フジヤマライド~FFR編~【回顧録】

昨日から雨が降ってますが、今週は晴れたり曇ったりな予報です。
日曜日は何とか走れそうな天気なんですが…

天気が悪くて寒くなって間が空くと危険ですね。
正月にイベント出ることになっちゃったので何とか気持ちを切らさずに年内を乗りきらないと…




本題です。




今年の4月のお話です。

昨年はタイフーンで中止になった「富士チャレンジ」に参加する予定ですが、見たことも走ったこともありません。
昨年の9月にオル兄は走ったようですが、その時と同じイベントが4月にも開催されるというコトで行ってきました。

「FUJI FREE RIDE」です。

朝7時~9時の2時間、富士スピードウェイを開放し自転車で走り放題という企画。
定員もなく1週間前まで受付けてくれるので、天気予報などと相談しながらギリギリまで考える時間をくれるという素晴らしい企画です。

ただ走るだけですのでタイム計測もありませんし(9月?に開催された時は計測してくれたようです)、コース脇に止まって写真取り放題です。

そして今中先生もやってきて運が良ければ一緒に走れちゃうという…
(私は残念ながらコース上ではお会い出来ませんでした)

しかし富士に朝7時…少し余裕を見て6時半前には着きたいトコロです。

ということで、P氏(仮名)を誘い朝3時半に出発し一路富士へ向かいます。

運転は当然往復を私。クルマを出すのも私。無論無償。ジュースもナシ。
ま、別に一人でも行く予定だったのでいいんですけどね。

途中、たわいもない話をしながら向かいますが、しばらくするとP氏(仮名)が無言になります。
しばらくして、

「ダイズ君、眠くないかい?」

お?珍しく体調を気遣う言葉。

別に眠くもなかったのでそう答えると、

「そうか…、オレダメダzzz」

アンタが眠かったんかい\(^o^)/

ま、別に一人でも行く予定だったのでいいんですけどね。


そしてやってきました。

IMG00819.jpg

ココで重大なことに気付きます。

参加証ワスレタ\(^o^)/

ぬうううう…マズイ…
ココまで来て入れないとか最悪だ…

まだ早朝にも関わらず妻に連絡します。

参加証の写メくれ!

(半キレで)即送ってくれた妻に感謝です。


そして入口ゲートで伝えました。

参加証忘れました…でも写メあ…

「どうぞ~」

へ?

同乗していたP氏(仮名)が参加証出したからか、私の分は確認もせずスルー。
コレ…もし一人だけおカネ払ってて1台に4人乗ってたりしても通しちゃうのかな?

となると…
なんてワルイコト考えたらダメですよ!


こうして無事に中に入るコトが出来、オル兄とも合流出来ました。
(轟竜が合流…なんちゃって。←コレ分かる方いたら是非コメント下さい\(^o^)/)

するとオル兄が奥さんを連れてきてます。
ラヴラヴだなオイ♪と思ったら違いました。
この後行くトコロの近くに行きたい温泉があるから便乗してきたとか。


準備を整え早速コースへ出ます。

イベントとはいってもただ開放したコースを走るだけなので、集合も号砲もありません。

あ、でもコレはありました。

DSC_0729.jpg

今中先生のレッスンです。

生今中先生はセクシーですね。抱かれても…いや、チョットだけ考えさせてください。


私とオル兄は秋に参加予定の「富士チャレンジ」の下見です。
P氏(仮名)は…特に目的はないようです。

天気も良く気持ちいいです。
コース幅も広いですね。

IMG00822.jpg


去年走ったオル兄からは、当時「鈴鹿と比べるとまるでヒルクライムだぞ」と言われてましたが…
んな大袈裟な、と思ってましたが…

大体合ってました\(^o^)/

鈴鹿は、確かにホームストレート~シケイン前までがかなりキツイですが、全体で見るとアップダウンがあるコースです。
しかし富士は一気に下って一気に登る、という感じです。

我々が参加予定なのは富士チャレ100。
この坂を22回登るのか…

とりあえず1~2周走ったトコロで写真を撮ります。

運営の方もコース脇にいらっしゃるので、写真を撮ってくれます。

まずは全員で。

IMG00827.jpg

コースから富士山が見えるってサイコーですね。

そして一人一人撮ろうとすると、運営の方が
「皆さん、バイク持ち上げてますよ」

なぬ?

IMG00823.jpg

ちゃっかり乗せられちゃってるオル兄。

IMG00824.jpg

え?私ですか?
乗せられたとかそういうんじゃないですね。
このFFR参加を決めてから予定してたポーズですから(キリ

ちなみにP氏(仮名)のみコレをやってません。
さては気取ってるな?

写真も撮り、脚も温まり、残り時間が数十分となった頃オル兄が言い出しました。

「勝負しない?」

言うと思った\(^o^)/

あまり長い距離を争っても探り合いになるだけなので、とりあえず3周勝負に。


コントロールラインを越えたら勝負スタートです。

とりあえず私が前を牽きますが、予想通り誰も前に出ようとしません。
私も決してチカラを出しません。

ホームストレートで風の抵抗を浴びせてやろうと右へ左へズレますが、二人とも姑息にもツキイチをキープし続けます。

3周でも長かったかな?何て思ってるとオル兄が突如アタックを仕掛けます。
追いつけない距離まで離すとヤツは更に加速して諦めさせようとするので、仕方なく追います。

そして最後の登り…

私はココでオル兄が仕掛けるかと思ってましたが、前の周回より少し速いかな?という程度。
しかしココでP氏(仮名)は脱落。
そうです。彼は私以上に登りがキライなんですね。

富士のホームストレートは長い…
オル兄は最後の最後まで脚を残すつもりだったのでしょう。

私はオル兄の後ろにピッタリとつけ、ヤツがいつ発射してもいいように気持ちと体勢を整えてました。

すると!

ホームストレートに差し掛かった途端、オル兄が加速します!

ぐううううう!
ツキイチだから何とかついていけるがキツイ!
やはりスプリント力はオル兄が上か!?

しかし後ろにいてチギられるワケがイカン!
意地のみで喰らい付きます。

するとオル兄が減速!
チャンス!
この瞬間に出るしかない!

ぬうおおおおおおおお!!!

アレ?
コントロールラインが遠い…
近くに見えるけど遠い…
コレはヤバい…脚がもたん…

オル兄はどうだ?
クルッ!

いやがった\(^o^)/

ラスト20m程で差し返されそのままオル兄が先頭でゴール!

負けた…
そういやオル兄は昔から短距離が速いヤツだったな…
いや、自分の鍛え方が足らんのだ!


そのままクールダウンしてると、しばらくしてP氏(仮名)が追いついてきました。

「どっちが勝ったの~?」

登りでチギれてから追いかけることすらしなかったP氏(仮名)。
我関せずと言わんばかりの傍観者っぷり。

我ら兄弟がアホみたいじゃない\(^o^)/


結局富士スピードウェイを2時間で10周走りましたが、この倍以上走るのか…しかも残暑厳しい9月初旬に。
コレは心して挑まねばなるまいと心に誓った私とオル兄でした。


この後はジャージ姿そのままでクルマに乗り込み次の場所へ移動します。
ワザワザ富士まで来て2時間で帰るワケにはいきませんからね。

途中富士五湖のどれか(テキトー)と富士山を見ながらの移動です。

IMG00828.jpg

う~ん、やっぱりニッポンイチの山ですね~。


途中補給を済ませて、オル兄は奥さんを温泉に送り届けて、駐車場に到着すると…

IMG00829.jpg

着替えてやがる\(^o^)/

なんというお洒落さんだ。


サッサと準備を済ませ次に向かった場所は…

IMG00830.jpg

天へ登ると見せかけた
地獄の入口でした\(^o^)/




富士ヒル(セルフイベント)編へつづく。




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>もし一人だけおカネ払ってて1台に4人乗ってたりしても通しちゃうのかな?



なんて悪いお人・・・・次回は誘ってくださいね( ・`ω・´)キリッ

自転車担ぎ上げたダイズさんが…(;゜0゜)
あんなに姿勢の良いポーズ、なかなか見られませんw

サーキットだけどレースではないイベントがあるんですね(^o^)最終的にはレースになってましたが(笑)

この後着替えずにヒルクライムとは…。漢臭全開ですね\(^o^)/


たかじんさん、こんばんわ


ご一緒したとして、最悪誰かが外で2時間待ちぼうけの可能性も充分にあり得ますけどw
それでもあの辺りなら走るトコロに困らなそうなので、今度試してみますか~\(^o^)/

きーぼーさん、こんばんわ


ん?ただテンションMAXで持ち上げただけですけど、何か変ですかね?w
続編書こうとして写真整理してたら、ココだけじゃなかったのがお恥ずかしいです。

Libさん、こんばんわ


私とP氏(仮名)は二人とも発生源なので仕方ないとして、オル兄の奥さんが漢臭直撃だったことを考えるとチト酷ですね\(^o^)/
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター