エアロフレーム優位性の立証に約1年かかった件

ある土曜日のお話し。


いつものコースっぽいトコに練習に行こうと思いましたが、皆さんご都合がよろしくなかったようで。

ご参加いただいたのは路さんのみ。
しかも二之瀬1本で帰りますよ、と。



実はこの日、妻から留守番を頼まれていたんですが、自転車に乗りたいからと全力で無視コキましてね。


んじゃ私も二之瀬1本で帰りましょ、というコトに。




しかし集合場所にはいとうさん・ツカさんご夫妻がご登場。



コレを、

20170708_093414.jpg

ナニする為に。




コレをナニしてたら、ナニやらイカツいバイク乗ったイカツいオッサンがコチラに近付いてきます。


む…

知らん人の急な参戦は受け入れんぞ…





20170708_060130.jpg




ryuさんでした。

いつの間にかバイクがイカツいのに変わってます。

やっぱS-WORKSにはZIPPが似合う…
しかもリアは808とかタマラン仕様ですな。


二之瀬1本イキますか?とお誘いしましたが、残念ながら平坦練とのコトでこの日はご挨拶のみ。
今度フルコースご一緒しませう。
で、背割でシバいてください♪



というコトで久々路さんとのランデヴーde二之瀬へGO。

この日は二之瀬1本勝負なのでソコまでの平坦はゆっくりゆっくり。



若干ローラー疲れが残っている感じがしますが、悪くは無い感じ。

この暑さで寝不足もあるかな。



スミマセン。
ウソです。

エアコンチリバツで寝てるので暑さ関係ありません。
単に昼寝し過ぎて夜眠れんダケでごわす。



20170708_063807.jpg




さて。

この日もPB狙いまっせ。



でも最初っからチギられると心折れてヤル気落ちちゃうので、路さんには3分後にスタートしていただくコトに。

後半タレたトコロで追い付いていただき、ソレを刺激に頑張る作戦です。




前回序盤をマターリ行き過ぎてPBから約20秒遅れとなったので、今回はハナからソコソコな感じでイク作戦。
序盤のタイム差がそのままPBとのタイム差でしたのでね。


途中何度も何度もタレかけますが、所詮20数分のヒルクライムなんだと何度も自分に言い聞かせて踏ん張ります。


今まで気紛れに二之瀬をアゲて登るコトはあっても、こう毎週毎週アゲて走るのは多分初めて。
そうすると不思議なコトにコースを戦略的に見れるようになるんですよね。


今までクライマー陣が「ココまでが何とかでココからはアレで、ココがナニして」とワケのワカランコトを言うとるなと、他人事のように聞いておりましたが、ようやく少しダケ理解することが出来ました。




PB狙いでアゲアゲ(自分比)で走ったのにラップボタンを押し忘れ、結局速報タイムは分からず終い。

20170708_070403.jpg

結果はSTRAVAでのお楽しみ。




しかし結局路さんは最後まで追い付いてきませんでした…


しかもチト調子悪い感じのゴールシーン。

20170708_070430.jpg


夏が苦手みたいなので今がチャンス仕方ないですね。





ココからは予定通り二之瀬を折り返して、帰路の平坦で1本だけアゲアゲしたらオシマイかと思いきや、ラストに路さんがアゲやがるもんだから仕方なく追っ掛けて最後の最後に差し返して、この日はオシマイ。


詳細は控えますが、2勝1敗で私の勝ちです♪

詳細を控えたのは、その中身が問題だからです。
今度syuさんにはチンコロしますけど。




ライドが終わったトコロで即STRAVAにアップして、二之瀬のタイムを確認…









PB更新オーイエ\(^o^)/





タッタの8秒ですが、約2年前にドマーネ&レーゼロで記録したPBを、VENGE&バレットで更新してやりましたワイ。

DQNドマーネより重いVENGEで、レーゼロより重いバレットで、レーゼロより登りに向かないバレットで、イーダサなカラーリングのDQNドマーネよりイカすVENGEで、

更新してやりましたワイ。






やはりエアロフレームはあらゆるステージにおいて優位性があるんだな。



コレで過去ドマーネで記録した、ホームコース上の主要TTポイント(平坦・ヒルクライム・短距離平坦)全てをこのVENGEで更新してやりましたワイ。

1年近くかかりましたけどね。



登りは軽さが正義?

いやいや。



空気抵抗が正義やで!













・・・・・・体重減ったからその分じゃね?とかいう身も蓋も無い言いがかりは一切受け付けませんよ。

そういうクダラン意見に傾ける耳は持ち合わせとらんのですよ。








【走行距離】38.9km
【獲得標高】428m

新しいフレーム買ってしばらくは、以前のフレームよりタイムが伸びないって…あるあるですよね?

いずれ科学的に分析します。






*****************************************




【CTR練のお知らせ】


今週末、いつものようにいつものコース界隈に出没します。
土日連続で走ります。




【日時】

7月15日(土)
5:30発~




【場所・コース】

クレール平田発~二之瀬1本走ってオシマイ

早ければ8時前には帰還します。







【日時】

7月16日(日)
6:00発~お昼頃まで




【場所・コース】

クレール平田発~二之瀬~鞍掛~裏二之瀬orカエル経由背割~クレール平田


二之瀬のみの参加もお気軽にどうぞ。







初参加の方はコメント下さい。

お友達はチョクでお越しいただいても結構ですが、連絡くださってもいいんですよ。





*****************************************






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




吐くホドに追い込む編

6月のある週末。


梅雨入りなんて何のそのな人達が集まったいつもの練習。


20170624_060546.jpg



皆さん元気いっぱいです。




ちなみにこの日はM谷さんおニューバイクと初お目見え。


20170624_060110.jpg


いや実は初ではないんですけどね。

以前記事にしましたが、平日の昼間に某ショップへ行ったらソコに店員さんとフレームサイズをナニしてるM谷さんをハケーンしちまいましたので。

20170512_113119.jpg


しかも買ってたし。

20170512_114514.jpg




そしてBONさんは何故か本番仕様でご登場。

20170624_060402.jpg


何のスイッチが入ったかサッパリワケワカメですが、チーム内に蔓延る「BONさんVENGEに乗ったら逆に弱い説」を払拭しにキタのかな?





さて。

ココ最近の私はイロイロ思うトコあり「登りは休憩」というポリスーを一時休憩としておりましてね。

二之瀬ではPB更新するまで毎回狙うコトにしてるのです。


更に。

常に我がチームのRocket Queenに対して指針となるタイムを示さないとイカンので。
私が一番遅いのでちょうどいいのです。




というコトで二之瀬までの平坦はゆっくり行きたかったんですが、集合場所まで自走で来ていてアップチリバツなツカさんがいつものように牽きやがるもんだから疲れちゃう始末。


20170624_063511.jpg


まぁいつものコトですけど。
たかじんさんといい、自走組はマジ危険。



ココ最近の二之瀬チャレンジは、後半タレないように前半軽めでスタートするんですが…

結局ソレではタイムが出ないってコトに気付きましたので、次回からは前半もうチョイアゲます。
たかだか20数分のヒルクライム、軽めで回す時なんざあってはならん!
…のハズ。




尚、「今日はアゲませんよ~♪」と言いながらスタートしたOGさんとM谷さんには見事にチギられる始末。

アゲたワシの立場は…


このシカエシは背割でウフフフ♪





ってコトでいつものようにUNCOdeQK



ココで変なドリンク自慢が始まり、


20170624_074210.jpg

めんつゆ派と、



20170624_074920.jpg

薄めた微炭酸コーラ派のワリとどうでもいい闘いが。




私は普通にコーラを飲もうと自販機の前に立ちますが…




ホゥ…

コーラがいっぱいだのう…




20170624_071534.jpg




と思ったらゼロコーラのが多いじゃねーか!

こんなの意識低い系のデブしか飲まんぞ!
漢は黙って赤コーラやで!



ちなみにこの日第二UNCOは未確認。
天の導きによってコーラが復活するとかしないとかのウワサがありますので、近いウチにチェックします。




ココからはいつもと趣向を変えて、いなべ周回を走らず鈴鹿スカイラインへと向かいますが、M谷さんはお時間の都合でココでお別れ。
シカエシが出来ないじゃないの



イマイチ道がワカラン4人で向かいますが、基本1本道なのでOK牧場。

しかし山の方を見ると天気の具合がNot OK牧場。

20170624_083248.jpg


ま、降ってきたら即下山ですな。





菰野町役場に着いたトコロで、

20170624_083908.jpg


しばし休憩。


もしかしたら来年ココに来るかもしれんのか…
ウーン



この後登る鈴鹿スカイラインが(特に私の)腰を重くします。

20170624_084353.jpg

いつも以上に休憩チリバツ。

何なら登らずココで帰ってもいいかな、なんて思いも過る始末。


普段二之瀬しか登らん私にとって、ココは距離も長いし斜度もキツイしでマジキツイ。



しかしココのPBがウチのRocket Queenに負けっぱなしなので、ソロソロ抜いておかねばイカン。

そしてソレを指針のタイムとしてまた頑張ってもらわないとイカン。




ってコトでいざ鈴鹿スカイラインへ。


20170624_092816.jpg








しかし…





キツい以外の感想が出てこねー\(^o^)/






ってコトでヘロヘロになって登頂。

20170624_100938.jpg


ココを毎日毎日何本も何本も登るチャンヒロはバケモンだな。
強いワケだ。




この日の武平峠はスンゲー涼しい。

ツユダクとなった身体が一気に冷えるホド。
むしろ長居すると寒いホド。



さっきのコンビニでご褒美オヤツも食べたいですし、トットと下山します。



唯一のビューポイントで1枚ダケ撮ったら、ですが。

20170624_102029.jpg




やっぱり下界は暑く、ミニストップのナントカパフェがスコブルウマい!

20170624_104907.jpg

ナニ食ってもウメーウメー言うのは煩悩の数(108つ)ダケあるチーム規定に反しますが、コレはホントにウマいのでOK。
OGさんも食うてたし。



全然関係ありませんが、カミキリムシ…久々に見ました。

20170624_103911.jpg

菰野町は自然がいっぱいだ。



そういえばヒルクライム途中、クマ・イノシシ・シカをナニします的な看板出てたので、この辺の山に入る方は鍋と出汁を持参した方がイイかもですよ。




帰りは背割を通りましょ、というコトでまずは木曽三川公園を目指しますが、ソコのコーラ自販機が破壊されているというショッキング。

20170624_123300.jpg


お店で売っていましたので助かりましたが、残り本数かなり少なめ。




ココでの長めの休憩をして、さて背割を行きますかとなりますが、全員がクールダウンモード。

何だかんだココまで来る行程でも変な人達がアゲアゲするので結構な疲労度なのです。





んじゃ穏やかに背割行きますか♪

20170624_130559.jpg





と思ったら!




20170624_130608.jpg



この人が急にアゲアゲ。






コリャタマランぜよ!と思いつつ、平坦でチギられるのもシャクなのでガッチリツキイチをキープ。

そして若干タレ始めたトコロで一気に加速して抜き去ります。




しかし平坦得意なハズのOGさんとBONさんも一緒にチギれようとしてるので、ソレは許しまへんで!とチョー手招き。




すると50km/hホドまで上げて私を追い越すOGさん。

BONさんは撃沈。




コリャタマラン♪とOGさんのケツにガッチリ張り付きますが、サスガにその強度を保つのはキビシイようで速度が落ちてきます。


先日のビワイチでシックスセンスが覚醒したOGさん。

この日も私のタマシイの叫びが聞こえるかなーと思って必死に叫んでいたんですが…



43km/h以下に落としたらイカン!と、何度も何度も叫んだんですが…




聞いてもらえんかった。





なので振り切らせていただきました。

二之瀬のシカエシやで





が、


結局私の脚もそんな元気があるワケでもなく、狙った速度をキープし続けるコトが出来ませんでしたが…

でもPB更新♪




この日は二之瀬はダメでしたが、鈴鹿スカイラインと背割(北上)はキッチリ更新したのでOK。

あとは二之瀬ダケだな。


とにかくDQNドマーネで記録したPBは全て更新しておきたいんですよね。
あのバイクに負けるのダケは許せん。
アッチのがフレームもホイールも軽かったとはいえ、許せんのですよ。
カラーが異常にダサかったから。





背割を走り切ったら、サスガにソコからクレールまではクールダウン。


この日もトラブルなく無事帰還。
ソレが何より。


そしてこんなにハァハァさせられる仲間に恵まれたコトが、ホントに何より。



一緒にハァハァしたい方、いつでもお待ちしておりますよ。








【走行距離】117.6km
【獲得標高】1,479m

やっぱり峠2本はワシにはキツいし向いとらん。







え?

タイトルの件ですか?
吐いてねーだろって?



いやいや、ライド終了後にクレール平田のトイレで吐いたんですよ。









めんつゆ飲んでたおバカちゃんが\(^o^)/








おわり。









*****************************************




【CTR練のお知らせ】


今週末、いつものようにいつものコース?に出没します。



【日時】

7月8日(土)
5:30発~お昼頃まで




【場所・コース】

クレール平田発~二之瀬~いなべ周回~裏二之瀬orカエル&背割~クレール平田

または

クレール平田発~二之瀬~鞍掛峠~裏二之瀬orカエル&背割~クレール平田


コースは気分とご参加いただく方次第です。




二之瀬のみの参加もお気軽にどうぞ。




初参加の方はコメント下さい。





尚、現在のトコロ参加表明者ゼロなのでソロで走るとなると出発時間がテケトーな可能性アリです。
ツール始まってますし。

ですので、お越しいただく方はお友達でも必ずご連絡ください。


日曜なら走れるよ!という方がいらっしゃるので、天気が好転すれば日曜も走ります。




*****************************************






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








【チャレンジ】開演!みこすり半劇場【ビワイチ】

前回からのつづきです。





琵琶湖イーストサイドから奥琵琶湖を過ぎてウエストサイドに出て、およそ90kmホド走ったその時、

OGさんから路さんへと先頭交代をしたその時、





OGさんが居ない!







ここまで順調に3人で回していましたが、ココで初のチギれ事案が発生。

一旦歩道に上がって緊急停車。



後ろを振り向くと数十mホド向こう立ち止って身体を伸ばしてます。



攣ったな…





しばらくすると追い付いてきたので、次の自販機かコンビニを見つけたら緊急ピットインしましょ、というコトに。






20m先に自販機ありましたけど\(^o^)/




20170617_095016.jpg





どうやらドリンクも尽きかけていたようで、ココでドリンクをシコタマ補給します。

私はまだ1本丸々&1/3ホド残ってましたが、この際なのでガブガブ飲み倒して補給しておきます。
残り5~60kmホドのハズなのでこのままでイケそうでしたが…ま、保険ですね。




脚攣りというコトもありココでしばらく休憩しましたが、結局コンビニにも行きたいというコトでトットと再出発。

しかし一旦脚を止めると逆に重くなってしまい、5~10分くらいは意識してクルクルしないとむしろ大変。




ホドなくして琵琶湖大橋を渡りますが、ココも数少ない減速ポイントなのでソレっぽい写真をば。

20170617_101528.jpg


しかし中途半端な写真だな。
何故ピークで撮らないのか…

下りに備えんとイカンのでね。




ってコトで橋を渡ったら琵琶湖サイクリストの溜まり場…否、憩いの場あるいはオアシス?


20170617_101904.jpg



ローソン何とか店。




OGさんはトイレへGO。

私も何だかんだお腹が空いちゃったのでバナナを1本投入。



コレがツーリングならば豆乳を投入とか言うてフザケてみるトコですが、即効性の望めない豆乳なんざ飲んだトコロで逆に脚を引っ張りそうなので今回はナシ。

残り約40km。

もう少しですが向かい風となりキツくなる区間が始まりますので、気合入れ直して走らんとイカンですからね。





そう。

残り約40km。






ココからがアノお方の本領発揮です。


ココまで前に出る回数を2回に1回、あるいは3回に1回とし、溜めに溜めまくった脚を爆裂させる時!






コンビニを出てスグは私が前を、ホドなくしてOGさんが前を。

路さんはまだ爆裂の時を待っています。






そして残り30kmとなったその時!






前を牽いていたOGさんが、明らかな疲れを見せ始めました。

ココまで決して37km/hを下回らなかったその走りに陰りが見え始めます。



脚が攣った時点で

「もしこの先チギれたら置いてってください」

そう仰るホド、ご自身の脚に限界を感じていた様子。






そしてついに!






マンをヂして路さんが前へ!







速度が落ちた列車にスピードを取り戻そうと、向かい風の中38km/hオーバーまで速度を上げます。


コリャキツイ!



速度を上げられるのもキツいですが、路さんは細いのでドラフティング効果が結構薄い。
OGさんを10とすればせいぜい5~6くらい。
syuさんは0.5~1くらい



ヘタこいたらツキ切れするイキオイでカッとんで行きます。



しかしコレこそが待ち望んでいたモノ。




2年前のソレを彷彿とさせるような、まさにツキイチ地獄…いや、ハイスピード天国への路案内がついに始動したのです!





残り30km…

コリャヘタこいたらOGさんの出番は無いぞ…


ワシの出番も10kmも無いかも知れんラッキー♪











んが!












アレ?






アレレ?









オイオイ…








オホホイ…








30秒も経たないウチに一気に5km/hホド減速しとる!




え?

マジで?





ココまで牽く回数を散々ナニして溜めに溜めたハズなのに?









まさにみこすり半劇場\(^o^)/






ココでAve落とすワケにはイカンぜよ!







というコトで無情にも路さんをブッこ抜くコトにしました。



ココからはOGさんと二人でゴールを目指すやで!
申し訳無いっすけど。





そしてバックミラーを確認し、OGさんの様子を確認すると…










誰も居ねえ\(^o^)/




目視で確認しても、誰も居ねえ。






ココからは意地の一人旅。


とにかくAveダケは落としてはイカン。



気を抜くとスグに36km/h台まで落ち込みますが、その度に意地でペダルを踏み直します。




残り30km…いつものいなべ周回2周分じゃねーか!

ソレくらい気合で乗り切れや!


30kmなんざAve35で走れば1時間も無いんだぜ!

ソレくらい根性で乗り切れや!




と、モロに声出して走っていました。
一人で。

何なら叫んでましたし。


ハタから見たらタダのイカレたオッサンですわな。





たまに抜いて行く大型車が風を遮ってくれるので、その瞬間に一気に速度を上げてみたり。

橋を越えた時の下りのイキオイを最大限利用して、とにかく速度を稼いでみたり。




そして残り20kmを切ったあたりで脚に若干の異変を感じ始めます。

ピキピキ…というホドではありませんが、無駄にアゲたりすると一気に終わってしまう予感が漂います。




というコトで。




信号停車の隙に、

20170617_112750.jpg

2RUNを投入。

保険ですな。


ドリンクは充分残っていますので、ガッツリ噛み砕いて一気に流し込みます。
しかし不味いなコレ。



ついでにAveチェック。


20170617_112744.jpg


「35.0」



ギリッギリやんけ!


しかもガーミンは四捨五入するヘキがある。
あるいは34km/h台後半かもしれん!

以前200km走ったと思ったら199.6kmって時あったしな!



残り20km…


一切気が抜けん!






ココからAve40で走れば30分、35で走っても30数分、ソレくらい気合で乗り切らんかい!

残り15kmになると、いつもの周回1周分やんけ!根性で乗り切らんかい!



コレまた独り言を発しながら走り続けます。





そしてついに見えた「近江母の郷まで2km」の看板。





おっしゃ!

一気にスパートだ!





…そんな脚はありませんでした。


ソレまでの速度を維持するので精一杯。






しかしこの2kmが長かった…永かった…



こんなに長く永く感じた2kmはきっと初。







そして…







ついに脚を攣るコトなく無事ゴール。






即ガーミンを止めてAveチェック!









20170617_120115.jpg







「35.01」










スンゲーギリギリ\(^o^)/


でも達成♪


やったぜワシ♪





何とかかんとかビワイチ(キタイチ)Ave35km/hを達成しました。

STRAVAだと何故か34.9だったのがマジで感じ悪いけどね






クルマに戻ったら達成感に酔いしれながらプロテイン。

チョーウメー。


最近変えたプロテインの味自体も美味いんですけども。






ソッコーでSTRAVAにもデータをアップして、一息ついたトコロに路さんがご帰還。

20170617_121532.jpg


路さんは35には届かなかったようですが、妙に満足気。



OGさんは更に遅れてご帰還。






私は達成したおかげで、路さんとOGさんは強度高めのライドを走り切ったせいか、全員が妙にハイテンション。

特に路さんのみこすり半劇場はこの日最大の見せ場。



個人的には路さんと出会って以来最高のガッカリ感が否めませんが。

まぁでも最高の見せ場は間違いありませんね。
帰りの車内では今年一番の大爆笑が生まれましたし♪







帰りはOGさんのご案内で一度行ってみたかった、

20170617_135512.jpg

岐阜タンメンへ。

最近スンゲー人気らしいんですよね。



腹減り過ぎて写真撮るの忘れてましたが、アッサリスープにニンニクが効いていて、かなり美味しいですよ。
コレは近くを通ったら再訪決定ですね。








というトコロでこの日はオシマイ。




路さん、OGさん、お疲れ様でした♪







いつもの集合場所経由で琵琶湖に行ったら思いの外近かったコト、
キタイチなら午前中に終われるコトなどなど、

琵琶湖が意外と近いコトに気付いた日でした。



このチャレンジビワイチはまた近々開催したいですね。

一緒にチャレンジしたい方のエントリーお待ちしてます!


走行時間約4時間で終われるので、エンデューロを思えばマジでノンストップは余裕ですね。

次はAve37狙いかな。


ソロで35は…
私の脚ではまだムリぽいです。

でもイケそうになったらチャレンジします。
イケそうになったら、ですが。






【走行距離】142.4km
【獲得標高】471m

【平均速度】35.01km/h
【平均移動スピード】35.1km/h



平均パワー264w(NP282w)は2時間以上のレースでは出たコト無し。
4時間走ってコレは、徐々に脚が戻ってキタかな?

巡航ならまだマシだが、レースになってインターバル掛かったり登りがあると途端に弱いというコトか…?

インターバルは脚と共に技術も磨くとして、一番の弱みは登りか…
やはりウェイトと登りの練習かな…ウーン。

富士は登るからな…







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





【チャレンジ】覚醒したシックスセンス【ビワイチ】

きっかけはいつもの練習の時にsyuさんが放った一言でした。




「たまにはノンストップ練もしないとイカンですよね」





む!

そのとーり!


実は鈴鹿前にやっておきたかったんですが、私の心が弱過ぎてソレに至らず。

いつもの周回コースでチカラ尽きるまでクルクルしようという気持ちダケは心の片隅にあったんですけどね。




しかし純クライマーのsyuさんからそんなご提案が出るとは意外や意外(失礼


でもいつものコースクルクルでは気持ちが負けてスグやめちまって、結局UNCOでコーラを楽しんでしまいそう。






んじゃノンストップビワイチでも行きますか。





平坦しかないあのルートなのでクライマー陣には物足りないかな?と思いましたが、syuさんからマサカの二つ返事。


オシ。
ほいじゃ行きましょか♪








そしてココで私のアタマをヨギッたのは、以前私が書いた記事にいただいたあるコメント。





そう、ソレは約2年前。


路さんと(実質)二人でビワイチに行った時のコト。





その時は奥琵琶湖パークウェイを登ったりメタセコイア並木を見たり、キタイチとはいえ180kmホド走りました。

そして当時成し遂げたかった「ビワイチAve30km/h」を何とか達成し、喜びに浸りつつその記事を書きあげたんですが…




するとその記事にビワサイのメタさんある御方から、


「ビワイチはAve35km/hで走って一人前やで。まずはソレからやな。」

(チームビワサイでは普通のコトだけど)チミに出来るかな?」



まぁ実際いただいたお言葉とは若干違ったかもしれませんが、大体そんなニュアンスのコメントをいただいたのです。






ムゥ…

ビワサイの方々はソレがアタリマエなのか…






その時は「そんなモン出来るワケねーだろ」とヤル気もおきませんでしたが、アレから2年経ってワシも成長してるハズ!

冬の過ごし方失敗コイて膝壊して2歩進んで3歩下がった感がバリバリですが、成長してるハズ!






というコトで。


練習仲間の面々に「Ave35km/hでビワイチ(キタイチ)走ろう」ツアーの呼びかけをさせてもらいました。






すると参加表明をいただいた猛者達は以下の通り。







路さん(クライマー)

OGさん(平坦派。でも私より山速い)






以上!






アレ?

言い出しっぺのsyuさんは?






ヒルクライム大会前なので、登りの練習です。

元々秋頃行こうという話しだったんですが、私がガマン出来ずに即実行しちゃったんです。







しかしこのお二人はとても心強い!

OGさんは平坦バリバリな御方で、練習においてもその牽きップリには定評があります。


そして路さんはクライマーですが、二年前のビワイチにおいて140km走った後の向かい風の中を「平地巡航オモシロ♪」とニヤニヤしながら35~37km/hでグイグイ牽き倒し、あわやツキ切れし掛けたホド。




コレはイケるかも…?








そして当日。




道の駅 近江母の郷までクルマでGO。


20170617_065753.jpg



久々な感があるVENGE。

犬山クリテとその前の週はSPRINTで走ってましたからね。
ローラーも当然SPRINTですし。





路さんもOGさんもヤル気マンマン。


20170617_070603.jpg



基本はノンストップなので全員ダブルボトル装備。


といっても、今回はノンストップに重きは置いてないので、ドリンク補給やトイレなどで止まるのは可。







ちなみに今回の作戦は。




路さんはクライマーなので(というのを言い訳に)前に出るのは2回に1回。
コレは朝からずーっと言うておりまして、冗談だと思って聞き流してたら実はチョーホンキだったという…

しかし後半に備えて脚を残し、(2年前同様)残り40kmから溜めに溜めまくった脚を爆裂させる作戦です。



そしてOGさんは最初にブッ飛ばしてAveを稼ぐ作戦。

…作戦というより、後半に不安を抱えていらっしゃるようで、その分前半で頑張るつもりだったようです。

ま、ソレは終わってから聞いたんですけどね。
なのでこの時点では知るヨシもナシ。




そして私。

特にナシ。


しかし最悪ソロでも走り切れるであろう強度(心拍・パワー)で牽くつもりで。

前に出ても、後ろに下がって休憩出来るという前提でムリをするようなコトはしない。


ソロで走るつもりで前に出て、誰かが前に出てくれたら休憩させてくれてありがとう!
そんなつもりで臨むコトにしたのです。






ってコトでまずは私が前へ。

トータルAve35km/hってコトは、巡航速度は37~8km/h以上が必須。
36km/hに落ちた時点でもう危険信号。



朝イチは風も無かったのでワリと余裕でその速度はキープ出来ました。



この週はローラーも抑えてましたので、脚もワリとよく回ります。

最初は少し長めに牽いて、今日走り切れそうなパワーと心拍の確認。




その確認が済んだトコロでOGさんと先頭交代。

すると期待通り…いや、ソレ以上の速度で牽いてくださいます。
しかもその後ろがスンゲーラクチン♪

心拍で約20bpm、パワーで70~100W近く節約出来ます。



ちなみに路さんはこの時点で(要は最初っから)最後尾をキープし続けていたので、「2回に1回牽き」はマジだったんだなと確認。

マジだったんですよ。





そして再び私が牽き、もう1回OGさんが牽いたトコロでようやく路さんの順番。




そしてココで研ぎ澄まされたクライマーのシックスセンスが発動!

…したみたいなんですよ。





「36km/h以下に落とすんじゃねえ…36km/h以下に落とすんじゃねえ…」




そんな心の声が路さんの脳に直接届いていたようで。

いや私は37km/hて言うてたつもりだったんですけどね




この後も前に出る度にその声が常に脳に届き続けたようなんです。

いや、確かに強く思ってましたけどマジで届くとは…


極限まで削ぎ落とすクライマーの敏感さには恐れいります。






その心の声は私ダケではなかったようで、チョットでも速度が落ちると即前に出て40km/h近くまでブチ上げるOGさん。

橋が架かってるトコロでも速度を落とさずそのままグイグイ行くのでマジツレー。
強度そのままで速度は落ちてもいいんですが…橋乗り越える程度の時間ならば。


ただこの時はこの強さに頼もしさすら感じ、目標達成に向けてイイ感触を得ておりました。





唯一の登り区間がある奥琵琶湖では、この日唯一の観光的な写真をば。

20170617_075152.jpg



メタセコイアも葉が生い茂ってイイ感じでしょうから見に行きたかったんですが、行っても45km/h以上で駆け抜けるコトになりそうなので早々に行かない判断。
遠回りですし。




旧賤ヶ岳トンネルを超えてスグの湖岸がほぼ唯一と言っていい、クルマの少ないリラックス出来る道。

20170617_075841.jpg


そしてこの頃まではまだ余裕。




この先の登りはクレバーに乗り越えます。

決してアゲ過ぎないように。
ココでは耐えて、ココ以外で38km/hで走れば問題ナシ。
心の声は他のお二人にも届いているようですし。

何より先はまだ長い。





琵琶湖西側に出てからも相変わらず2:2:1でローテし続け、順調に巡航しておりました。
当然ココまで(旧賤ヶ岳のトコと信号以外)ノンストップ。

焦りが生まれてもイカンのでココまであえてAveは確認していませんでしたが、巡航速度から察するに恐らくは大丈夫なハズ。
てか、コレで全然届いてないようだったら相当鍛え直さないとイカン。






そして走行距離が90kmに差し掛かろうとしたその時!









つづく。









ちなみに。

二週ホドSPRINTに乗ってからVENGEに乗りましたが、やっぱりフルカーボンフレームは乗り心地が全然違いますね。
SPRINTに初めて乗った時はさほどイヤな硬さを感じませんでしたが、乗り比べるとダンチです。

VENGEがコンフォートバイクかと思うホド、SPRINTはガッチガチ。
アレは完全にレースバイクですね。
いや、VENGEもそうなんでしょうけども。

このビワイチでは脚への優しさを感じながら走ってました♪






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








第二UNCOが大参事

鈴鹿翌週のCTR練DAY。


翌週に平田クリテと犬山クリテ(2時間ソロ)が控えており、SPRINTで参戦予定だったので練習もSPRINTで。


真っ黒けっけだったバーテープも交換後初実走。

20170604_053911.jpg

色は最高にチリバツなんですが、チト気に喰わん点があるのでもしかしたら近々変えるかも…
いや、ハンドルも変えたいからソレまではコレかな。





6月に入るとかなり日が長くなってきましたので、この日は早めの練習開始。


にも関わらず元気な方々大集合。

20170604_053848.jpg



いつも朝4時からトレーニングしてるたかじんさんにとっては余裕シャクシャクタイム。

20170604_053845.jpg



そしてこの日の朝は寒かった。

半袖半ピチでは本当に寒かった。
6月なのに。

今年は今んとこカラ梅雨ですし朝晩は涼しいですし過ごしやすくていいですね。



前日にブルガリっちゃったので脚の重さを感じつつ走り出しますが、どうもパワーメーターの調子が良くない感じ…

ちゃんとパワーを拾ってない感じなのです。
いつもの感覚で踏んでても全然パワーが出てない。


ウーン…
コレはモチ下がるな。


ってコトで一旦リセットして再設定。
んが、あまり変わらず。
脚が死んでるのか。


そんなコトやってたら皆さんからハグれちゃったらば、優しいたかじんさんが様子見で戻ってきてくださいましたので、二人でノンビリ二之瀬麓まで。

20170604_060929.jpg




スタート地点に到着すると既にOGさんBONさんは登り始めた様子。

20170604_061034.jpg



んじゃ私も今日はSPRINTだし脚がイマイチ重いしでトットと出発しようとしたら、何故かツカさんJrが勝負だ何だと仕掛けてくる始末。

オイ…
ワシにヒルクライムで勝負挑むってコトは、プロボクサーが卓球選手にボクシングで勝負挑むようなモンやで。

ワシの土俵で勝負せんかい。



案の定私をチギってトットと登って行っちゃいましたけどね。


まだ若いんだから勝てる勝負より勝てない勝負に挑まにゃイカンぞ。
次は背割で勝負やで!




ツカさんJrにチギられてからはたかじんさんが後ろからプレッシャーかけまくってくるので、後ろを確認しつつ何とか登頂。



からのUNCOdeQK

20170604_065343.jpg

涼しいのでRGで済ませます。




そしていつも通りいなべ周回へ。



スタート直後から何人か居なくなったのはまぁアレとして、ノルマの3周目に入ったトコロで、何故か山頂ポイントで休憩してるヤカラが3名。

20170604_081754.jpg

2周で休憩です。




ナニやってんスカ?と思ったら、



山頂ポイントの更に上へと向かう激坂遊びをされていたご様子。

20170604_081750.jpg

推定22~4%。



するとsyuさんが登りたそうな目でコッチを見てるので仕方なくお見送り。

他は誰も登りません。

ま、登りたくないわな。



しかし登ったきり全然降りて来ないsyuさん。



チームのエースクライマーがたかが20%超でどうこうなるワケでもなし、何で降りて来ないのかな?と思いつつも、少しダケ心配になったので、

20170604_082304.jpg

一番近くに立ってたE田さん自ら志願して様子を見に行くコトに。




どうやら上でノンビリ写真撮ってケツかったようです。

練習中ですぞ!





ってコトでいなべ周回3周目。

ラストの某TT区間で思いっ切りアゲアゲし、KOMを更新してホッコリしたトコロで第二UNCOへ。



すると第二UNCOにとんでもない異変が!





20170604_085508.jpg




コーラがねえ\(^o^)/






「コカコーラ」の自販機なのに、


20170604_085526.jpg






コーラがねえ\(^o^)/
Enjoy出来ねえ。




コレは…

この先UNCOにコーラ難民が大挙する可能性大ですな…



夏本番に売り切れたらエライこっちゃ。
事実去年売り切れた日がありましたからね。

いなべ周回のコーラポイントも有効活用せねばなるまいて。




仕方ないのでテケトーに補給して、この日は背割をナニするってコトでカエルから背割へと向かいます。


と、その前に木曽三川公園で、今度こそコーラ補給。

20170604_095748.jpg

お腹空いたのでパンも補給。





ナニする背割は南下ルートなので、北上は皆でマターリ。

20170604_103822.jpg



スタート地点に着いたトコロで半分バックレ。

20170604_105016.jpg





なのでツカさん・BONさん・E田さんと3人で背割TTへレッツGO。

20170604_105020.jpg




しかしBONさんがアホみたいに一気にアゲていくので2番手3番手がいきなりツキギレ。
で、ワシチョイキレ。



もっとじわじわ行かんかいってコトでやり直し。





この日はイイ風が吹いていたハズなので結構なナニが期待出来るぜ!と意気揚々とカッ飛んでいきますが、想像を遥かに下回るソレ。

100km以上走った後に10kmTTはキツかったか?と思いましたが…



20170604_113153.jpg



風向きが変わって真横から叩き付けられるというオチ。

お疲れちゃん♪






この後はノンビリとクレール平田に戻ってこの日の練習はオシマイ。


ソレでも一応2ヶ所の平坦TTでPB更新したのでヨシとしましょう。





練習にご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした!







【走行距離】128.7km
【獲得標高】1,335m





ちなみにこの日の練習コースは動物天国。

練習前に平田クリテ会場でランしてたたかじんさんがキツネを、
二之瀬ではいつもの猿。
いなべ周回では鹿とキジ。
背割では変な犬。
そして背割からクレールへ向かう堤防にはモグラ(昇天済み)。

あとは亀とクマが出れば三太郎コンプリート。
亀は背割でタマに見ます。
クマはまだ会えてません。

イノシシと蝶が出れば猪鹿蝶だったな。
あ、蝶はドコかに居たかもなので、イノシシだけでいいか。


でもクマとイノシシは出会ったら倒すのがチト大変だな。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター