フジヤマライド~ヒルクライム編~【回顧録】

先回の続きです。




富士スピードウェイをあとにして我々が向かった先がココ。

IMG00830.jpg

「富士スバルライン」です。

名古屋と埼玉からワザワザ集合して2時間のライドで帰るワケにはイカンということで、誰が言い出したか富士ヒルのコースを試走してみようということに。

駐車場からココに来るまででも既に登り。
先が思いやられます。

一応どんな登りなのかデータは調べてきましたが、距離は25kmと長いんですが勾配は大したことない様子。
同じ景色と同じ勾配が延々続く感じです。

CA3E0526a.jpg

下の方はまだ雪もありませんが、風は冷たいです。

ちなみにP氏(仮名)はスタート後1kmで視界から消えます。
多分、彼はアジア一登りが嫌いですね。
ペースを合わせることも考えなくもなかったですが、既に視界から消えているので合わせようにも合わせられません。

とりあえすオル兄と2人で「きっついな~」とか「キッツイな~」とか「キッツイのう」とか言いながらボチボチ登って行きます。

ある程度進んだトコロでオル兄から提案が。

「P氏(仮名)待とうか」

え?メンドクサイ う・うん。そうだね。

道端に止まってP氏(仮名)を待ちますが、日陰に立つととにかく寒いんです。
日なたに立って何とかって感じですが、風が吹くととにかく寒い。

ええ、アンダーアーマーのヒートギア着てますし。

中々来ないんで、お互いが写真を撮ってる姿を撮り合うラヴラヴ兄弟。

CA3E0529a.jpg


IMG00834.jpg

ん?

あの小さい影は…

P氏(仮名)です。

みんなで話しながら行けば気も紛れるしラクになるよ~と伝え、トットと出発します。寒いので。

IMG00843.jpg

だんだん雪も見えてきて風も冷たくなってきたので、オル兄はレッグウォーマーを装着してますね。
待ってる間、完全に身体が冷え切りましたから。

しかし出発してスグ、後ろを振り返ると…

またいない…
ぬぅ…人の言うことを聞かない人だ…

一人旅は可哀想なのでしばらくしてまた停車しP氏(仮名)を待ちます。
が、
今度は全然来ません。

待っても待っても来ません。
寒さの限界でしたので仕方なくリスタート。

駐車場っぽいトコロにお店が出てるトコがありましたので、ソコでP氏(仮名)を待ちます。

IMG00840.jpg

何故かココでもバイクを持ち上げる私。
空気が薄くて脳に酸素が足りてなかったんでしょう。多分そうです。

ホントはみんなココで似たような写真撮ってますが、名誉の為晒さないようにします。

P氏(仮名)も来たのでトットと行こうとすると、オル兄から一言。

「Pさん(仮名)休ませたらんかい」

ええ、
全く気にしてませんでした\(^o^)/

さっきも今も、我々は待っている間休憩出来ますが、追いついてきたP氏(仮名)は走っています。
なのに追いついてきた途端出発した私。

おかげでP氏(仮名)は休むヒマが無いなんて、
寒さで忘れてました\(^o^)/
だってヒートギアですし。

P氏(仮名)も休憩し、再出発です。
みんなでワイワイ走れば気も紛れるし(以下略)と再度伝え、再出発です。

すると…

またいない\(^o^)/

ぬぅ…
ホントに人の言葉に耳を貸さないお人だ…


そして残り3km程のトコロで休憩。

P氏(仮名)、ココでも全然来ません。待ってる間ヒマなので写真撮ったりしてますが、

IMG00845.jpg

IMG00844.jpg

全然来ません。
落車してんのかな?と思える程来ません。

しかし二人とも下って見に行くことは絶対しません。
だって
無駄に登りたくないですし\(^o^)/

結構な永い時間待つとようやくやって来ます。
すると、
「アレ?ココで待ってたんだ~」
「このスグ下で休憩してたんだよね~」

あ、そう\(^o^)/

休憩してたんならもういいね、ってコトでスグに出発です。


ココからが私の本気です。

事前に調べたデータによると、残り3kmから勾配が緩くなり速度を上げれるとのコト。
ココまでP氏(仮名)のおかげでタップリ休憩し脚も残ってます。

行くなら今しかねえ!

一気にガチ踏みです!
ホンキで踏み倒します。

するとオル兄が

「あ!ズリぃぞー!」

何がズルイのか分かりませんし、ココで仕掛けるしかないのでドンドン行きます。
しばらくして後ろを振り返ると…

誰もいない!
おっしゃ!しかし油断はしない!

ラストまでとにかく踏んで踏んで踏みまくりです。

山頂に近付き後ろを振り返りますが2人の影は見えません。

おっしゃ~~余裕のトップだ~~~\(^д^)/


さっきの富士SWでの借りは完全に返しましたし、実はソレ以上にオル兄をチギることはずーっと昔から心に誓ってたんです。
そう、1年半以上前のあの「ビアンキアタック」のお返しをいつかしてやろうと!(詳細はここ

やってやりました。完全勝利です。

10分程するとオル兄がやってきます。
何故か「ズリぃーぞ」を連呼しますが、その顔には悔しさが表れてます。
まさにジャギの心境でしょう。

更に10数分後、P氏(仮名)がまたもや我関せず的な顔でご登場です。


勝利の記念写真を撮って…

IMG00848.jpg

IMG00852.jpg


下山の前に少しだけ補給です。

IMG00862.jpg

ココだけにしかないというメロンパンというコトで食べましたが、どこかのSAにもあったな…

しかし人がとにかく多いです。
そしてほとんどの人が日本語話してません。


とにかく寒いので下山することにします。


しかしココからもかなりキツイ。
登りと同じくらいキツイです。

25kmも続く下り。路面は決して良くありません。
カーボンリムのホイールを履く私はブレーキにも気遣わないといけません。

首も肩も腕も手も疲れまくりです。
この日、私はダウンヒルも嫌いになりました。

もうココで待ってて回収しに来て欲しいくらいの気持ちでしたが、みんなガンガン下って行くので提案するヒマもありません。


長い長いダウンヒルを終え、ようやく駐車場に戻ってきました。
当初「2回登ろうぜ」とかチョーシコイてたオル兄もソレが間違いだと認めました。

この後は富士山が見える温泉へ行き、冷えた身体を温めて帰路につきます。
オル兄は奥さんを別の温泉に迎えに行きます。


帰りのクルマでビールを飲もうとしてたP氏(仮名)。
私はビールが嫌いなので、羨ましくも何ともないので「いいよ」と言いましたが、珍しく遠慮してノンアルコールビールにしてました。

でも寝てましたけど\(^o^)/
そっちを気遣って欲しかったですね。




こうして富士チャレンジの下見と富士ヒル試走を終えました。

富士チャレに関しては本当に有意義でした。コレのおかげで参加する決心がついたと言っても過言ではないです。

しかし富士ヒルに関しては…
カネ払ってこんなキッツい思い、しかも登りも下りもしないといけないんて…
絶対出ないと
逆に決心つきました\(^o^)/


あぁ…でも伊吹山エントリーしちゃったな…
クルマで下る方法は教えて頂きましたが、アレはプロの技
こうしてフジヤマのコトを思い出すと猛烈に後悔してます。





そして密かにこのヒルクライムの仕返しを心に誓った男がいたことを、この時の私は知りませんでした。

我らの骨肉の争いは終わらない…




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ダイズさんこんばんは

これはオル兄さんとの完全決着は来年の富士ヒルで決めるしかないですね!
試走も済んでますし完璧ですね*\(^o^)/*

オル兄さんの気持ち良くわかります!
兄貴思考では弟は自分より少し劣るぐらいが丁度イイんです( ´ ▽ ` )ノ

アンダーアーマーの寒い時用はコールドギアだったような…

No title

スバルライン・・いいっすね~♪
あざみラインも面白いらしいですから次回は是非(笑)

寒い中のヒルクラは上りはまだしも下りは僕も嫌いです(泣)
ただツライだけ・・・

伊吹山、エントリーしましたか!!
やりましたね~\(^o^)/
お待ちした甲斐がありました( ̄ー ̄)ニヤ…
一緒に楽しみましょうね~♪

こんばんは~

伊吹山ですか、、凄いですね

来年の春はびわ湖南部から伊吹山に
むかって「がんばれ~」っと念を贈ります♪

>我らの骨肉の争いは終わらない…
うん、終わって欲しくないですねw

見事なリベンジ達成でしたね〜\(^o^)/
疲れからなのかガッツポーズは控えめでしたが(笑)

伊吹山でもヒートギアで頑張ってください(^o^)

rrさん、こんばんわ


決着は富士ヒル…二人ともDNSでドローですね\(^o^)/
兄貴思考はワカランでもないんですが、齢40を超えると「自分の方が若い」という気持ちも出ちゃいますのでw

アンダーアーマー、そのコトに気付いたのは結構最近なんですよね…

たかじんさん、こんばんわ


次回…多分実現しませんね。ツラ過ぎなのでw

伊吹山、エントリーしましたよ~
伊吹山に私の息吹とシブキを撒き散らしてやりますよ\(^o^)/

Re: こんばんは~

ガルマさん、こんばんわ


アレ?琵琶湖南部からなら私より伊吹山に近いんじゃ…?w

私とオル兄の闘いは永遠です\(^o^)/

Libさん、こんばんわ


そうなんです。不覚にもココでのガッツポーズを忘れてしまい…

伊吹山は確か4月なので登りは多分漢の半袖半ピチです\(^o^)/
…ムリかな?w
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター