FC2ブログ

ある日森の中Ⅱ

とにかく暑いですね唐突ですが。
毎日が原則運動禁止DAY。

名古屋はついに観測史上初の40℃超えを記録しましたし、全国気温ランキングでも東海地方は常に多数ランクイン。


しかし名古屋ってートコロは夏は暑いし冬は寒いし飯はマズイし市民性クソだし住みたい街主要都市編最下位なホド魅力が無い街だしクルマの事故多いのが納得レベルのクソ運転者ばかりだしで、何でココで生まれたワケじゃないのにこんなトコ住んでんだ?ってレベルですよホント。
まぁでもイイトコもありますよ知らんけど。









というコトで避暑地に逃げた渋峠ライドのつづきです。

つづきというか前回は走り出してもいませんけどね。










200Wを超えると筋肉が悲鳴を上げるようなバッキバキの脚で走り出し、5kmも走ると始まるヒルクライム。

DSC_0528.jpg


ウチの実家から各方面に数km走るとスグにヒルクライムが始まりますちなみに。

しかも二之瀬とか雨沢とかのセッコい丘レベルのヒルクライムではなく、四方にソビエる2,000m級の山々。


この日目指す渋峠は2,170m。





単なる通過点の山田牧場でさえ20km超のヒルクライム。


DSC_0534.jpg




なので、何度も

DSC_0529.jpg


何度も

DSC_0531.jpg


何度も

DSC_0532.jpg



休憩しながら登りたいのは私の脚がナニなせい。



フレッシュな兄はトットと先に行くという、我らのライドでは割と珍しい図式。

DSC_0533.jpg






おかげで何年か振りに上で待たれて

1531722631808.jpg


1531722639357.jpg


苦悶の表情を撮られるという屈辱を味わいます。








ソコで思い出されるのがまだチャリを始めて間もない頃。


まだ巡航速度が25km/h程度で、スタート直後27~8km/hで走り出す私に「オメー中々やるじゃねーかムリすんなよ」などと声を掛けられてたあの頃。

走行距離100kmがとてつもない距離に感じてた頃。




80kmホド走ったトコロで兄が私を抜き去り逃げを打ちましたが、

コッチは28km/hも出してるのに全然縮まらないドコロか、逆にドンドン離されてくぜ!
アレは間違いなく30km/h以上出てるぜアイツ半端ねえ!

などとノタマワり、


そしてゴール地点で爽やか且つ満足気な顔で私を眺めていたあの頃を思い出します。



ココ最近はアゲるとキレられるコトが多かったので、チギられて待たれるってのも新鮮というか懐かしいというか。











山田牧場には自家製チーズがフレコミのお店があり、景色プラセボと相まって非常に美味しいピッツァや焼チーズカレーが食べれるんですが、


DSC_0537.jpg



この日は昼に帰れると勘違いしてたので


DSC_0535.jpg


ソフトクリームのみ。
水もガブ飲み。


兄はブルーベリー乗せですが、手前の私のはチーズかけです。
Mr.チーズ好きの私にはタマラン一品。








軽く休憩していると、スマホに防災情報が。

どうせまた気温上昇したから運動禁止やで気をつけるやで的なアレだろと思って見てみると…







ん??



熊目撃情報…だと?





しかも目撃されたのは戸隠植物園。






実は今回、戸隠蕎麦食いライドの案も出ていたんですが…

熊見れなくてチョイ残念。





尚この戸隠植物園、以前家族で戸隠奥社へ行った時に通ったんですが、確かに熊目撃情報の看板が立ってました。
ソコで私が森のくまさんを歌ったら次女がホンキでキレましてね。

イイ想い出です。








というコトで軽く熊にビビりながら、この後は笠岳を経由して渋峠へ向かいます。


DSC_0539.jpg


信州の山はドコでも熊出ますんでね。





ココからは初めて走る道なので勾配や距離もチートモ分かりませんでしたが、激坂も無く割とラクチンコース。

上から女性ライダーが一人で降りてきたのにはクリビツしましたけど。
熊出るやで。






笠岳山頂付近からは前日KTMさんにシバかれた白馬…というか北アルプスが望めます。

DSC_0544.jpg


遥か奥に霞んで見えるソレです。




景色に興味が無い兄は、何でも無い方向に立って撮らせる始末。

DSC_0542.jpg


しかもナニも言わずに立ってるから、気付いてやらんとイカンというメンドクサさ。





ちなみにこの笠岳、山頂付近までクルマで行けて、丘レベルの登山をすれば山頂に行ける感じでしたので今度行ってみようかなと思ってみたりみなかったり。






笠岳を過ぎると一旦下るんですが、ソコからの登り返しが地獄でした。



DSC_0547.jpg




テキトーな記憶で、登り返しは2~3kmだろと思ってヘコヘコ登っていましたが、ホドなくして見えた看板の標高表示は1,700m。

目的地の渋峠の標高は2,170m。




アレ…?

まだ500m近く登るんか…



改めて距離を調べてみると8km超。





8km500mて…




ソコいらのヒルクライム1本分というか、二之瀬なんかより全然長ぇーじゃねーか

しかも暑い灼熱直射日光モロ。
風もほぼナシ。





途中で休憩したり水かけたりしつつ、何とか辿り着いた横手ドライブイン。

DSC_0548.jpg


コーラ買ってしばらく休憩。



まぁでもココまで来れば渋峠はもうスグですし、ソレを過ぎればもう下るダケのハズ。




私がヘボ過ぎて昼に帰る予定がこの時点で既に昼過ぎでしたので、とりあえず家に電話ダケ入れて再出発。




何の用も無い渋峠ホテルは華麗にスルーして、ようやく目的地へ到着。

DSC_0550.jpg


DSC_0554.jpg



ココからは万座温泉を抜けて帰るのみ。




DSC_0555.jpg





白根山の噴火に伴い、草津方面は通行止。

DSC_0557.jpg

開通してても行かんけどね。
以前行きましたが、ソコからの帰りが過酷過ぎる。





ココから万座温泉まで下って思い出すのが、ソコから始まる登り返し。


コレが地味に…いや、派手にキツい。
もう下るダケだと思った心に超絶効きます。
脚は始まる前から終わってますし。




そしてようやく登りが終わったと思ったら、ソコからは激坂ダウンヒル。

そういえばコッチのコースは10~15%の登りが延々と続くコースだったワイ。





腕も段々痛くなるってコトでサスガに休憩を入れつつ降りて行きますが、下界が近付くと一気に上がる気温。



疲れと空腹と暑さで完全にヤラれつつ、残り数百mで兄が「やっと着いたな」という言葉に、まだ油断すんな!と自分に言い聞かせるように返しつつ、予定よりも3時間ホド遅れての帰宅。




軽くフラついていたのは、多分軽い熱中症だったかな?
風呂で水浴びたら一気に生き返りましたからね。









盆休みもガッチリ走る予定ですが、きっとこの時よりは暑さがマシになってるだろうというコトで。
根拠は無いですけどね。

まぁでも渋峠より標高高いトコ目指しますしトリプルボトル体制で臨みますし。









皆さんも暑さには充分ご注意ください。

あとクマにも。









ゲリラ豪雨にもね。


DSC_0558.jpg
















にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

「岳」だらけ

 ダイさん、おはようございます。
 信州は、そこらじゅうに○○岳という山が
連なっていてスゴイですね。
こちらは、御在所近辺にチラホラあるだけで
殆ど「山」しかついてないです。

Re: 「岳」だらけ

> カンパチさん、

ソレが走るとキツくてタマランのですよね…(´・_・`)
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR