FC2ブログ

明日から頑張る

もてぎやモリコロが終わって気が抜けちまったマンの集まりは12月最初の土曜日。


DSC_1294.jpg



「メーランクイクイライドなんざクズの所業」



そう言い放ち完全別行動宣言のsyuさんの言葉を意にも介さず集まったヘナチョコ部の面々は、


DSC_1296.jpg


寝坊ブッこいて遅刻した常習者M谷さんと、





クルマのクセに準備の時間も考慮せずギリギリの時間にやって来た上に、

DSC_1297.jpg

バイクを積み忘れて家に一旦帰ったせいで結局一番最後にやって来て、しかも何故かソレが嬉しそうな空気読めないマンOGさん





まぁ確かにこの日は練習という気は一切ナシでメーランクイクイしようと言うたのはワシだけども、気ぃ抜き過ぎ。
なんてダメな大人達なんだろう。





個人的には四日市に美味しい坦々麺のお店があるという情報を1年くらい前から仕入れていたので、二之瀬越えてサクっとソレ食べに行きたかったんですが、


「マイウーな醤油ラーメンが食べたい醤油がいい醤油以外食べたくない」



M谷さんの強いリクエストにより、私が知る自転車で行ける醤油ラーメンの美味しいお店に行くコトに。





目的地は可児市ですが、ただ真っすぐ向かってもホンキでツマランので、長良川沿いを北上し


DSC_1298.jpg


墨俣一夜城を眺めたり、






鵜飼のアレを見たりしながら、


DSC_1302.jpg




金華山へ。


DSC_1300.jpg




この金華山、私がロードバイクを始めて最初に登った超級山岳なのです。

自宅から自走でただただ金華山登って帰るという、今思えばホントにワケのワカランライド。




当時の私は6%程度の登りでインナーローに突っ込むホドのド貧脚。

その私が臨む金華山というのが、リアルガチ超級山岳でしてね。


2kmにも満たない登りで2回も足着きしたコトを明確に覚えております。
その時、二度とココには来ねえと心に誓いましたからね。


しかも展望台でタップリ休憩しつつ写真を撮っていたら、GIOSに乗った人が一切の休憩をせずに結構なイキオイでそのまま走り去ったのを見て、自分の弱さに絶望的になったコトも鮮明に覚えております。




そして5~6年振りに臨む金華山。


OGさんに案内されるままにクライム開始。




入口付近はイメージ通りの急勾配。

そうそうコレコレ。


しかしその先は、相変わらずアウター縛りの我々にとっても大した斜度ではない。

アレ…?
ワシはこんな坂で2回も足着いたんか?
そんなにヘナチョコだったんか?

ウーンでもナニか違う…



そんな違和感と共にサクッと登頂。

DSC_1304.jpg



そして想い出の展望台へ。

DSC_1306.jpg




実は当ブログのプロフ写真は、当時ココで撮ったモノなのです。
入れ替えがメンドクサイのでブログ開設以来ずーっと使ってました。


んが、せっかくココに来たので再撮影。
いわゆる著者近影というヤツですね。

DSC_1310.jpg

なので今回更新しました。
正確には前回の記事書いた時にそのついでに。

フェイスブックも同じ画像を使ってましたのでソチラも更新しようかと思いましたが、今FBは完全ROM専ですしアレはもうオワコンなので放置。

ま、どうでもいいですね。
ジコマンです。






展望台で用事を済ませたら、まだまだ見応え充分な紅葉を堪能しつつ、


DSC_1317.jpg


反対側へ下山。



するとココで記憶がピッタリハマります。


ワシが2回足着きしたのはコッチ側(岩戸公園側)じゃないの。


DSC_1319.jpg



というコトで成長を確認すべくコチラからも登り直し。


結局アウターでサクっと登れましたけどね。



当時34-27Tで2回足着いた私が、今は54-21Tで余裕というこの成長感。
言い過ぎました決して余裕ではない。

成長を味わいたい方は、ロードバイク始めた頃に苦い思いをしたトコに是非行ってましょう。




寄り道を済ませたらヨク分からん道を紡いで、その道中に(恐らくは金津園帰りの)デリちゃんに目撃されるというセクハラ事案が発生しつつ、

DSC_1320.jpg


国宝犬山城を対岸からチラ見しつつ、




目的地の大石家さんへ。

DSC_1321.jpg




お昼時に着いちゃったので待ち時間あるかな?と覚悟してましたが、サクっと着座し

DSC_1322.jpg

大盛りをば。



M谷さんはチャーシューメン大盛りにライスまで付ける漢ップリ。





その後、外の駐車場で出発準備をしていると馴れ馴れしいクソジジイ人懐っこいご老人が話しかけてきます。

FOOTMAXのニットシューズカバーが珍しいのか、「ソレはどうなってんだ?」とか、「ドコから来たんだ?」とか「タイヤ細いね」とか、ホンキでウザいマジウザい。

名古屋から来たと答えた後に、「ナニ区?」と聞かれたトコロで、さすがのダイちゃんもチョイキレ。

オメーは探偵か?

そうお答え差し上げたトコロでようやく退散いただけました。



知らん人によくソコまで話掛けれるな。
信じられん。
自転車乗り同士の挨拶にすら嫌悪感を抱く派の私には理解不能です。



クソジジイのせいで軽く気分を害しましたが、満腹となった腹を抱えて帰路へ。



木曽川CRをボチボチ走っていると、どうにもこうにも甘いモノが食べたくて仕方ない。

しかしCRに入っちゃったしソレ以前のこの辺りのカントリーには甘いモン出すお店無さそうだしで、グダグダ走ってるウチに

DSC_1323.jpg

138タワーに到着。

初めて来ましたココ。
来たトコロで、ですけど。


スマホ先生に聞くと近くにマクドがあるようなので、

DSC_1325.jpg

三角チョコパイとシェイク&珈琲。


ココでOGさんはナニやら3つ4つ頼んで爆食い。

最近プチボケが懸念されてるOGさん(←おじいさんと読みます)。
さっき昼飯たらふく食うたのを忘れてますね恐らく。
故に爆食い。

この日、道知ってる言うから何度か道案内任せたら結局迷ってたし。






自走で来たM谷さんはココから帰った方が早いってコトでココでお別れ。

私とOGさんはスタート地点のクレール平田へ。




着いた頃にはスッカリ夕方。


DSC_1326.jpg


結局最後まで一切アゲるコトの無かったこの日のライド、

脚は全然OKですが逆に疲れましたワイ。


にしても、何故ラーメン食べるダケだったハズなのに130kmも走らにゃならんのか…
しかも自宅から行った方が近かった。




ちなみに、


「昼過ぎには帰るやで」


妻にそう言うてた手前若干気兼ねしつつ帰宅しましたが、結局家に帰っても誰も居ないという素晴らしき家族。
多分私に気兼ねさせないように外出していたのでしょう。

コレが空気を読むというコト。そして大人というモノ。
特におじいさん、是非とも学ぶように。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

えー、ノーキンでおじーさんとかサイアクじゃないですかー。

………………ハテ?ダレの事じゃろ?(´・ω・`)

> おじいさん、

アナタはもうノーキンとは認められません先日のライドの様子から( ´Д`)y━・~~
故にただのジジイです。
春までに脳筋復活してください。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR