FC2ブログ

それでも強く生きていく

白馬岳を登った翌日。


兄と渋峠へ行こかというコトに。


DSC_0553.jpg





この日もKTMさんとご一緒するならば白馬周辺でもサイクリングしようかと思ってましたが、MTBを持ち込み周辺サイクリング&野山を駆けずり回った上に、更に岩岳でダウンヒルヒャッホイしたいという元気イッパイなKTMさんについていけるハズもなく。

尚、KTMさんはその日あえてログを残さないというイメージ戦略を敢行。
徹底してます。







しかしその日のワタクシ。

前日の白馬ダメージがデカ過ぎて筋肉痛で目が覚める始末。


階段を降りるのも一苦労…いや、チョー苦労。



ホントにマジでリアルにガチでドコにも行きたくなく一日中家で寝ていたかったんですが、このライドの為ダケにワザワザ長野までやってきた兄がソレを許すハズもなく。

むしろズタボロの私を見て行く気MAX。



両親も私を鉄人だか何だかと勘違いしてるようで、ソレでもどうせ兄をチギり倒してくるんだろ?くらいの感じ。

んなワケねーだろ。
白馬岳ナメたらイカンよ。





まぁでも行き先を白馬サイクリングから渋峠に変えたコトで私の気持ちは若干ラクに。

白馬サイクリングは120km2,500mくらいの予定だったので、クルマで約1時間の移動&その距離は多分シヌ。




しかし渋峠ならば実家から自走可。

私の記憶では片道30~35kmくらい。ほぼ登りっ放しですけど。でも激坂は無いし。
でも目指すは標高2,200m程度のトコなので、獲得標高はきっと1,500mくらいでしょ、と。

実家は市内の盆地とはいえソレなりの標高でしょってコトで。
実際は知らんけど。






しかしコレが大誤算。
距離も獲得標高も坂の斜度も。





35km程度ってのは一番近い道のコトで、今回はソコ走りまへん。往復約90km。
大した坂が無いってのはその一番近い道のコトで、今回は10~15%がバンバン続く激坂コース。
更に往路も復路も登り返しが結構なアレってコトで、獲得標高はマサカの2,200m。



全ては走り終えてから知ったんですけどね。
というか、走ったコトあるので知ってたハズなんですが、都合のイイことしか覚えてないようでワタクシ。









前置きはこの辺で、いざ出発の時。




定番のCW撮り…


DSC_0527.jpg



が、出来ない。



ウンコ座りは決して習性ではなく、脚の筋肉痛がヒド過ぎてCW座りが出来ないのですよ。
なのでウンコ座りも妙に浅い。
ソレほどのダメージ。





フレッシュそのものの兄は


DSC_0526.jpg


サクっとCW撮り完成。











…お気付きでしょうか?


兄のバイクが変わっているコトに。





当ブログの読者様ならばご存じかもしれませんが、兄はつい最近まではビアンキ・オルトレに乗っておりました。
ヴァカンカラーの。



しかしソレもそろそろアレだってコトで、今年の正月にバイクを注文したと聞いてはおりました確かに。




LOOK 785 HUEZを。




でも実際持ってきたバイクはピナレロGAN RS。





ナニがドウなってこうなった??







聞けばコレにはイロイロ紆余曲折がありましてね。
NGナシがモットーのワタクシですら書いてイイのかイカンのかワカランホドの。


ただ…GAN RSは来年無くなりますし、まだDOGMAというフラッグシップがピナレロには控えておりますのでね。

単なるDOGMA購入フラグにしか見えんのですよ私には。



んじゃ今回買わずにもうチョイゼニ貯めてDOGMA買えばいいじゃねーかと言うたんですが、もうニューバイク買う買う気分が収まらずとにかく買いてーんだ、と。





このGAN RS。

評判通りかなりレーシーなバイクだそうで、本人はかなり満足気。



クロスバイクから始まり、ロードバイクを2台乗り続け、あらゆるアイテム・グッズを集める程気に入っていたビアンキに対し「オレの5年間を返せ」とノタマワる程に。



一時XR4もどうしよっかな?と言うていた気がしますが、あの色はねぇな、と。
確か以前ホワイトさんも言うてた気がしますが、往年のチェレステファンに今のチェレステはお気に召さないようで。


でもツール見てると平坦ステージだろうが山岳ステージだろうがいつでもドコでもオルトレXR4だぞビアンキは。
他のメーカーは2種類ホドのバイクを用意してるのに。
しかも勝ってる。
ある意味DOGMAと一緒。

石畳は違うバイク使ったんでしたっけ?


兄:「他にイイバイク無いだけだろ」


なんちゅう手のひら返し…




まぁでも彼らクラスならばナニ乗っても勝てる気がしますけどね確かに。
重量規定もあるし最軽量バイク使ったトコロで意味ナシか。

でもCVは気になるから乗ってみたかったのにな。





にしてもピナレロ乗ってskyジャージ…

イヤな予感しかしねぇ…




尾張界隈では他のロードバイク乗りの会う機会があまりないので気になりませんが、関東で、特にイベントで走るとその多さに驚くのがTIME乗りの多さとDOGMA乗りの多さ。
皆さんおカネ持ちね。

しかもそのDOGMA乗りの多くはskyジャージ。

そしてその多くが金満体型でアレなナニ。



だからskyジャージだけは散々ヤメと言うたのに「コレ以外アリエネーだろ」と断固として着る始末。

オイ。
バッハジャージもCTRジャージもあるやろ。









チト話がズレましたね。



ズレ過ぎて長くなりましたので続きはまた次回。











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

兄ローディは何故?

 ダイさん、おはようございます。
 久々にご登場の兄上!!
ヒュエズれなかった顛末が知りたい!!
ですっ!!
 それにしても、渋峠までスグ近くって最高
の立地条件ですね。
 

そいじゃ〜次なる、我がバイクはDOGMAにskyジャージだな〜 レーシーが呼ぶぜw

Re: 兄ローディは何故?

> カンパチさん、

コトの顛末はまたお会いした時にでも
渋峠ダケはじゃなく周りは山だらけなので登るしかないのです(´・_・`)

> gottuさん、

タイムとラファのコンビ以上のアレは無いので、今のままで充分ですよ笑
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR