楽しましてもらいました
またお会いしたら宜しくおねがいします

> 超パイセン、こんばんわ

早速記事チェックしました♪
中日新聞は毎日見てますが、マサカ1週間後に載るとは思わずスルーしてましたので、ありがとうございます。

またイロイロ教えてください。
ヨロシクお願いします!

鍵コメ様

お気遣いありがとうございます。
ご心配いただいた件については全く問題ございませんよ。
またお会いした時にでもその理由はお話しします。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR