【第5回SHOROs】念願のレアキャラに逢いに行く【大忘走会】

今年も参加させていただきました。


SHOROs大忘走会。


今回で3年目です。




思い起こせば初めて参加したのはブログを始めた年。

その時をきっかけに現チームメイトのたかじんさんと仲良くなり、今や専属ドライバーを自認するホドの仲になったリキさんとのお付き合いも始まりました。


当然SHOROsの皆さんともココからお付き合いが始まりましたが、この時のコトは殆ど覚えてません。
人が多いので。


でもその時の記事を確認すると、たくさんのコメントをいただいてました。
やっぱりココから私の自転車生活は一気に拓けたようです。




んで、去年は遠路遥々住友輪業さんが参戦。

…その時の記事を読み返そうとしましたが、そういや休止中のお話しでした。
なので殆どのコトが思い出せません。







というコトで当日の朝。




20161211_062747.jpg


イイ天気。
雨の心配など一切ナシ。

サスガKTMさんです。


しかしあまりの寒さに、

20161211_062801.jpg

霜が。



エンジン掛けて確認したら、

20161211_063258.jpg

3℃。
サンドですよ。






集合場所の「新舞子マリンパーク」はあまり行き慣れていないので、念の為早めに出たらマサカの1時間前到着。


でももう誰か着いてます。

20161211_070342.jpg

サスガSHOROsのツワモノ。
鉄板の1時間前行動。



ご挨拶したりウダウダしてたらたかじんさんご登場。

20161211_070345.jpg

早めに来てアップをする…
お互いそんな約束をしなくても以心伝心。通じ合ってます。


この日は、多くの方がサイクリングと勘違いされていますが、知多半島を周回するキャノンボールレースですからね。
最初っからアゲアゲのパーですから、アップは大事なのです。
何ならアップオイルも…ウソです。塗ってません。

ついでにキャノンボールレースも当然ウソです。
なのでどうでもいいクレームはお断り。

でもアップはします。



というコトで朝陽を撮ったら

20161211_070551.jpg

アップへGO。



ケツからたかじんさんに「ヌル過ぎて寒い!」と怒られながらアップアップ。



モモ筋に軽く乳酸が溜まったトコロで駐車場に戻ると、

20161211_074403.jpg

皆さんお集まり。



ってコトで軽くウロウロします。

INAさんのミニベロをお借りして遊んだり。
…欲しくなりますな。



そしてココでついにお会いしましたよ!



20161211_080046.jpg




トナカイさんモリゾーさんに!


一説によると5人以上のグループライドには参加しないとか、500km以下は走った気がしないとか、パーツに疎過ぎてクランクが10cm変わっても気付かないとか、サドルが反対向いていても600km走破出来るとか、まぁイロイロです。



そしてゴッドハンドの持ち主であるというコト。

最近その神の手を堪能しましたが、そのお話しはまた次の機会に。







そしてスタート時間になると猛者共がワラワラと、

20161211_080547.jpg




KTMさんの元へ。

20161211_080550.jpg



ココでいつもの調子のブリーフィング。

大人へ向けた大人のブリーフィングです。
18禁的な意味じゃない方の、大人の。




ココで毎回集合写真を撮るんですが、ナニをしてたかこーさんが完全に遅れてやってきました。


集合写真に入れなかったのが少し寂しそうでしたので、

20161211_080904.jpg

一枚ダケ。



その間、後ろで私のバイクを支えてくれてるのはデリさん
彼の原子は優しさで出来ています。
ヤラシさも備えてます。
18禁的な意味の方の。






さて。

準備も整ったトコロで忘走会スタート。


…ですが。


牽制し合って誰も出ないのは去年と一緒。

一昨年に初参加した時から私を牽くのはペロさんと決まっているので、とにかくペロさんをマンマーク。
いつもの練習仲間もソレに続きます。



スタートしてスグは街中を通るのでチョーマターリ。
むしろツーケーが痛くなるレベル。

ほぼ汗をかかない強度で走リ続けるのでたかじんさんが物足りなさバリバリです。



そしてそのまま最初の休憩。

20161211_091705.jpg


20161211_091710.jpg


勿論長居します。


しかしココで長居するコトを知らないいとうさん・ツカさんはトットと先に行ってしまい、



ココでようやく落ち合うコトに成功。

20161211_093828.jpg


このマターリ具合と休憩頻度がこの忘走会のイイトコなんですよね。
ココ最近ゴリゴリばっかりなので、タマにはこういうライドもしないと脚が休まるヒマがございません。



しかしココからの道は信号も少なく非常に走りやすくなります。
走りやすくなるというコトは、ゴリゴリイク方が必ずいらっしゃるというコト。


ココから師崎までダケは、仕方ないのでブチオさんのゴリゴリトレインにお付き合い。

気付くと一人…また一人と人数が減っていき、最終的には半分しか残りませんでした。


ブチオさんの牽きはソレほどヤベーのです。


最初はもしアレなら交代しようかな?と思っていましたが、全然タレないので交代する隙一切ナシ。

最後にスプリントカマしちゃおうな?なーんて思うヒマもナシ。
ようやく少し隙が出来たトコロで交代しましたが、既にゴール手前で私の仕事はほぼゼロ。

今度ブチオさんの出てる練習にお邪魔してみようかしら。
チギれたら帰っちゃえばいいんだし。




というコトで先頭で師崎に着きましたが、恐らくはココでもダベリタイムが始まります。
ただ待ってるダケでは寒いので、とりあえず最後尾まで向かい風オカワリ。


最初にデリさんをお迎えして、最後尾を走るリキさんとケンさんをお迎えして仕事は完了。


再び師崎に着いたトコロで、身体が冷える前にメーラン入れに行きます。

20161211_104927.jpg



勿論去年に続き「師崎ラーメン」

20161211_105036.jpg

ま、ただのアサリが入ったラーメンです。
今年も麺をホグさないので、中で固まってます。
この手抜き感がココの味なのです。



そして少し遅れてヒーローがやって来ましたが、

20161211_104930.jpg

遅れて来るということは、食事も遅れて来るというコト。


他の皆さんが食べ終わってもヒーローのゴハンはまだ来てませんが、ココで全員が席を外すと広いテーブルで独りぼっちに。
デジャヴ感が半端ねーっす。

ソレだけは避けましたけどね。
ソレだけはヤバいですからね。




そしてココからは背骨を走ります。

アップとダウンしかないキツイ道。
風もきっと向かい風。


でもこの日唯一撮った景色らしい景色はココのみ。

20161211_113214.jpg

海っぺリに来たのに。




ボチボチ走ると、えびせんの里に到着です。

20161211_123230.jpg

また休憩です。



警備員さんに丁寧に案内されて、総額数百萬円だか壱千萬円だかのバイク群。

20161211_123227.jpg

入れ食いです。



ココではトイレをお借りして、珈琲もシバきます。

20161211_122300.jpg



毎回バックパック背負ってくればヨカッタと後悔します。
えびせん買いたいのに。




この後は高速沿いの激坂走ったり、道を間違えたいとうさん追っ掛けてこの日の最大出力叩き出したりしながら最後のコンビニ休憩。



ソコで開店するモリゾークリニック

20161211_132854.jpg

このお二人、4年ほど前からお互いのブログでコメントされていたようですが、お会いするのは初だそうです。
ソレほどモリゾーさんと遭遇するのは難しいというコトですね。




最後の休憩で甘いモン食べたら、この後もマターリ走ってそのままゴール。

20161211_140723.jpg



それにしても…


ほぼ最後方でゴールのハズなのに、だーれも居ません。

20161211_140714.jpg


サスガ大忘走会。
スタート前とゴール後でこんなに人数違うとはサスガ過ぎです。



と思ったら。




20161211_141102.jpg


中にムッサイオヂサン達がワラワラ集まっておりました。

NEWジャージの試着会ですね。






今年も無事(私と私の周囲に限っては)一切のトラブル無く終了しました。

まだまだ走りますのでこの忘走会で走り納めとはなりませんが、一年の締め括り的な感じになりますね。

また来年も開催していただき、是非とも参加させていただきたいモノです。



いや、その前に新年早々ペダルをクルクル回すという、新走回転ツーリングが開催されるとかしないとか。

無ければ我らがCTRで開催しましょうかね。
全く同じコースを休憩ナシで。
いや、休憩はしたい。
食事がナシかな。


参加者が集まりそうなら開催します。






KTMさん、そしてSHOROsの皆さん、今回も楽しいライドありがとうございました。

また、よろしくお願いします♪







疲れて無くてもガッツリ〆ますよ。


20161211_180544.jpg



走ったならば食う!
コレ大事。







【走行距離】96.1km
【獲得標高】713m

最大の収穫はアノ方と連絡先を交換したコト。
コレで来年はカツル!







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






【カラ出張編】そして亡走&肪走de房総を楽しむ

前回からのつづきです。




養老渓谷を充分に堪能(紅葉はビミョーでしたが)した後は、私オススメのお店へ旨い飯を食べに行きます。

よくあるローディのウマイウマイ詐欺紛いの「美味しい」ではなく、過去2回共クルマで訪れてますので自転車効果抜きで美味しいのです。



しかも千葉にあるのに何故か名古屋在住の私が今回で三回目、埼玉在住(要はほぼ地元)の兄が初めてという優越感。




というコトで向かったのがコチラ。

20161118_151056.jpg

九十九里にある「ばんや」さんです。



ええ。

前回のカラ出張編でもご紹介しましたよ。行きましたから。

二ヶ月連続です。



前回は「イワシ尽くし定食」を食べましたが、今回はその時食べ終わった後に気付いた「アジ尽くし定食」をいただきます。

20161118_152233.jpg



初心者の兄は、とりあえず私オススメのイワシ尽くしをば。




しかし…




アジ尽くし最高\(^o^)/


兄には申し訳ありませんが、アジの方がウメーのです。
値段もお高いですけどね。

兄もガマン出来ずにアジのなめろうを追加で食べるホド。



更にハマグリまで頼む始末。

20161118_152613.jpg

大きいモノより小振りの方が味が濃くて美味しいらしいですよ。
事実激ウマでした。

コレは止まりまへん。




食後は一応海を見に。


20161118_154807.jpg



学生?と思しき若者がナニやら変な撮影をしてましたね。

いや、エロ系のとかじゃなく、ウエディングドレス来た女の子が座り込んで独り言を…






・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






・・・・・というコトで。





関東在住、あるいは千葉に土地勘のある方ならもうお気付きでしょう。





南房総から養老渓谷を経由して、ココ九十九里まで来ると余裕で100km超えます。
無論片道で。

二人揃うと途端にキバが抜けまくる我ら兄弟。

この日が短い時期に、いや、日が長くても200kmライドなんて…








ええ、そうです。









クルマdeツーリングです\(^o^)/

20161119_133222.jpg


要は単なるドライブですね。





実はトランポ先に着いた時点でサッパリ走る気を無くしましてね。

元々兄はあまり乗り気ではなかったんですが、今回は私が若干お疲れだったのと数日後にレースを控えていたのと、ヤル気がイマイチなのに走ってナニかあってもイヤだとか、もうソレはソレはネガティブ要素に完全に包まれまして。


バイクを降ろすことなくそのままドライブへGOしたのです。

いつかの下見という体で。




なのであの千枚田も、

20161118_101205.jpg



実はこんな感じです。

20161118_101200.jpg



20161118_101344.jpg






当然養老渓谷も、

20161118_115143.jpg


20161118_120541.jpg




こんな感じ。

20161118_115217.jpg


20161118_120621.jpg





自転車乗ってないので、チカラが漲っちゃって


20161118_122321.jpg


20161118_122305.jpg



二人にハンドパワーが宿り、イチョウの葉程度なら浮かせてしまいます。




尚、この画像を妻に見せたらホンキでタネが分からず、我々がトリック使ってるだとか葉っぱを放り投げてその一瞬を撮ってるだとか的外れなコトを言うてました。
んなことワザワザしねーっつーの。


正解が分かった方には銀杏一粒差し上げます。






そして滝めぐり。



幻の滝も、

20161118_124536.jpg



チョー激坂の階段をキッチリ下まで降りました。

20161118_124824.jpg

帰り(登り)が結構なキツさでしたけどね。



この道も

20161118_130203.jpg




ズックで練り歩きます。

20161118_130522.jpg

ビンディングで歩ける場所じゃないっす。




なので私もハシャいで…




あの中州行きてーな。

20161118_132022.jpg




むむむむ…

20161118_132047.jpg





ドヤ。


20161118_132116.jpg



ってなモンです。







途中の滝でもキッチリ記念撮影。

20161118_132903.jpg







しかし何だかんだで2時間以上歩きましたので、結構疲れました。
自転車より疲れたかもしれません。
温泉もナシでしたし。



帰りは探し物を求めて某ショップへ行ったりしてたら結構な時間に。




普段は翌日の朝4時に起きて都内が渋滞する前に帰るんですが、既にその気は一切ナシ。
近年稀に見るダラケっぷりです。



なのでこの日の夜は1時間以上並んで、

20161118_205235.jpg

前回ハマった鶏白湯ラーメンを。


でも後日ウチの近所でもっとウメーの見つけちゃいました。
なのでもう並びません。






翌日も昼飯を食べてからノンビリ帰宅予定なので、兄オススメのとんかつ屋さんが高田馬場にあるとのコトで凸しますが、なんと(推定)40名以上並んでいるので断念するコトに。

関東の人間は並び過ぎだっつーの。



でもココは取引先から近いことが判明しましたので、次回平日に訪れるコトとします。



なので第二案のお店へ。

20161119_125512.jpg



ココは蕎麦屋さんなんですが、「つけ蕎麦」という一風変わったお店。



最初は「蕎麦」と聞いた時、年3回長野に帰っててあえて東京で食うんかよと軽くディスってましたが…





20161119_124048.jpg



スンマセン。

チョーうめーっす。



私が頼んだのは冬季限定の豆乳何とかつけ蕎麦でしたが、想像以上です。
期待値低かった分、完全にイイ意味で裏切られましたね。



兄の冬季限定カレー何とか蕎麦も、

20161119_124052.jpg

コレマタ絶品。




我々兄弟の舌は見事に合うのだと改めて認識しました。

兄がウメーと言うものは私もウメーのです。



いや、今回勧められたあるラーメンが外れだったな。
信じきるのはやめよう。








ということで、ワザワザ社用車にバイク積んで、週末兄とワザワザ房総まで行って1mmもバイクに乗らずに帰ってくるという…

当然名古屋に帰ってからもノーライド。
一応ローラーは回しましたけど、旅疲れのせいで軽くクルクル程度。




三日後にはモリコロ控えてるってーのに、この精神的なヘタレっぷりがヤバいです。





そしてそのヘタレっぷりは当然結果にも反映されるワケでして…













【走行距離】知らん(クルマなので)
【獲得標高】知らん(クルマなので)

但しローディングはバッチリ。
カーボもファットも。





春は必ず走りますよ!

ある方とお約束もしましたし!

ホントに聖地行きますよ!






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







【カラ出張編】房総de暴走…いや望走

前回からのつづきです。







前日深夜にようやく決めた行き先は房総半島。




そういや去年もこの時期に房総行きました。

そのクダリは当時ブログ休止中でしたので記事にしておりませんが、一日かけて190kmくらい走りました。
しかも兄が自らルート引いたクセに、最後の峠をバックレる始末。
その上、「自分で引いたんだからバックレんな。行こうぜ。」と言うとマジギレして「オレは行かねえ!」とか言い放ち、トットとコースオフして一人でコンビニ休憩する始末。

当然私はキッチリ登ってから合流しましたが、ソレがまた激坂でしてね。

140km以上走ったトコにMAX19%の激坂用意するわ逆ギレしてバックレるわでもう散々でした。
ラスト20km程で雨に降られますし。


ただ、最後はウワサのマスゾエ風呂を奢ってもらいましたので全てチャラ。
ヤツは頻繁に私をカネで買います。





今回もマスゾエ風呂に入ろうかとも思いましたが、今回は南房総を走りたかったのでアソコ付近を拠点にするとチト距離がアレなので断念。







というコトで当日の朝。

写真多めでバンバンいきますよ。







兄の家を出て高速乗って現地へGO。
南房総にある某道の駅を目指します。



途中、

20161118_082551.jpg


今ホットな場所である豊洲を眺めつつヒトゴトを堪能。



10月には築地も行きましたし、とりあえず押さえるトコは押さえた感じですね。





アクアラインを抜け千葉県に入った途端スッカスカとなる高速のおかげで、あっという間にトランポ先に到着です。

毎度のコトですが、時間も押していましたのでトットと出発。





クルマの少ない山間の道を走ると、最初に現れるポイントがコチラ。

20161118_100456.jpg

村一番の千枚田好きとしては外せないのですよ。


千枚田といえば登りですが、この景色が好きな私にはそんなコトなど意に介さず



最初に見つけたこの看板のトコロは、

20161118_100635.jpg

実は大した景色では無いのですが、この看板がある以上ココがメイン的なアレかと思い若干ガッカリ。



でも大丈夫。



20161118_101205.jpg


もう少し上に行けば、



20161118_101228.jpg




素晴らしい千枚田が見れます。



ベストシーズンに見てみたいですが、私が関東に(会社のゼニ使って)訪れるのは3・4月と10・11月。
まだ水を張る前でしょうし、確実に稲刈り後です。




このまま上に登り、房総最高峰というフレコミの愛宕山方面へと行きますが…


20161118_102125.jpg


割とマジでクマがコワい。

でも「クマ出没注意」の看板が全然無いので、この辺はクマが出ないのでしょう。



近くに航空自衛隊もありますので、

20161118_102448.jpg


何かあればココに駆け込めば問題ナシです。






この後は房総半島先端へ攻め込もうかと思いましたが、海ばっか見てもアレですので北上するコトに。
ソコには我々の練習場にホド近いトコにあるアソコと同じ名前の滝があるということで、ソコをチェックしに行きます。



ソコとはココです。

20161118_114035.jpg

「養老渓谷」です。



岐阜にも養老の滝がありますが、コチラにもあるようです。
どっちがアレなのかこの目で確かめねばなりません。



その前に、せっかくの渓谷を堪能します。

20161118_115143.jpg


20161118_115345.jpg


20161118_120347.jpg


20161118_120541.jpg




ココの川にはチョイチョイこういうのがありますので、

20161118_115319.jpg

川の中からの景色を楽しむコトも出来るのです。





ちなみに。


この看板がクマよりコワい。

20161118_120147.jpg

何かホントに出そうな気がするのはコッチですよね。



そして、やっぱり紅葉は遠くで見るのが良いですね。

20161118_115744.jpg

よく見たらただの落ち葉です。

なかさんが仰る通り。
単なる枯れた葉っぱですね。





途中、こんな雰囲気のいいトンネルも。

20161118_121348.jpg




次の目的地を向かおうとフト下を見ると、

20161118_121831.jpg


私のVENGEカラークリソツなカラーのキャットアイをハケーン。
コレだけでコッチの養老に軍配が上がりそうになりますな。






そしてコチラにも「養老の滝」があるというコトで、そのついでに

20161118_123850.jpg


滝めぐりをしちゃおうってコトに。




ココの直売所では某販売所の約半額で自然薯が売っていたり、ハンドボールくらいのサイズの柚子(シシユズ)が売っていました。

20161118_123604.jpg

しかもこの大きさで200円。


オバちゃんにこのシシユズの調理方法?というか使い道を聞きましたが、私の手に余りそうでしたので購入は断念。
そもそもデカ過ぎですし。




さて滝めぐりです。



最初はココ。

20161118_124331.jpg



エライ下にあります。

20161118_124536.jpg

サスガ幻の滝。

見に行くのに200円要りますけどね。




メインの養老の滝以外は名前を忘れてしまったので、とりあえずご紹介。



20161118_130255.jpg


20161118_130824.jpg
あ、コレ違う。


20161118_132812.jpg



途中沢ガニも居ましたよ。

20161118_131426.jpg

時期的になのか死骸の方が多く、生きてるカニの方が珍しかったですけどね。





そして最後に控えるのがメインの養老の滝。

20161118_133714.jpg


岐阜の養老の滝とは全然違いますね。
むしろ真逆っぽい感じです。



別名「栗又の滝」だそうです。

20161118_134638.jpg




ちなみにココは滝の横にも道があって、

20161118_134212.jpg

滝の中腹も見れます。
季節が季節なら滑り台のようにココを…いや。ケガするな。


この上流にも行けそうですが、

20161118_134320.jpg


水のイキオイ的にも気温的にもリスク大なので今回は勘弁してやりましょう。





そして実はココからの入口がメインっぽい感じのアレでした。

20161118_134701.jpg

滝の規模的にも、ココから入って養老の滝ダケ見れば充分だったような気がしないでもありません。



ただ、こんな感じのトコロを歩くのはナカナカ珍しいのでアリですけどね。

20161118_130203.jpg





尚、近くを走る道路には展望所がありますので、

20161118_135142.jpg


歩くのは勘弁!って方でも楽しめます。








そしてこの後はメインのアレを食しにアソコへと向かいます。










つづく!








…賢明な読者様はどの辺でお気付きになったかな?


お気付きの方もそうでない方も、いつもと変わらぬ愛のポチをお願いします。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








【カラ出張編・まだ序章】聖地巡礼的な(一応いつかの下見)

前回からのつづきです。





私の頭文字Dを確認したトコロで温泉に入りチェックアウトギリギリまで爆睡コイた翌日。

…は、ちゃーんと仕事しましたよ。



ソレからゴニョゴニョ日後。



栃木県某市のホテルでチェックアウトギリギリまで過ごし、

20161117_092041.jpg


ロードバイクのメッカ的なあの街へと向かいます。




ホテルから遠くに望める筑波山は前回仕事中に行ってキッチリとロープウェイにも乗りましたので今回はパス。

もしあの街に住む友人の都合が悪ければ日光に行くつもりだったんですけどね。




某国道(バイパス)を北上してその街に向かったんですが、道がスッカスカで予想以上に早く到着。

待ち合わせの時間まで1時間以上あります。



途中コンビニに寄りましたが、

20161117_104050.jpg

郊外にして既に自転車天国を匂わせるナニが。




そうです。

この日訪れたのは宇都宮市



言わずと知れた自転車乗りの街。


…街中を散策してる分には特にソレを感じませんでしたが。





待ち合わせまでヒマなので、当然向かうトコロと言えば

20161117_112432.jpg


自転車屋さんです。



私は以前都内某ショップで掘り出し物の特価ジャージを見つけたんですが、その時は結局買いませんでした。
しかしソレを激しく後悔しており、最近は必ず特価ジャージをチェックするようにしています。

特に冬モノは高杉ですのでね。




というコトでココにもありましたよ。

某ジャパーンブランドの特価冬ジャージが!




一応試着ダケして即購入!




一見すると防風素材なので多分大丈夫だとは思うんですが、レジで念の為聞きましたよ。


コレで冬は越せますよね?




「いや、キビシーですよ」

「日中で強度高めならイケると思いますが、朝はキツいと思いますよ」




mjk。

明らかに防風なのにか。


でもコレ安いし欲しいしなぁ…





ハッ!




ちなみに、ココら辺は真冬の朝って何℃くらいですか?






マイナス10℃とかありますよ」





ソリャムリだワイ。

名古屋をナメたらイカンぜよ。



ってコトで無事購入。


名古屋の朝はせいぜい3~5℃くらいですからね。多分。




ちなみにこのジャージ、一応ググったら0~8℃対応でした。
名古屋ならヨユーで冬越せます。


そしてこの話を宇都宮の友人にしたら、

「ソレは盛り過ぎですね。マイナス5℃とかは普通にありますけど。」




だよね。

二年程前もてぎの正月レース行きましたけど、アノ辺でマイナス7℃でしたし。




ライド中ならナニ食ってもウメーウメー言うヤツいるわ30km/hしか出てねーのに40km/hでオニ牽きがーとか言うヤツいるわで自転車乗りってーのは盛り好き大杉ですな。





そうこうしているウチに友人との待ち合わせ時間にモロ遅刻





昼飯なんにする?と聞かれるまでもなく、私の希望を汲み取ってくれて迷わずオススメの餃子店に連れてってもらいました。

20161117_115406.jpg

ちなみにピン子は居ませんでした。


友人によれば、宇都宮には二大餃子チェーン?店があるようなんですが、個人的にはイロイロな意味でココがオススメだがや(彼は名古屋出身)とのコト。



餃子屋さんなのに結構なお客さんがラーメン食べてたのが若干気になりますが、徹底して餃子を味わいたい私は焼きと水餃子をば。

20161117_120623.jpg
※水餃子は1人前ではありません。取り分けたダケです。1人前はこの4倍くらいあります。


結構な大きさの餃子が6個入って250円は大変リーズナブルでアズナブルがキャスバルの妹はアルテイシアです。
…「ダイクン」に親近感を持ったワケではありませんよ。私がダイズだからって。


コレだけで充分お腹イッパイです。
ホテルのバイキングでアホみたいに食べ過ぎたのを加味しても、充分です。

当然味も美味しいです。
宇都宮で餃子は、築地で海鮮丼くらいのプラシーボかもしれませんが、ホントに美味しいです。




友人が、


「せっかく遠くから来てくれたからオゴルよ」


そう言ってくれましたが、


20161117_121911.jpg



二人で千円チョットとか、そういうの全然関係無いんですよ。

その心意気が嬉しいんですよ。




この日宿泊する兄の家に持っていくお土産(餃子)もココで購入。

ソロソロ名古屋土産も飽き飽きしたでしょうからね。
台湾ラーメンのインスタントラーメンとか。





そして食事中、友人が私の心をソソる話をしてきます。



「そういえば宇都宮で自転車レースがあったみたいで、その日この辺はピチピチの人たちで溢れてたよ。」



ソレ、ジャパンカップじゃねーか。




「ココの近くが会場だったみたい。」




ソレ、古賀志林道じゃねーか。

連れてってクレヨ。




その友人も勿論仕事中でしたが、この日の午後は私の為に空けてくれていた様子。




というコトで早速スタート&ゴールとなる某駐車場へGO!


とその前に素敵な看板を見つけてパチ。

20161117_130757.jpg

自転車がかなり浸透しているようです。

この場合のヘルメットは自己防衛というより、ツノで事故相手を刺さないようにする為でしょうな。
でもツノ出とるのう…





そしてホントにスグ到着。


20161117_124628.jpg



でもワシが写り込んでるので撮り直し。



20161117_124639.jpg





早速コースを見学下見しに行きます。


友人もココのコトは全然知らないので私のチョーにわか道案内で進みます。




ホゥ…こんなダムの上走るんか…

20161117_124854.jpg



景色もナカナカ…

20161117_125132.jpg







道間違えました\(^o^)/






気を取り直して林道を進みます。


20161117_125319.jpg






また道間違えました\(^o^)/





意外と分かり難いぞ…





更には…


20161117_130139.jpg



クルマは下見も出来ないというオチ。





ま、駐車場が分かったダケでも。

また今度バイク積んで来ますよ。




…来るのか?




名古屋から400km近く走った兄の家から更に150kmくらい走ったトコにあるココに、1周10kmの道を走りに、ホントにまた来るのか?

多分我ら兄弟の性格からして、2~3周したらクルマで餃子食ってショップ巡りになっちゃうけど、また来るのか?



ココを絡めたナイスなサイクリングコースを見つけたら考えよう。
日光は遠いのかな?







というコトで聖地巡礼はオシマイ。


兄の家へと向かいます。






しかしココで一つ問題が。






翌日走りに行く先が未だに決まっておりません。




実は今回関東で最も有名と名高いある峠へと行こうとしましてね。

しかし道がサッパリ分からんのでどうしよっかな?と思っておりましたが、最近寿司職人から砂場職人へとジョブチェンジしたというウワサのある御方とコンタクトを取るコトに成功しましてね。

オススメのコースを教えていただこうとしたんですが、ナニやら裏サイドが工事で走れないので登りマニアでもない限りイマイチな感じとのコト。


んじゃ春にまた来るのでその時はよろしくお願いしまっす!というコトで、今回は断念。





結局深夜まで行き先が決まらず、ヤッツケ仕事でコースを決めてルートラボを作成。
最近兄はカッコつけてガーミンをヤメたので、名古屋在住の私が関東の道案内をするライドに。






そんなライドの様子はまた次回以降に…








つづく。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





【カラ出張編・序章】そういやワシの頭文字もDだった

先月この秋2回目のカラ出張へ行って参りました。



更に「カラ感」が増した今回の出張…というよりは遠征…というよりは「ただの」旅行と化した今回。

会社のゼニで行っているので、文字通り「旅費タダ」ですな。
いつか怒られるキガス。
会社の連中にこのブログだけは絶対バレたらイカン。








今回は序章ですので写真モロ多めでお送りします。

移動日というコトで自転車乗っておりませんのでね。








今回のカラ出張は中央道を走って群馬は高崎でヒト仕事を済ませ、そのまま埼玉北部へ凸。
その後は茨城・栃木と回って、(気が向けば)千葉北部をナニしてから兄の家へと向かうスケジュール。

そしてこの時期最初のお楽しみは紅葉です。



中央道~長野道~上信越道と高速をフルに使って高崎入りするのもアリなのですが、ソレではツマランというコトで毎回岡谷で下りて中山道を通り和田峠を越えて行きます。
特に秋は。
春は気が向かなかったら高速フル使用ですが。



狙いは当然和田峠の紅葉と、ココの産直販売所で売っているジャムの購入です。




去年は駒ヶ岳付近でもかなりいい紅葉が見れましたが、今回はイマイチ…

コリャ和田峠も期待は出来ないかな…?




というコトでビューンと和田宿に到着。

20161115_112558.jpg





ココの道の駅的なトコに架かるイイ感じの橋から山々を眺めます。


20161115_112512.jpg


20161115_112526.jpg


20161115_112545.jpg



…天気のせいかな?
去年の方が鮮やかだったような気がします。

ソレとも今年は来るのがチト遅かったかな?



お目当てのジャムを買ったらトットと佐久方面へと向かいます。



その道中もナカナカのイイ景色。

20161115_113459.jpg


20161115_113509.jpg






この後は佐久から高速に乗り妙義山の麓にあるインターで降りますが、いずれ上毛三山制覇を目論む私はついつい三山全てのチェックをしたくなっちゃいました。

今回はソコソコ時間にゆとりがありましたのでね。





ってコトで迷わず妙義山へ凸します。


20161115_125504.jpg



そういやココはナイトキッズの中里がハバを効かしてるトコだったな…

しかし走り屋が走るような道には到底思えんが…


と思ったら、後から調べると私が走った道(高速から道の駅へ向かう道)の反対側がホームコースのようでした。
次はソッチ側を下見しないとイカンですね。



今回はチロっと観光をば。


20161115_125957.jpg

革靴なのでココを登る気にはなれず。
スニーカーでも登る気にはなりませんが。


もう少し上に行くとコスモス畑がありました。

20161115_130759.jpg



想像してみてください。

スーツ着たオッサンがチョットだけ観光客で賑わう中、ローアングルで写真を撮る姿を…






そしてお次はココへ。


20161115_133733.jpg


20161115_133638.jpg



ハルヒルのスタート地点です。


そうです。

榛名山です。



そういえばリキさんがココを嬉々として登っていらっしゃる記事を何度か見た記憶が…

リキさんが嬉々とする時点でお察しな坂ですが、コチラはクルマなのでチョー余裕です。




市役所(スタート地点)を出てスグの交差点では、街がハルヒルを盛り上げようとする看板がチラホラ。

20161115_133805.jpg




麓から見た榛名山。

20161115_134139.jpg


スンゲー遠い。
マジすか。
コレ登るんですね。しかも嬉々として。



一応自転車で登るのを想定してクルマを走らせますが…

コレはキツそうだ。


コレ登って帰るダケならいいですが、ドコか走ってココ登るのはキツいなぁ…




ハルヒルサイトをチョイチョイ確認しながら登りますが、初心者ゴールは分からず終い。

神社ゴールは鳥居があるので何となくココかな?と。

20161115_135430.jpg



途中アヤシイ岩があったので一応チェック。

20161115_140029.jpg


私の横でアベックがキャッキャしながら写真撮ってましたが、想像してみてください。

その横でスーツ着たオッサンが(ry




このアヤシイ岩を過ぎればスグ山頂です。

20161115_140309.jpg


自転車ラックもアリ。

20161115_140350.jpg



榛名湖っぽい風景もシッカリと押さえますよ。

20161115_140530.jpg




ホゥ…ボートもあるのか…

20161115_140427.jpg


んん?

アレ?

何か見覚えあるぞ…?



んんん?



マサカ…




榛名…はる…春…

春…秋…秋名…




ココか!


秋名山ってココなのか!



と、この日初めて知りました。

この漫画ファンには常識なのでしょうか?




どうりで登ってる間タイヤ痕がチラホラ…

でも何か道が違うキガスルけども…




そう思いレッドサンズのお膝元へと向かうべく、反対側を下っていると…



ああ…コッチか!



何となく理解しました。




でも走り屋対策?でコーナー前にデコボコが満載。

こんなトコ攻めたら吹っ飛びそうです。



ダウンヒルのゴール地点と思しき場所には、平日の昼間にも関わらずソレっぽいクルマが数台。

町中ではマフラーボウボウいわしたパンダレビンも見かけましたし、彼らにとっては聖地的なアレなんですかね。





ココから赤城山はソコソコの距離がありました。

1ライドで上毛三山を制覇しようかと思ってましたが、この山々登ってこの距離はリームーですね。
片道でもキツイ。




ナビに従いクルマを走らせますが、ドレが赤城山だ?なーんて走っているウチに山の中に入り、気付くとこんなトコに。


20161115_152351.jpg


20161115_152332.jpg



既に冬の風景ですね。




山頂の大沼付近も冬景色。

20161115_152839.jpg

風も強くてサムイサムイ。





ココに滞在しても特に何も無さそうなので、トットと裏山っぽい方面を抜けて

20161115_153613.jpg


下山します。





途中下界が望めましたので一枚ダケ。

20161115_153720.jpg


殆どは木々に囲まれて景色はチートモ見れません。






散々寄り道したせいでこの日の宿への到着がスッカリ遅くなってしまい、ホテルから「まだですか?」と電話が入るホド。







最後はホテルの漫画ルームで、

20161115_192401.jpg




今日の復習をします。

20161115_192606.jpg



1巻で復習しようと思いましたが隣に座ってたオッサンが1~4巻までキープしてやがりましたので、仕方なく5巻を手に取りました。

しかしコレが見事にお兄ちゃんとの対決巻という素晴らしさ。
しかも秋名山(榛名山)で。



ただ…

コースは一切シンクロしませんでした。



そりゃそうですよね。

漫画では常にコーナー攻めてますし、どのコーナーがコレ!って分かるホドのマニアでもありませんし。






無事今日の仕事を全て終えたら、あとはヒトっ風呂浴びて明日に備えてオヤスミナサイ。






カラ出張はまだ初日。


まだまだ続きます。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村









プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター