FC2ブログ

2018年ラストチャリ活ヴェロフェスタ

タイトル通り、今年最後のチャリ活となったヴェロフェスタのお話しです。
コレ以降実走もナシなので文字通り今年最後のチャリ活。

ちなみにペロフェスタではありません。
ペロさん祭ってどうすんの?って感じですよね。







ツール・ド・モリコロと違って通常の開園時間でのレースなので朝はゆっくり。



ですが。


DSC_1392.jpg

1℃。
イチドです。

さすが12月も中旬になると寒い。
確かこの日くらいから冷え込んだんじゃなかったかな?ソレまで暖かったのに。


クルマの窓も凍る寒さ。

DSC_1393.jpg




でも天気はイイし風は無いしでコンディションは良さそう。

DSC_1394.jpg

天気のコンディションは、ですけど。



私はと申しますと、ココまでの1週間ワリとホンキで回復や調整に勤しんだのにも関わらず、どうにもこうにも脚のダメージが抜けきっておりません。
芯がまだ痛い感じ。

どうやら忘走会で弾け過ぎたようです。
脚、完全にズンドコ。





この日一緒に走るメンバー。

DSC_1395.jpg

ツカさん・チエさん・M谷さん
CTR脳筋部の面々。

M谷さんは私とペア、
ツカさん・チエさんも男女ペアで参戦。

ツカさん夫妻はまだしも、何故我々もペアなのか。

理由は簡単。
ソロではまともなリザルト残せる可能性が無いからです。
ペアで上位を狙う。





駐車場で準備してるとやんさんの移動車を発見したのでご挨拶。

そしてソコで勇気をもらいました。


あまりの寒さにウェアに悩んでるんですよと弱音を吐きつつ、やんさんのウェアをお聞きしてクリビツテンギョウ。

夏ジャージ上下に、
下はニーカバーのみ。
ウォーマーではなく、カバーですペラッペラの。しかも中はノーパンなので、股間はいわゆる布一枚でのガードのみ。
そして上は半袖の吸汗速乾インナーにアームウォーマーのみ。

少し肌寒い秋口の服装ですねソレは。
真冬の格好じゃない。



というコトで勇気をもらった私は安心して夏ジャージ上下に0℃対応インナーやらウォーマー類やら駆使して臨むコトに。
見た目はやんさんに近いですよ。
生足少し出てるし。




久々のモリコロなのでキッチリ試走しとこうかなと思ったら、ノンビリし過ぎてたらしく1周でオシマイ。
脚も身体も温まるヒマ無し。

DSC_1396.jpg

ま、そもそもレース前の話長過ぎて温まったとて身体冷えるわな。
他の季節ならまだしも、冬のレースはソコんとこ考えて無駄に長い話やめてくれないかなとワリとホンキで思います。



私の後ろで魚の死んだような目で話を聞いてたM谷さんも、

DSC_1397.jpg

きっと同じ気持ちだったに違いない。





ちなみにヴェロフェスタは初めてなので以前からそうだったかのかは知りませんが、1周目はほぼほぼローリング周。
結構長いコト大集団の中走って、イイトコでレース開始。



というコトで、ワリと緊張感が無い中レース開始。
緊張感無さ過ぎてしばらくガーミンのスタート押し忘れてましたワイ。




作戦はただ一つ。

イイ感じの集団で2時間凌ぐソレだけ。



先頭集団にはついて行きませんというかイケません。
行ったとて、30分も持たずに脚終わるコト間違いナシ。
2年くらい前の今より強かった時でさえ、40分持たずに終わりましたからね。



というコトで本格的にレーススタートしてもムリに前には出まへん。
イイ感じの集団に固まるまでガマンガマン。

その辺はツカさんともM谷さんとも事前に打ち合わせ済み。
最悪3人で回せば何とかなるってのは、チームメイトと一緒に走る大きな利点ですよね。


しかしホドなくしてイイ感じの集団が形成されます。


とはいえ、ヘヴィ級の私には登りはキツくて下りがラクチン列車。
なので前半はチョーシコイて下り基調で前に出て牽いちゃったりしましたが、ソコで脚使って登りでゼイゼイという悪循環に陥りホドなくしてヤメ。

始まってスグ、下りストレートでアゲアゲしてたら前方に先頭集団が見えたのでこのままドッキングか?とも思いましたが、どうせソコからの登りでチギれてエライ目コクのは火を見るより明らかのでヤッパリヤメ。

大人しくするコトにしましたワイ。


received_280418582672252.jpeg




途中ツカさんが一人で飛び出したりもしましたが、結局吸収し集団は完全に落ち着きます。

そしてソコからは淡々と周回を重ねるのみ。
登りはキツイなーでも下りに入れば楽出来るなー
ソレの繰り返し。

そして1時間15~20分くらい?経過した頃に先頭集団がラップして行きます。

その時にその集団内にいる同色ゼッケン(ペアゼッケン)をチェック。



1…2……3…



フム。
3人か。



そのウチ二人は同じ番号だったので、最悪でも3位には入れるかな?
そんな算段がついたトコロで完全にキバは抜けました。

M谷さんにもその状況を伝え、このままココにキープして終えようというコトに。


1544950542445.jpg



そしてその時を境に我々の集団も少しペースダウン。

あ、結構みんなもキツかったんだな。
チト安心。


仮に同じ色のゼッケンに抜かれるようなコトがあったらチェックすればいいけど、そうじゃなければこのままでいいや。




そして最終周。


この集団は恐らくは順位に絡む集団ではない。
なのでムリなスプリントで先日のツール・ド・モリコロのような大落車は勘弁。

というコトで、ツカさんM谷さんには、何なら3人並んでゴールでもいいから落車だけはやめようねとお声掛け。


しかしMr脳筋ツカさんはズルズルとアゲてく始末。

ヤル気やで。


でも私は無理しない。
落車だけはイヤなので。



下りストレートが終わりもうすぐゴールというトコロで集団が少しバラけます。

ツカさんは5mくらい前。
M谷さんは後ろで大人しくしてる感じ。

ウーン…どうしよ。

脚は残ってる。
このままツカさんに負けるのもアレだな。

そしてワシの前は空いてる。

コリャ行くしかないな。
でもダンシングはしない誰かに当たったりしたらイヤなので。

というコトでコッソリシッティングでアタッコ決めて、ラスト2mでツカさん差してワシの勝ち。







そして結果は…






1544932058232.jpg




3位でした。
しかもギリギリ。
ヘタこいたら負けてたレベル。






久々の表彰台でハシャぐワシ。

DSC_1404.jpg





M谷さんに表彰状を受け取らせるフリをして、

DSC_1405.jpg

奪うワシ。





ちゃりん娘のおねいさんと同じポーズで

received_212289306326511.jpeg

ニヤけるワシ。

手の位置がもうチョイ上だったか反省。



この後はプレゼンターちゃりん娘のお話しを聞いたら

DSC_1407.jpg

撤収。



帰りにKTMさん・モトさん・まるはさんとメーランクイクイして無事帰宅。




皆さんお疲れさまでした。


DSC_1398.jpg




カテはどうであれ、今年最後のチャリ活が表彰台で終えるコトが出来て満足です。

ソロのエンデューロで乗れる日は極めて遠いと思いますが、来年はクリテで何とか上に上がって行きたいトコロ。
いやまぁ平田はイキナリC1出れるんですけどね。
勝って上がらないとカッコ悪いというか何というか…
入賞したら上がってもいい気もしますが、勝ちたいのですよ。





というコトで今年のチャリ活はオシマイオシマイ。

しばらくは山活に励みます。
そろそろ高い山には雪も積もってるようですし。

でも去年のような失敗はしたくないので、ローラーは(なるべく)回しますし、実走も(なるべく)出ますよ。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR