縁起モノを見つけて怒られる

昨年末の出来事がまだいくつか残っておりますので、ボチボチ放出をば。


というコトでクリスマス前日のお話し。





我々ローディにはクリスマスなどという浮かれたモノにウツツをヌカすヒマなどございません。

クリスマスに浮かれるくらいならクリスクロスでクルシミマスしとけっつーコトで。




とか言いつつも休日なのでローラーなど回すハズもなく実走へGO。





この日はとてもイイお天気。

20161224_065951.jpg

朝焼けがキレイですね。



今日の最初の目的地方面も、

20161224_070025.jpg

チリバツ。



鈴鹿山脈?には雲が掛かってイイ景色です。
雪でも降ってるのかな?
通行止なので確かめる術はありませんが。




この日は最初はいとうさんとランデヴー。

20161224_072616.jpg

おニューのアイウェアもお披露目。


前々から気になっていたモノでしたので、遠慮なく試着させていただきましたが、軽いし視界は広いしチョーイイ感じです。
結構欲しくなっちゃいましたが、ジョウブレーカーあるしな…と、この時は思っていました。




路さんみっちゃまが多度山麓で待ってるというコトで、とりあえず出発です。



道の駅立田ふれあいの里から多度山麓まではスグ近く。

20161224_075123.jpg

サクっと到着しますが、お二人の姿はナシ。



駐車場までトランポしているハズなので、きっとお着替え中なのでしょう。

ただ待ってるのも寒いし先に登っててもどうせ追い付かれるでしょうし、というコトで先にクライム開始です。



するとスグすれ違いましたが、挨拶するとスンゲー他人行儀なお返しが。

む…キレてるのかな?と思ったら、我々だと気付いていないダケでした。
ヒト安心です♪




久々の多度山はやっぱり激キツで、へヴィ級の私にはモロ苦行。

ほぼダンシング…というより立ち漕ぎでヘーコラヒーコラと、何とか登頂します。



んが。



路さんが全然追い付いてきません。

リピートするからって手抜きしとるのか…?







このキッツイ山の唯一のご褒美である、山頂からの景色を楽しむ為にバイクを引いてあるいていると…







むむ!




20161224_082411.jpg





コレはマサカ!






20161224_082422.jpg







ナニが立っとる\(^o^)/

茶柱の如く!

ウンが立っとる!



こりゃ縁起がいいですな。

年末にこんなイイモノ見れるなんて、来年はイイ年になりそうだ。







ちなみに。

STRAVAにこの写真をアップしたトコロある方が反応して下さったのですが、この日ご一緒した方を犯人と誤解されるとイカンので「その人のじゃないですよ」とキッチリ否定したトコロ、そのご一緒した方から何故かお叱りを受けました。
自分なワケねーだろ、と。



更に。

こんな写真を載せたり毎回「UNCOで休憩」だのとお下品なコトを言うてるから女性が一人も来ねーんだぞ、本気で募集する気あるんか?とのお叱りも、ついでに受けちゃう始末。


全ての女性が清廉潔白であるというのは一部の野郎共の妄想ではあるものの…この件につきましては当チーム内でも誤解をされていましたので、今一度説明をさせていただきます。


我々のホームコースの二之瀬~いなべ周回上にある休憩ポイント「UNCO」とは。


裏二之瀬コーラポイントの頭文字(裏のU、二之瀬のN、コーラのCO)を取った名称なのです。

どうもソコにトイレが併設されているから「UNCO」と誤解されているようでしてね。
決してお下品な発想なんかじゃないんですよ。
そういう誤解をしている方のほうが、よっぽどお下品なんじゃ…

そもそも、コース上にトイレがちゃーんとありますよって紹介するのは、むしろ安心感を持っていただけるんじゃ…?







話を戻します。







路さん・みっちゃまを待つ間、山頂から濃尾平野を眺めつつ休憩します。

20161224_082228.jpg




当然イカすマイバイクも一緒にパチリ。

20161224_082246.jpg




ココに日の出を見に来たいんですが、この日のこの時間でも猿を10数匹見ましたので、暗い中ココを登るのは危険がイパーイ。
道も悪く、落車を誘う溝、グレーチング、落ち葉などなど…路上にも危険がイパーイなのでロードバイクではキビシーですね。
マウンテンバイクならイケそうですが。



DZパンを頬張りつつ景色を眺めていると、みっちゃまのみ到着です。

20161224_083051.jpg



路さんは景色とか興味ないからってもうリピートですか?とお聞きすると、どうやらパンクしたようです。

あとから登ってきた方も親切に教えてくださいました。




修理を終えた路さんが登ってきたトコロで早速下山。

私といとうさんはこの後は背割de平坦練です。




路さんとみっちゃまはあと2本登るそうです。

20161224_091745.jpg

この激坂を3本とか…


そんなのに付き合って下さる女性ライダーさん、

熱烈歓迎です\(^o^)/







この後は木曽三川公園前の自販機でヘッポコさんと合流。

20161224_093542.jpg

いとうさんが私の脚を削る目的で送り込んだ刺客です。
この方はマジでバーヤイ。



背中に冷たいモノを感じながら背割へとGO。

20161224_094031.jpg




おかげさまで久々にマジに口の中で血の味を愉しむコトが出来ました。

ハァハァし過ぎてノドがやられ、しばらく痛みが残りましたし。




背割を北上中、遠くに望む伊吹山。

20161224_112339.jpg

雪が被っています。


もしかすると今年はショートコースになっちゃうかな?



ま、私はエントリーしてないので関係ないんですが。

あんな高い山登れんっつーの。





なーんてコトを考えつつ、背割を3往復したトコロでオシマイ。

20161224_112345.jpg


ヘッポコさんのイカレっぷりもイロイロお聞き出来ましたし、楽しいライドでした。
血の味しましたけど。




この日久々に背割をガチTTしましたが、以前ドマーネで記録したタイムに10秒及ばず。

トットとVENGEで更新しておきたいので、またリベンジです。
血の味はもう勘弁ですが。




ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました。

また一緒にハァハァしませう♪





【走行距離】83.9km
【獲得標高】514m

当ブログはお下品とは正反対の、社会派ブログであるというコトをココに改めてアッピルします。

ご賛同いただける方もご賛同いただけない方も下のバナーをポチっとお願いします。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





数ヶ月ブリDAY

二之瀬が閉鎖されてから初のCTR練の日。


多度登るとか背割走り倒すとかイロイロ悩みましたが、タマには東の聖地を整地しに行こうというコトでチョー久々の雨沢峠へ行くコトとなりました。


しかしコチラ側は土地勘が無く急なアレコレにナニ出来ないとアレなので、ブログでの募集は控えるコトに。

募集したトコロでご参加いただく方が居たかどうかは別として


土地勘無いホド滅多に来ない峠だっつーのに、検索ワード「雨沢峠」でこのブログに辿り着くってのは何故なんだ…?




そういや雨沢峠っていつ以来かな?と思い返すと、夏頃コソ練(別名:ガチ過ぎてガッカリ練)に凸して以来なので4ヵ月以上前のコト。

コースプロフィールは二之瀬の方がキツイのでソコソコお気楽な感じでレッツゴー。







ってーコトで当日のお話し。





雨沢といえば「道の駅 瀬戸しなの」。

20161217_064706.jpg



7時半発な感じで集まりましたが、この時間ではまだ奥の駐車場は開いておらず。

仕方ないのでバイク降ろして準備してたら運営っぽい人がやって来て、「自転車の人は奥の駐車場へよろしく」と言って開けてくれました。



雲が多い朝でしたが、

20161217_071529.jpg

結局我々が走っていた時間まで曇りっぱなし。
終わったら晴れてきましたワイ。





この日の参加者は路さん・いとうさん・BONさん

20161217_071914.jpg

この寒さの中、皆さんお好きですな。



ココから雨沢はスグソコ&下り基調なのでアップはほぼナシ状態。

雨沢でTTしたいならアップ兼ねて自走がベストですね。
自宅の場所によりますが。

私がベストタイム叩き出した時は自走で行き、ココだけ登って帰りましたからね。




ってなコトであっという間にスタート地点。

20161217_073041.jpg

ココの信号を渡ってバス停で呑気に写真撮ってると、STRAVAの区間が始まっちゃってて記録が残念になっちゃうので信号手前で写真をば。
TTはしないんですけどね。




コッチ方面はアップとダウンしかない印象で、ココで脚を使っちゃうと残りが大変なのでボチボチ登ります。
サボらずヤリ過ぎず。



例え滅多に来ない峠だとしても、

20161217_075332.jpg

誰も山頂では立ち止りません。



私は止まって記録写真を撮りますけどね。

20161217_075329.jpg




と思ったら、スグ下にある自販機でQKしてました。

20161217_075558.jpg







区間区間では決して流して走るようなコトはしませんが、滅多に来ないトコなのでついつい、

20161217_082600.jpg

こんな写真も。



そして寒さでトイレがやたら近いので、

20161217_083616.jpg

スグソコのコンビニへ。



ココから「おばあちゃん市」へと向かいますが、下り基調deヒャッホイホイしてたら気付くと後ろに誰も居ません。

あれ?おかしいなと思いながらしばらく待ちますが一向に誰も来ません。


コリャ何かあったな…と思い登り基調deエッチラホイホイしつつ戻りますが、ドコにも居ません。



結局先程のマルKまで戻る始末。




ココでようやくLINEが入り、路さんからマサカのお言葉。



「ばあちゃんちに居るよ」






ムゥ…

ズル(近道)しよったな…



んじゃ追いかけて止めてくれればいいのに、みんなしてダマテンとは…

ま、下り基調はワシSPなので逃げ切りますけどね!






このまま進むのは悔しいので私も負けじとズルしようとしましたが、道を間違えてしまい

20161217_091526.jpg

ダムの真下に。


ウスウス道が違うコトは気付いていましたが、行けばどうにかなるだろうと進みました。
どうにもなりませんでしたけど。




寒い中皆さんをお待たせしてますが、待っているのは私を追いかけなかったせいなので特に急ぐコトもせずマターリとばあちゃんちへ向かいます。

20161217_093459.jpg

途中で写真も撮っちゃったりして。





ココから先はチョイとしたアップダウンと繰り返しながら進みます。

そしてやって来ました明智川沿いのワインディングロード。





何km続いたか分かりませんが、下り基調だし交通量チョー少ないしワインディング楽しいしでアドレナリン出まくりです。

今日イチのコースでしたね。




その後はかの有名なオドKdeQK

20161217_104149.jpg

ファミマに変わったら何て呼ぶんでしょ?

オドマかな?
ジェイソンぽくてフックが強そうだな。



CTR練の最中としては異例の、

20161217_104255.jpg

豆乳を投入。
普段は自販機しか止まりませんのでね。

いや、コンビニあれば多分止まるんですが。




ねーんですよ。

いつものコースにはコンビニが。

1軒もねーんですよ。




この後もアップダウンな道を走って、


最後の峠、戸越峠を越え

20161217_115218.jpg

無事帰還。





一応最後のスプリントは獲っておきました。

前回は路さんに逃げ打たれましたので。






ソコソコ登ったので私は疲れちゃいましたが、モノ足りない二人は、

20161217_123021.jpg

何故か駐車場でローラー回す始末。

煮え過ぎてカラカラになりまっせ。







というトコロでこの日のライドはオシマイ。

ナカナカに楽しいコースでしたので、二之瀬が開通するまではまたココに来るコトになりそうです。



出来れば地元の方にイイコースを教えてもらいたいモノです。
きっと、もっと走りやすいコースがあるハズですので。


ってコトでこーさん、次回はお願いします!





【走行距離】97.3km
【獲得標高】1,532m

私以外の3名は走行距離が90km未満ですが、ソレはズルしたから。





************************************************






この日のライドはココでオシマイですが、この日はまだ終わりません。

夜の部アリです。



帰宅後、昼飯食べて風呂入ってバイク掃除したら即お出掛け。



20161217_162012.jpg


…ココはついでに寄ったダケなので目的地ではありません。
まだ例の大セール前ですし。




路さんご夫妻オススメのシャレオツなお店で、

20161217_165913.jpg



シャレオツな食事と共に、

20161217_171850.jpg



忘年会です。

6~7ヵ月ブリくらいにアルコールを摂取しました。
法事以来かな。





勿論ココ1軒で終わっては何の練習にもならんので、

20161217_201627.jpg

〆に行きます。




20161217_203101.jpg

サッパリラーメンなので、餃子も食べます。



路さん・syuさん・みっちゃまのクライマー陣はさぞかし罪悪感に悩まされたコトでしょう。
平地マンの私は何とも思いませんでしたけどね。


しかも結局約5km先の自宅まで歩いて帰ったので、一番カロリー消費したのも私という…

ブーツで歩いたので足が痛くなっちゃいましたけども。






数ヶ月ブリの雨沢に数ヵ月ブリのアルコール。

この日は走って食べてチョットダケ呑んでと、充実した一日でした。




皆さんお疲れ様でした♪






ウチのエースが行きたいお店があるとのコトなので、新年会もアリっぽいです。

楽しみです♪








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






CTR練・脅威のパワーメーター装着率編

「チミんトコの練習会に来る人なんてまず居ないかと思われm9(^Д^)プギャー」


ワシにそう言うた某関西人2名及び身に覚えのある輩は、まずワシに謝りなされ。
そして参加して下さった皆さんに羊羹1本持ってお詫びしに来なさい。








またもや初参加いただいた方々により、私たちの練習会の和が広がるコトに喜びつつも、ある種の脅威を感じた日のお話し。












その前週はクリテが雨で中止となり、久々の週末ノーライドとなりました。

あ、出張行った週も乗ってねーや。




というコトで危機感を覚え平日はいつも以上にローラーに勤しみました。
※決して中毒ではない。

勤しみ過ぎた結果、チョイと強度を上げ過ぎたようでして…







この日は出張中に格安で仕入れた冬ジャージと、某ブログを見てどうしても試したかった、

20161202_182249.jpg

コレの初着用。



このジオライン、実店舗派の私は近くのモンベルショップに行き、店員さんと相談しながら中厚手にしましたが…

いや、どう見ても薄手では寒そうだったんですよね。
だってマジで薄いんですよ。







というコトで当日の朝。


20161204_063926.jpg


長良川堤防から見る朝焼けもイイ感じですよね。
てか朝焼けは大体ドコでもイイ感じ。街中でも。

「格別の」となるとまた違うんですけどね。




そしてこの日も二之瀬方面は不安な空模様。

20161204_063932.jpg

去年の冬はことごとく雪に降られましたが、その記憶が甦ります。




この日ご参加いただいた方は以下の通り。


まず当チームから、路さん・syuさん

いつものメンバー、ツカさん

syuさんのお知り合いで、I川さんE田さん(初参加)。

そしてたかじんさんが送り込んだ刺客、M谷さん(初参加)。



この日は3名もの方が初参加いただきました。
※HNをお聞きしてなかったので、次回以降ご希望があれば仰ってください。


少しずつですが、私たちに練習ライドにもご参加いただく方が増えてきましたよ。
数名の常連さんもいらっしゃいますし。

ただ、増える度にキツくなるのがアレですが。



勿論歓迎という意味ですよ。
練習ですのでね(´・_・`)






簡単にご挨拶を済ませたらいつものコースへレッツ郷ミノル。
菊リンの子分って言われるとキレます。





それにしても…

チートモ脚回らん\(^o^)/


始まったハナから脚パンパン。
でも後ろにイパーイ居るし少しでもカッコつけないとイカンのでムリに回しますが、チートモ回りまへん。
しかもその雰囲気を汲み取って先頭交代してくれるチームメイトは皆無。
皆優し過ぎです。





二之瀬麓に着いた頃には既に私の脚はご臨終。

20161204_073439.jpg




皆さんヨユーシャクシャク。

20161204_073448.jpg



若干名が夏ジャージなのはご愛敬。



「トレーニングなのに冬ジャージなんていらん」

そういうコトだそうです。


インナーまでバッチリこいた私をディスる程。



ただ、以前波乗りしていた若い頃、私も同じ思いの時がありました。

「海の水温は二ヶ月遅れ」などという説もある程、気温や水道水と比べると海水温の冷え方はゆっくりなのです。

なので11月下旬までスプリング(半袖半パンのウェットスーツ)で海に入っていた私。
しかしドライスーツを着込み、万全の準備で海へ向かう友人。

気合が足らん!

そう言い放った私に、

「ソコ、気合必要なの?」


ウム。
無い。

実を言うと、その時の私はオーダーしてたドライスーツがまだ出来上がってきてなかったダケだったんですよね。




つまり何が言いたいかと申しますと、気温に対応した適切なジャージがオススメですよってコトです。
年中半袖半ピチはキツイ。

でもクリテでは1月でもナマ足の人いるな…
女子高生の娘も毎日ナマ足でチャリ通学してるな…

ヘンタイやで。






しかし登り始めてしばらくするとモロ後悔。

冬ジャージ&ジオライン(中厚手)ではチョーアッチー


汗がダダ流れコイてます。



ジオラインの速乾性なんぞ体感出来るハズもなく。

ジャージのチャック全開でも汗ビッショリ。
許容量を完全にオーバーしてます。

そういやこの日はそんなに寒く無かった。




ちなみに、二之瀬は皆さんチョー早い。
私が圧倒的にドンケツです。

堪りませんな。



ジオラインを以ってしても汗冷えバンバンで裏二之瀬を下っていると、麓付近で3名程停車しています。
どうやらM谷さんのバイクが機材トラブル(チェーン落ち)の様子。

今回は初参戦なので写真撮るのを控えましたけどね




無事チェーンを戻したトコロでUNCOdeQK

20161204_081634.jpg



と、ココであるコトに気付きます。




20161204_081649.jpg


20161204_081713.jpg


ムゥ…


20161204_081730.jpg


20161204_081758.jpg




パワーメーター装着率高杉\(^o^)/





この日の路さんはセカンドバイクなので、

20161204_081657.jpg

一見すると装着されていませんが、メインバイクには勿論装着済み。
しかも夫婦揃って。



そう言えば今までも我々の練習ライドにご参加いただく方で、装着してない人の方が少ないような…

こんな煮え滾った人ばっか来るからドンドンキツくなるんだぜ。


いや、歓迎なんですけどね。
練習なので(´・_・`)






そんな方々の集まりなので、勿論いなべ周回でも

20161204_093240.jpg

チギられ祭り。




ちなみに、いなべ周回に入ったトコロでM谷さんのチェーンに深刻な不具合が発生し、無念のリタイアとなりました。
先程のチェーン落ちの時にチェーンにダメージを負った様子。

ココから下り基調の高速区間もありますし、ムリは禁物ですからね。
次回はジックリご一緒しましょう。







ヘコヘコと規定周回の3周を終えて、第二UNCOdeQK

20161204_101453.jpg
※気付いた方にはココのコーラプレゼント(但し本日中に来れる方に限る)。




とにかく登りがキライな私は裏二之瀬で帰るのを全力で否定しますが、この日は殆どがクライマーさんばっかり。

多勢に無勢では到底敵いませんので、仕方なく裏二之瀬を登って帰ります。



久々に二之瀬を下りますので、タマには景色でも撮りながら降りてみました。

20161204_105441.jpg

雨沢峠と名古屋の東西聖地と言われていますが、景色・環境共にコチラのがアレですね。
主観ですが。

でも既に冬季閉鎖されておりますので、しばらく走れませんけども。






山頂で何名かの方がトイレへ凸されていましたのでお待ちしてから下りましたが、先に行った路さんの姿がありません。

ドコかで待ってるかな?と思いつつクレール平田を目指しますが、ドコにも居ません。



結局ゴール地点までノンストップで走り切ったようで、ご本人曰く「逃げを打った」とのコト。

私とのスプリント勝負を避けて、コソ逃げ打つという…


今後はソレもチェックしないとイカンのか…




クレールに着くといとうさんのお姿が。

20161204_113455.jpg

この日の練習はバックレましたが、ジャージのサイズ確認と東海シクロクロスを見物に。





そんな感じでこの日はオシマイ。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!





シメは初めて訪れた近所の鶏白湯ラーメン屋さん。

20161204_181859.jpg

コレがマサカの大ヒット。
でももう1回行って確かめてからウメーウメー騒ごうかと思います。





この日は私より二之瀬遅い人なんてこの世に居ないんじゃないかと思わせられる日でした。

そして今年最後の二之瀬。
この翌週から冬季閉鎖となりましたからね。




…そうなると困るのが冬の練習コース。

しばらくは試行錯誤ですね。
試行錯誤してるウチに二之瀬開通しそうですが。

去年は背割5往復とかしてましたけど。
あとは多度か…
アソコ、キッツいんですよね…







【走行距離】97.3km
【獲得標高】1,387m

週末頑張りたいなら平日のローラーはホドホドに。
マジで。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






実走週イチ限界説

***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。




よろしくお願いします!

***************************************










出張CTR練(美濃サイクリング)から中二日のある日。


いつものコースでCTR練。





この日ご参加いただいたのは路さん・ツカさん・BONさん




日の出前に集合場所のクレール平田へ。

20161106_060751.jpg


この時期は日の出前からのライドはキツイので明るくなってから。

明るくなる前には二之瀬麓に着きたいという、やたら朝が早いTかじんさんには季節は関係ありませんが。




この日の朝の気温は13℃。

20161106_060730.jpg

※マイカー調べ



ココ最近の冷えっぷりを思えば13℃は大したコトありませんが、この日は風も強く寒さ倍増。




にも関わらず暗い時間帯から自走で来ているハズのツカさんは、

20161106_061852.jpg

漢の半ピチ。





ちなみにこの日はある筋からお借りしたレースピで。

20161106_061935.jpg

今シーズン最後のレース、モリコロで使いたいのでとりあえず慣れておくコトに。



翌週はクリテなので使いませんし、更にその翌週はカラ出張なのでやはり使いません。

タイヤも前後張り替えたので、ちゃーんと走れるかどうかの試走も兼ねて、ホイールに慣れておこうというスンポーです。




準備をしているとようやく陽が昇ってきました。

20161106_062528.jpg


朝焼けというのは、コレから始まる一日にワクワクしてイイ気分に浸れますね。

ハァハァが待っているのでドキドキもしますけど。






全員が揃ったトコロで二之瀬へレッツゴー。









…全然脚回らん\(^o^)/

パワーも全然出てまへん。









三日前の美濃編でのダメージが思いの外深い…

翌日キッチリと回復走をしたハズですが、全然回復しておりません。
スクワットもやっちゃったので、脚をシメてからの回復走という、自給自足というか自業自得というか自転車操業というか、まぁそんな感じになっちゃったかな…



折角の軽量ホイールなので、実は二之瀬頑張っちゃうぜと心に秘めていたんですが、ゲート前(約2km)で撃沈する始末。

20161106_072141.jpg

早速一人旅。
いつものように。


しかしBONさんもツカさんもつえーです。







いつものようのUNCOdeQKして、いなべ周回へ。

ホントは鞍掛峠に行くつもりがホンのチョットだけありましたが、全員一致で回避となりました。

私のエンデューロが近いのでお気遣いいただきました。
ありがとうございます。




1周目はボチボチペース。

2周目に入るとツカさんがアゲアゲモード。



下り基調サイドはラクさせていただきつつも、登り基調サイドに入ると一気に離されます。



路さんとツカさんがズンズン先へ消えて行く…

20161106_090201.jpg




コリャやべーなと思っていると、私に救いの手を差し伸べて下さったのがBONさん。

絶妙な牽きで、前を行く二人を追い掛けます。



一切の先頭交代をするコトなく全てをBONさんに託し、ついにはツカさんを視界に捉えるコトに成功。

20161106_090934.jpg

路さんは更に逃げている様子。




ココで一気に追い付こうと前に出ます。

BONさんが発射台となっちゃったのは予想外で残念ですが。




その後はツカさんのツキイチを決めつつ路さんを追い掛け、最後の最後でツカさんにグッバイして路さんを追いますが、結局あと数m届かず。


下り基調サイドに入れば追い付きますが、登りのピークがスタート&ゴールですので意味無しなのです。

というコトで3周目はダウン気味にボチボチと。




脚が全然回らないながらもソコソコ出し切って、

20161106_093854.jpg

第二UNCOdeQK





帰りはこの日もカエル方面を通って。



今日も県道608の登りで置いてきボリ。

20161106_100100.jpg




…ボリ

20161106_100209.jpg





カエルをチラっとナニして、

20161106_101544.jpg



多度前を抜けて背割へ。




しかし十数人程度の参加者のマラソン大会が背割で開催されており、この日は貸し切りで通行止。


…背割貸し切りとか出来るんだ。


SHOROsクラスの大所帯ならば、貸し切りにしてレース出来るんじゃ…?
十数人ドコロか50人以上集まりまっせ。

去年の忘走会は事実50人超えましたし。





ってコトでこの日は長良川河川敷を走ってクレールへと向かいますが、


20161106_105808.jpg





チョー爆風de向かい風\(^o^)/






もうボチボチしか走れません。

20161106_105816.jpg




しかし反対側の道では平坦練をしているらしきローディが。


無論皆さん血が騒ぎ出して、ソレに張り合うかのようにトレイン組んで走り出します。




…私の脚は終わってますけどね。




ココに来て光るのはBONさんの強さ。

アノ方は平坦もお強い。


普段知多の背骨でイワしてるダケあります。





我らのトレインも彼らに負けてないコトが分かったら、あとはボチボチ流すのみ。


長良川河川敷も東海大橋手前で行き止まるので、あとは堤防CRをゆ~~っくり走ってクレールへ。

逆に肩コリが…





クレール平田に戻ったら、いつものように効くか効かんのかイマイチワカラン、

20161106_113802.jpg

コレを飲んでこの日はオシマイ。





しかしこの日は…というかこの日ダメダメでした。

どうやら私の脚は週イチのライドにしか耐えれないようになっている様子。



二日走りたいなら、一日は諦めてサイクリングと割り切らんとイカンですな。

週2回の実走アゲアゲはムリだす。




…ムリでも時間があれば走るんですけどね。








ちなみにツカさんは、この後更に奥様といとうさん・やまさんと走りに行くとのコトで、結局200km近く走ったそうです。



イカれてるぜ…










【走行距離】104.4km
【獲得標高】1,299m


毎日アゲれる元気な脚が欲しい…
いや、ソレより勝てる脚が欲しい。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








マムシをナニしにサツ登場


***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。




よろしくお願いします!

***************************************









前回からのつづきです。








長良川沿いをボチボチ走った後は、この日唯一のヒルクライムとなる「タラガ渓谷」へと向かいます。

20161103_092108.jpg





ココでチョイとフザけてアタックこいた私。

チョイとアゲて疲れたら脚を緩めてウヘヘヘというつもりでしたが、後ろからモーレツなイキオイで追い掛けてくるツダさんの姿が!



コリャイカンというコトで再度フミフミ。


ツダさんと二人でアゲアゲローテーションの始まりです。




短い距離ではありましたが、登り基調をアゲアゲして脚パンパン。




縁側付き自販機QKではコーラゴクゴク。

20161103_093237.jpg





息が整ったトコロでタラガ渓谷へ。

20161103_094324.jpg




#21さんとツダさんは元気イパーイ。

20161103_095748.jpg





しかしながらタラガ渓谷はマサカの通行止め。

20161103_100145.jpg


ウーン…

でも自転車は通れるんじゃね?なーんて思いも過りましたが、大人としてソレはイカンので回避します。


トンネル抜けてきたローディさんに聞いたら「ムリですよ」と言われたからではありませんよ。
我々の自主的は判断です。




というコトで仕方なくクッソ長いトンネルを走るコトに。

なかさん情報によればココは下り基調でスピード出ちゃうので安全運転でゆっくりと。





私が先頭でゆっくり走っていると、トンネルを入ってしばらくしたトコロで…







ガシャン!






このイヤな音は…











落車が発生です。

私のスグ後ろを走っていた#21さんが落車し、その後ろのツダさんも巻き込まれる形で落車。




幸い反対車線側にエスケープゾーンがあった為、全員で即避難します。

交通量が少ないとはいえ、トンネル内ですからね。




そして即ケガの確認。




すると…どうやら#21さんの鎖骨が折れている可能性が高く、自走は困難。

ツダさんも手を痛めたようですが、自走出来るかどうかは微妙なトコロ。




というコトで即救急車を要請します。




しかし美濃の山の中というコトで結構な時間を待つコトに。




3~40分ホド待ったでしょうか。

ようやく救急車が到着。


20161103_104140.jpg


救急隊員によればやはり鎖骨は折れているようです。


というコトで#21さんはココで無念の離脱。
病院直行です。




落車の原因はご本人からお聞き出来ておりませんし、暗いトンネル内での出来事で私の後ろでの落車というコトで私自身の眼で確認出来ておりませんので、今回は割愛させていただきます。
想像や想定で書くワケにもいきませんので。

ただ、誰かと接触したとかそういう類のモノではなく、単独での落車のようです。






ちなみにバイクは救急車に積んでくれません。
スペースは充分ありましたが、積んでくれません。

後ほどツダさんがクルマで回収しに来るまで、トンネル内に放置です。


皆様方におかれましても、同様の事態に陥った際には充分ご注意ください。

※稀に載せてくれる場合もあるようですよ(経験者談)。





ちなみに。

今日モリコロでツダさんにお会いし、#21さんの怪我の様子をお聞きしました。
大丈夫なようで大丈夫じゃなさそうな感じでしたが、いずれにしても色んな意味でしばらく安静のようです。

お大事にしてください。









ツダさんは何とか自走出来そうとのコトですが、手を痛めており急なブレーキ操作が難しいとのコトで、先頭固定でご自身のペースで走っていただくコトに。

後続はハンドサインも不要な程度の車間距離を空けて追従します。





しかし…



最初こそはかなりゆっくりペースで走るツダさん。

しばらくするとイケると判断したんでしょう。





スンゲー速え\(^o^)/





ご本人曰く、ツダさんの身体は過去多くの修羅場をくぐってるようで、ブラックジャック並みの傷跡が刻まれているのだとか…

ケガ慣れしているようですが、判断が何とも早い。






結局アゲアゲで走るコトとなり、板取川沿いの道をイイペースで走り抜けます。

モネの池なんざモチロンスルーです。

見てみたかったけど






すると私の電話に着信が。

見覚えの無い番号ですが、下4桁が「0110」。



マサカ…




「郡上警察です」





ナニやらイロイロ説明を求めてくるので、地元のなかさんにタッチ。

さっき救急車呼ぶ時にしたような説明をサツにも延々としています。

消防署から細かいコト聞かねーのか。
ホント縦割りなんだな。

この電話代も税金なんだろうに。





すると、事情聴取したいのでソコで待っとれとのコト。



え?

ココで?



今停車したこの場所で?





最初は現場から何で離れたんだ的なコトを言われたらしいんですが、ソリャ帰るから離れるだろうに。


今からトランポ地点へ向かうからソコじゃイカンのかい。
現場じゃないならドコでも一緒じゃないのか…?

ホント、サツって人種は…





というコトでとりあえずサツを待つコトに。


20161103_113319.jpg




11月の美濃はソコソコ寒いので、とにかく温かい珈琲でも飲んで待つコトとしますが、


珈琲飲む→オシッコしたくなる→出す→冷える→珈琲飲む(以下繰り返し)


このデトックススパイラルが止まりません。




そんなスパイラルに苦しむ中、待てども待てどもサツは来ません。







そして1時間半くらい待ったでしょうか…






ようやくサツがご登場。

で、なかさん含む全員を事情聴取。


20161103_122112.jpg

一応車両事故というコトらしいので。


…にしても随分暖かそうな格好だなオイ。

長いコト待たせておいて。





随分遅かったなと聞いてみると、現場を確認してから来たとのコト。

しかもその現場が分からなかったとのコト。



ポリ公ってのはヌケサクなのか\(^o^)/?



ソレでイラついてるから「お待たせ」の一言もねーのか。

人としてどうなんだ一体。

ソレとも郡上は名古屋と流れる時間の早さが違うんか?




全員がバイクのメーカーまで聞かれていましたが、私が「スペシャライズドです」と答えたのに対し、チャッカリと「S-WORKSです(キリリッ」と答えていたいとうさんがツボでした。








ココでチョット真面目なお話しを。



このようなコトがあると身分証明書の提示を求められたり、病院に行けば当然保険証が必要になりますので、その辺りはシッカリと携行してないとイカンですね。
私は常に保険証は現物を携行しておりますが、なかさんのように免許証と保険証のコピーを持ち歩くのがベターですね。
そのコピーに連絡先や血液型を書いておけばベストでしょう。



当ブログでは「CTR練」のお知らせをしておりますが、エマージェンシーカード的なモノを携行するようなご案内はあえてしておりませんでした。
基本的には自己責任ですからね。
携行するコトも含めて。

今後もその都度するつもりはございませんが、このような事故が起きてしまった以上、当記事をご覧いただいた方で今後もご参加を希望される方は、連絡先などを記したモノを携行していただくコトを推奨させていただきます。

よろしくお願い致します。









話を戻します。







ポリ公サツに長いコト待たされた上に長いコト拘束されて脚はガッチガチになりつつも、下り基調の板取川沿いを気持ちよく走る一向。



再び脚も温まってきてイイ感じに脚が回り始めたぜ!というトコロで再びサツから入電。

既に覚えていないホドどうでもいい内容だったようですが。




完全に水を差されてしまい、ココからゴールまではボチボチモードに。



以降はノートラブルで無事トランポ地点へ到着。


ツダさんはバイクを回収し、#21さんが運ばれた病院へ。






なかさん・いとうさん・やまさんと私の4人は、美濃で一番の食堂との呼び声高い、


20161103_133443.jpg



大学ラーメンへ。


いつぞやのリベンジです。






今回はリベンジなので迷わずネギ飯を注文。


20161103_134159.jpg



やっぱりウマい。

胡麻油の香りが漂い、とにかくウマい。

「美味しい」というお上品なアレではなく、「ウマい」のです。



小サイズで普通のドンブリくらい。

コレで250円だったかな?

コスパ最高です。





ちなみに、この日はセットを注文しましたが、

20161103_134424.jpg


ラーメンにネギ飯付きのセットではなく、あくまでも「ネギ飯セット」

メインがネギ飯で、ラーメンはセット内容なのです。

味噌串カツは私が最も忌み嫌う食べモノですので、やまさんへ御進呈。









というトコロでこの日はオシマイ。




途中離脱されたキヨさん、次は最後までご一緒出来るといいですね♪


そして不幸にも落車でケガをされてしまった#21さん。
お身体を大事にしていただき、一日も早く治ることをお祈りしております。

またご一緒出来る日を楽しみにお待ちしてます。






そして今回の事故で、我々の趣味は常に危険と隣り合わせなのだと改めて認識致しました。

落車してケガをするコトで家族友人や会社は勿論、消防や警察といった機関にも迷惑を掛けるコトとなります。


そして最悪のケースも…



これからも安全には充分注意して自転車生活を送りたいと思いますし、一緒に走ってくれる仲間ともそのような意識を常に持って走るようにします。















【走行距離】92.2km
【獲得標高】631m

にしても美濃を走って獲得標高631mて…








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター