FC2ブログ

出逢いと敗北のもてぎエンデューロ

ロードレースは心理戦。

互いの走力を知っている兄弟であれば尚更。
互いの性格も知ってるハズだが、ソレを乗り越えた者が勝つ。









戦いは前日から始まってました。

いや…夏あたりからか?






今年の夏。

登山にハマるわ暑いわでチートモ自転車に乗って無かった私は、盆の帰省ライドで全ての登りで兄にチギられる始末。
ココ最近では記憶に無いホドにチギられました。

圧倒的乗り込み不足の私に対しニューバイクを携え富士チャレに燃えていた兄との差は大きかったやうだ。



そして決戦の富士チャレ。


前日の天気予報時点で全くヤル気が無かった私に対し、小雨程度なら走る気マンマンだったホドに仕上がっていた(であろう)兄。



結局DNSとなり勝負は持ち越しとなりましたが、ココからが勝負の分かれ目。




このままじゃイカンぞイカンと思った私は自転車に乗り始め、富士チャレで(レース出てないのに)燃え尽きた兄。




翌月の出張ライドでは夏の仕返しとばかりに刈場坂峠で私の圧倒的勝利。

この時兄は夏からの大増量&乗り込み不足により相当なヘナチョコに仕上げっておりました。




そして今回のもてぎエンデューロ。




参加を促してきたのは兄ですが、どうやらレースにエントリーするコトで自身を奮い立たせて増量と乗り込み不足を解消する算段だった様子。


しかしその目論見は泡と消え、結局ナニも変わらずに前日を迎えるコトに。







すると…





「エントリー代払うから行くのやめねぇか?」







は?

ナニ言うとるキサマ。







「いやだってよ…」






ウルセー行くぞとにかく行くぞココまで来て尻尾巻いて帰るワケにはイカン。








当日の朝。




コタツに入りながら





「今日…どうする?」







ウルセーどうするもこうするもねぇサッサと行くぞ。







そんな会話をしつつ兄のクッソ重い腰を担ぎ上げ、何とか(ほぼ)予定通りに出発。


んがしかし高速が事故渋滞。大渋滞。

2時間で到着する予定でしたが、3時間かかる始末。




途中の道の駅で昼食を食べようかと思いましたが、ココも渋滞で食べるヒマ無し。

仕方なくチョー色褪せた看板の711で弁当買って食べるコトに。

DSC_1230.jpg

数日後には閉店だそうで、色褪せ看板にも納得。





レース前にアップして仕上げようと路さんから借りてるローラーまで持ち込んだのに、


DSC_1232.jpg


駐車場は遠いし時間ギリギリだしで結局ノーアップ。

駐車場から会場までの2kmくらいを2往復した程度。




この時点でもう既にヤル気ナシ。

走らずに帰るという選択はありませんでしたが、モリモリのレースモードにはなり切れず。





とりあえずバイクだけ並べたらアラシロトークショー。

DSC_1233.jpg



途中から聞いたのでナニ言ってるか全然分からず結局数分で立ち去り、

DSC_1234.jpg

コースチェック。



既に4時間の部は終了しており、コース上は7時間の選手のみ。




2時間の部はピットからスタートするのかな?と思ってたら、

DSC_1235.jpg




まさかのホームストレートスタート。

DSC_1236.jpg


半分閉鎖して並びます。




スタート位置は前方ぽいトコロ。

後ろの方が人数多かったからね多分そう。




ちなみに私の数台後ろにバイク並べてたハズの兄は、

DSC_1237.jpg

気付くと前に。

プロ並び師かオメーは。








午後からなら暖かいかな?と思ってましたが、北関東?南東北?の気候をナメたらイカンですね。

寒い。
レース中も、寒い。




レース開始時間も近づきますが、レースモードで無い為緊張感は弱め。

とにかくサーキット走行を安全に楽しもう作戦。


ついて行けるウチは先頭集団に乗りますけどね。






というコトでレーススタート。







最初はローリングスタートですが、ホームストレート後のS字の下りが終わり、このコース唯一に登りに入ったトコロでレース開始(だったハズ)


前方にマトやらナスやらブリやら居るハズなので強烈なふるい落としが始まるかな?と思いましたが、ワリとヌルめのペースで走り続けます。



すると集団内がワリとカオスでコワいコワい。



危ないので前に出ようかとも思いましたが、50台ホドに及ぶ集団の最後尾から前に出るのも大変だってコトで、どうしようか悩みつつ後方で待機。



尚、兄は2周目に入ったトコロで姿を消しました。

まぁ想定内。
ヤル気無かったですからね。
多分この後はダイエット走的に走るダケと判断。






すると4周目に入った時に、ホームストレート後のS字下りで落車が発生。

転んだのは二人で済んだようですが、そのウチのお1人がキレッキレで叫びながらチョー怒ってます。




この落車で集団は遥か前へ。

ココの登りはそんなにキツくないので登りで一気に詰めようかと思いましたが、集団に戻ってもコワいのでヤメ。



その後の下りで踏めば追い付けるかなヤッパリ?とも思いましたが、集団に戻っても(ry




というコトで今回のもてぎはココでオシマイかな。




そう思った矢先に後ろからイイ感じのトレインが上がって来たので便乗開始。

チト下りが遅すぎるトレインでしたのでチョイチョイ前に出たり。
主にオールスポーツ対策。買わんけど。




ホドなくして7時間組と合併して集団が大きくなりましたが、すると今度はやたら斜行したりする人が居てコワいので離脱。

とにかく安全安心がモットー。




この辺りで完全にヤル気が無くなってしまい、ダイエット走に勤しんでるであろう兄を見つけたらもうレース止めるか一緒にサイクリングでもいいかなと思い始めます。


しかし全然見つからない。

2周目でいなくなってL2で走ってるハズなのに全然居ない。



まさか…もうレース止めてピットか?

いや、ピットに居る意味無いからクルマか?



そう考えてるウチにオシッコしたくなっちゃったので、登りのトコにあるピットトイレへGO。躊躇なくGO。



で、一応スマホチェック。

しかしとりあえず連絡はナシ。



ウーン…ドコ走ってんだ?





ココから再びコースインしてからは、完全に単独走を楽しみます。

誰かのツキイチにも入らず、誰かが入っても一切気にせず交代要求もしない。




するとコース上でアラシロに遭遇。

4人くらいでトレイン組んで走ってます参加者と。



確か抽選でアラシロと走れる的な特典があったので、その抽選から漏れた私が勝手にそのトレインに乗ってイイのかどうか分からず、斜め後ろから風モロ浴びしつつアラシロをチェック。

さすがヨーロッパナイズされた男、香水のオイニー振り撒いてました。



しばらくしてツキイチしてた3人がピットに入って行き、アラシロが単独に。


よっしゃコリャナンパチャンスやで!



そう思って近づこうとした途端、ケツ上げて一気に加速するアラシロ。




どうする追いかけるか?

先日の埼玉クリテでアラシロのアタッコを何度も潰したGやバルベルデの如く、追いかけるか?






当然私はGでもバルベルデでもないので、結局ただただ見送るのみ。

はえーよアラシロ。




でもホームストレートだけでもホンキで踏んでみればよかったと後悔しております今となっては。

到底追い付けるハズもありませんが、世界のトッププロをウソでも追いかけるシーンなど、この先の自転車人生で多分無い。
ホント、勿体なかった…

残り時間を走り切るコトを考えて脚を残すよりも、ココで使い切った方が絶対に楽しかったハズ。
ホンキで後悔してます。







そんなこんなで残り20分くらい。

先頭交代要求しないからって全く前に出る気が無いヤツらに少しイジワルしようと、コーナーの立ち上がりでガチ踏みコイて千切るを数回繰り返し。



そんな感じで遊んでいると残り2周くらいのトコで先頭集団が到来。



せっかくだから乗ろうかなと思いましたが、レースも後半でかなり活性化されてるのでコワくなってスグ離脱。


結果コレが大正解で、この後10台近くが絡む落車が発生してました。
しかも結構スピードが乗る区間で。




最終周は登りでイイ感じの人が上がって来たので、最後くらいがアゲようとツキイチ開始。

この人ともう一人くらいで最後はスプリントごっこかな?なんて思ってたら、気付くと30人くらいの大集団。

オイオメーらいつから居たんだ?ってくらい。




皆さんガンガン前に出たがって斜行はするわ(落車は免れたモノの)接触しまくるわで、危険なオイニーがしてその集団から離脱。

左側が空いていたので、ソコからコソコソ上げさせていただきつつゴール。





着順関係ない集団に巻き込まれて落車とかホント勘弁ですからね。
しかもワザワザ栃木まで来て。





ゴール後、兄と再開して周回数を聞いたら私よりも2~3周少ない様子。

ホント、ドコに居たんだ?

でもまぁL2走行のワリにはソコソコ頑張ってたようだの。






ホドなくしてリザルトをチェックすると…









オレ負けてるじゃねーか。



1分差くらいで。







聞けば、2周目で離脱した後アップを兼ねてボチボチ周回してると先頭集団に遭遇。

するとその先頭集団が思いの外ヌルいのでついついしばらく乗っちまった、と。



サスガに最後までついて行くコトは出来なかったようですが、少し休憩したトコロでまたやって来たので再び乗ってた、と。



リザルト見てると結構イイペースで走ってましたワイ。


ただソレでも私がトイレ休憩するまでは私が3分くらい前を走っていたようですが、そのトイレ休憩で見事に順位が入れ替わり。

結局ソレが原因で負けてしまいました。




「便所行くとかワキ甘過ぎだろ笑笑」





まさにその通り。

前日からのブラフに騙されて呑気にトイレタイム取ってたのが敗因。
普通に走ってれば勝ってましたワイ。

トイレ後のラップタイムも勝ってましたからね。

ソレ以前にサーキットまで来てL2で走るワケないっつーの普通に考えれば。





やはり心理戦は長兄に一日の長アリ、か。





というトコロで反省だらけのもてぎエンデューロはオシマイ。

悔しいので多分来年も出ます交通費タダだしコースは鈴鹿に比べたらチョーラクだし。



そして圧勝する。










そしてレース後。




DSC_1238.jpg





全国に数千人の隊員を抱えるというウワサのVIVA☆ZAPPEI副隊長、emilleさんとお会いしました。

当然お会いするのは初めまして。
コメントやらSTRAVAやらでナニさせてはいただいておりましたが。

レース中に数えきれないホドのテバナ飛ばした手を洗いもせず握手しちゃってサーセンした。




私がもてぎに参加するコトを冴えわたるシックスセンスで探り当て、無個性極まりないバイクを跨る私を発見いただきました。


DSC_1239.jpg


ありがとうございます♪



副隊長とのコンタクトに成功したコトで、ドコかの路上でZAPPEIとCRAZYが交わる日は近い!

乞うご期待!









この後、一緒に表彰式の後にある抽選会と楽しもうとクルマへ着替えに戻ったトコロで、副隊長から連絡が。



「ワイ、寒いので帰る」

↑盛ってます




あら残念。

んじゃ代わりにワタクシが特賞いただいて帰りますわよ。


DSC_1242.jpg



んが。

チョー寒いマジ寒い。


コリャ風邪ひくやでってコトで我々も即退散。








この日は兄の家に泊まって、翌朝早朝に首都高バトルを繰り広げながら名古屋へと帰りますが、冬の東名高速(早朝)はイイ景色に溢れております。



まずは足柄SA。


トイレ休憩しようと思ったら、ソコにいる人の多くがスマホで写真撮ってます。



その先を見ると…



DSC_1243.jpg


ホゥ…




すかさず一眼出して2~3枚撮っておきましたワイ写真家として。


IMG_0142.jpg


カメラ持って来てて正解。





そして由比PA。


ココからは海の向こうにフジヤマが見えます。


DSC_1248.jpg




ついでに朝日も。

DSC_1247.jpg





赤富士撮りたいなぁ…

秋から冬の朝に撮れるんだっけか?

今度行くかBONさん誘って。










そんな感じでもてぎ絡みの一週間が幕を閉じました。


翌週は出張&レースでサスガに疲労が残りまくりでした。
もう若くないってコトですね。







…にしても今回の負けは悔し過ぎるワイ。

脚じゃなくてワキで負けたってのが特に。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






ちなみに。

今回のもてぎでの先頭集団落車。
最終周一歩手前くらいのね。

落車した人を介護する人の中にマトの選手が居ましたが、一緒にコケたのか単に介護してるのか分かりませんが、そもそもマト・茄子・鰤が数人集団に居たなら、もっと早い段階で集団を縦に伸ばすとかふるい落とすとかして人数減らせばいいのに…と思うんですが、どうでしょう?

日々鉄火場のようなロードレースを繰り広げてる人達ならまだしも、私や兄レベルでもついて行けちゃうような集団て、きっと大したレース経験が無い人も中には混じってると思うんですよね。

そんな人が交じった大集団が活性化したら落車しない方が奇跡じゃないかなと。


以前出たモリコロではマトと愛三によって10人以下まで絞られましたよ。
ワシ、15人までは残ってたのでソコから更に上げられてチギれましたから(恨

でもソレくらいしないとホント危ないと思います我々ド素人集団が固まって走るのって。
いや中には実業団選手もいるんでしょうけど、そうじゃない人もいますからね。


運営さんやJプロゲストチームにはソコんトコお考えいただけるとありがたいですね。
Jプロライダーが7~8人居れば大体のコトは出来るでしょうに。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

先日はありがとうございました☆
わたくしごときがダイズさんのブログに登場させていただいて感無量ですワイ( 〃▽〃)
実はですねぇ・・・岐阜にもZAPPEIがいるのですよ!
STRAVAでダイズさんと同じレースに出てた時もありましたのよ!!!
きっとどこかで会ってるはず☆
そして、あのもてぎで寒さに耐えられずリザルト見ずに帰った結果!従姉妹が入賞してたっていう・・・
ドジですねぇ(笑)
因みに…栃木は…いや…むしろ埼玉も…南東北です。
マジ寒い(。>д<)

> emilleさん、先日はありがとうございました♪

従姉妹さん、せっかくの入賞なのに表彰式勿体なかったですね(´・_・`)
でも寒過ぎです南東北w

ソチラへの出張は年4回行くので、また機会がありましたら今度はゆっくりお会いしましょう。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR