岡国deトロッフェ・バラッキ

ソレはちょうど1年前。


「第6回晴れの国おかやま7時間エンデューロ」にて2時間ソロで出た時のコト。

同じ時間帯ではトロッフェ・バラッキも開催されておりました。



その時2時間をほぼ8割牽き続けた漢気コンソメさんと「アレも楽しそうだね」というハナシに。



しかも15組しか出てないしもしかしたらもしかして表彰台とか狙えちゃったりするんじゃね?的な目論見もあったりなかったり。


いや、正直になりましょう。


むしろソレをメインで狙ってました。





しかしソコに立ちはだかるジャージ問題。

トロッフェ・バラッキには同じジャージを着て走らねばならんという規定があるのです。



私とコンソメさんは違うチームに属しておりますので、当然同じジャージなど持っているハズもなく。

んじゃテケトーなネタ中華ジャージでも買おうかという案も出ましたが、中華はクオリティが明らかに低く、しかもネタ仕様であれば普段の練習で着るのもどうなのよ?って感じ。

かといって2枚ではオーダージャージも作れん。



というコトで。



コンソメさんにバッハジャージを購入していただくコトになりました。


20170416_300003.jpg


ただ1枚作るダケだとアップチャージが掛かっちゃうので、ついでに募集をしたトコロ、おかげさまでソコソコの枚数を作らせていただくコトになりました。
作ったのは路さんで元々のアレはリキさんですけど


そろそろ暖かくなってきましたし、せっかくバッハジャージもたくさん配れたので近いウチにバッハライド(バッハジャージ所有者限定ライド)を開催し、白いトレイン組んで走りたいモノですね。

鈴鹿終わってからかな。

現在再び絶賛膝崩壊中につき、トレーニングお休み中なので鈴鹿はもうサイクリングと割り切ってますが…






というコトで無事ジャージ問題も解決し、予定通りトロッフェ・バラッキにエントリーするコトにしました。



そしてレース1週間ホド前。

エントリーリストを確認すると…




去年の倍じゃん\(^o^)/



マジオワタ。

しかもどうやらガチ勢もチラホラいらっしゃる様子。



コリャ表彰台ドコロか入賞もアヤシイやで。




更に更に。

この冬トレイルにウツツをヌカしたおかげでオモクソ膝をブッ壊した私。

モリゾー先生の愛の手によりコト無きを得たかのように思われましたが、ソレでも痛いモノは痛い。


そして天候などの不運も重なり全然乗り込めてないという現実。

ココまでマトモな練習は多分1回くらい。
その1回の練習でも明らかな衰えを感じるレベル。


ソレに対しコンソメさんはというと、トロバラに備えて機材はバッチリTT仕様。
週末はオソロシイ方々と高強度な練習に明け暮れている様子。


ただでさえ彼の方が早いのに、その差はますます開く一方。


こりゃヘタこいたらトロバラなのにチギられるやで…







この際雨でも降ってくれんかなと思いつつ迎えた当日の朝。










20170416_060133.jpg


モロ快晴。

サスガ「晴れの国」
写真は名古屋の自宅付近ですが。




レースは午後からなのでワリとノンビリ出発。

とはいえ東名阪は6時過ぎると四日市~鈴鹿間で渋滞するので、ソレを回避出来る時間に出発。




そしていつものウ○コローソンでコンソメさんと待ち合わせ。



そのローソン。

最初に見た時は「小便器でデカイ方するのヤメテちょーだい」的な貼り紙が。

次に見た時も確か同じ。

そして3回目に見た時は「何度注意しても止まらんので小便器使用禁止にするやで」に。


この時は大阪の恐ろしさに身が震えたモノです。


そしてその次は使用可能になっておりましたが、相変わらず使い方に難がありそうな雰囲気の貼り紙が。



そして今回。


20170416_073246.jpg



民度低過ぎ\(^o^)/



故に通称ウン○ローソン

このお店が悪いワケではなくお客の質が低いが故にこう呼ばれるこのお店…
不幸過ぎる…



そういやきっちさんちがココからワリと近いらしいですね。
フム、ナルホド。




無事コンソメさんをピックアップし、バーンと走ってあっという間に西播磨。

あっという間過ぎて早く着いちゃったので、あすこで一杯引っかけて行きましょか、というコトでソコへ向かいますが…


20170416_090017.jpg


マサカの開店前。

10時からだったんですね。


ちなみに我々の練習スタート地であるクレール平田に向かう途中、愛西市にある喫茶店は朝5時半に通ると既に開店していてしかもお客さんが数名入っています。
開けてる方も開けてる方ですが、朝5時過ぎから喫茶店に行く人もスゲーな…

だから名古屋人は毎日喫茶店でモーニングとか誤解されるんだな。
そういう人も居るんでしょうけども。



だるま珈琲で美味しい珈琲&アイスクリームonトーストを食べ損ねた我々。

いずれにしてもレースに向けて何か食べておきたいし、しかし岡国近くまで行くと陸の孤島であるあのサーキット付近にはナニも無いのでどうしましょ?というコトで…



20170416_094407.jpg


人生二度目の丸亀製麺がマサカの開店待ち。

朝10時からうどん食べるの我々くらいかと思ったら、チョイチョイお客さん入ってきましたよ。
皆さんお好きですね。



あ、そういえば。

以前香川でうどんサイクリングなるモノが開催されたコトがありましたな…
また開催されないかな…チラチラ






うどんを食べてお腹も満たされたトコロで岡山国際サーキットへと向かいます。


道中コンソメさんがラップクリップをチェックして、ダレがどんな感じだかを確認しつつキャッキャウフフしながら向かいます。

4時間の部の先頭集団は結構エゲツないラップタイム刻んでいたようですが…
マトリックスさんキビシ過ぎですね。






20170416_112206.jpg

去年の秋以来、かな。

確かチーム戦で出て住友輪業さんホワイト輪業と改名したあの時以来かな。

どうやら未だに元の「住友輪業」には戻れてないようですが。




荷物を持って主に臨時漕会の皆さんがタムロしてるピットへお邪魔します。


20170416_121347.jpg


相変わらずの大盛況。

そしてローラーにセットした私のバイクを、腕組みまでして難しい顔で眺めるバスク輪さん



しかしオカシイな。

まだ4時間の部はレース中にハズなのにソロで出てるハズの住友さんがピットでくつろいどる。


アリコさんも佇んでいたのでてっきりチーム戦かと思いましたが、どうやらソロで出場も途中でご帰還の様子。


ソレほどキビシーレースだったようです。




しかし我々は見えない敵との闘いなのでソレほどのキビシさは無いハズ。

なのでリラックスしてブースを徘徊し、

20170416_121533.jpg


シーセクなチャンねーを盗撮。





先日守山野洲川クリテにおいて、ノーアップでトロバラに臨んだらエライ目コイたので、今回は路さんから借りたローラーを使ってキッチリアップ。


20170416_300002.jpg


といってもあまり時間が無いので15分ホド。

少し心拍上げて汗かく程度に身体を温めます。


その後はアップオイルも塗り込み、やれるコトは全て完了。
当然2RUNも飲みます。





レース前に出来るコトはやりましたが、そもそも私の脚が準備不足であるコトは間違いナシ。

いつもとは違う、何とも言えない緊張感で迎えたレース。



反省…というか申し訳ない気持ちでいっぱいになったレース本番の様子はまた次回!






つづく。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






伊吹の息吹で飛沫トブ

【お断り】
タイトルに意味はございません。ただ思い付いたダケです。











先日開催された「伊吹山ドライブウェイヒルクライム」でのお話し。








このイベントは当チームのクライマー陣と練習仲間の皆さんなども参加予定でした。

が、菰野HCに続きコチラでも雨。


更に雪がナニしててショートコースになるという…



一部のヘンタイさん達は「雨だと参加者が減る」という理由からむしろ雨歓迎的な発想でしたが、ソレはヘンタイさん達の発想なので上位陣にはきっと関係無いかと思われましたが、メンドクサイので聞き流しておきました。



確かSHOROsの方々も何名かご参加予定とお聞きしておりましたが、どうやら皆さんDNS。

ガマンの出来ないリキさんは午後から走りに行ってらっしゃったようですが。





私はというと。





ヒョンなコトから伊吹を登るコトになりまして。


でも翌週に岡国が控えておりますのでヒルクライムなんぞにウツツをヌカしているヒマなどございまへん。




というコトでクレール平田までクルマで行き、ソコから二之瀬越えて伊吹山へ。
練習の仕上げ的な感じでチョイと登って帰る…そんなつもりでおりました。






ですが。







20170409_050119.jpg

分かりにくいでしょうけども朝起きたら生憎の雨。


まぁでも名古屋は雨でも岐阜方面は曇的な予報でしたので、路面状況次第ではイケるんじゃないかと期待を持ってクレール平田へ。






ですが。







20170409_054005.jpg


モロ雨。
何なら名古屋より激しい。



しかし伊吹山方面は明るいので

20170409_053950.jpg


行くだけ行ってみようかな、と。


BONさんにお貸ししていたパーツもお返しいただくコトになってたので、とりあえず行く理由もありましたしね。






路さん・syuさんがいる駐車場へ到着し無事落ち合うコトが出来ましたが、やっぱり雨。

ってコトで私のDNS確定。


バイクが汚れるのがイヤですし。
汚れるのがというより、掃除が、ですが。

基本的にバイク弄り全般がキライなのです。





伊吹山登らないんじゃココに居ても仕方ないので、BONさんからいただくモノをトットといただいたら帰ろうかと思いましたが、ドコに居るのかさっぱりワカラン。

しかもコッチの居場所を伝えても来る気配ゼロ


…さてはレース後に返すつもりだな?
ワシ走らんと言うとるのに。



ウーン…早く帰ってローラーでも回したいのにウーン…




そんなコトを考えていたらアチラからナニやら見覚えのあるお人が。





20170409_062517.jpg




ONIさんボーンズさんだ!

ボーンズさんはTDA以来ですかな?



ONIさんはスンゲー久々です。
ある島に飛ばされたというウワサも流れていましたがまだ大丈夫なご様子。

菰野HCでお会い出来なかったので今年は登らないんだと思ってましたが。



そういえば風のウワサ(主にFB)でボーンズさんが新車に変えたと耳に(目に)したので早速チェック。



20170409_071609.jpg

フム。
「BRIDGESTONE」とは珍しい。



んん?


この三角は…



20170409_071741.jpg



モーター取り付け用のナニのように見えますが…
ボーンズさんは「ワットモンスター」と呼ばれているらしいですが、ソレとの関係はイカに…

前日の菰野スペシャルに続いて伊吹スペシャルをサクレツさせるつもりですね♪


このバイクに乗る前から「ワットモンスター」と呼ばれていたので多分無関係でしょう。





さて。

ヒマなので今度はsyuさんをヒヤカシに。



イカレヒルクライマーでは最早定番らしいですが、

20170409_075112.jpg


この日もインナーのみ。


こんな状態で前週の周回練走ってたかと思うと、やっぱりヘンタイです。






しばらくすると受付に行っていたONIさんとボーンズさんがご帰還。

するとイソイソとバイクを弄り始めるONIさん。


何だ?
最終チェックか?




20170409_084136.jpg




受付行ったら

パンクしたようですm9(^Д^)ウヒョー




しかしソレを予期してたかのようにタイヤを2set持ち込むあたりサスガです。

ちなみに山口が予備。
この後見た目重視で前輪も山口に交換してます。


んじゃコッチのホイールで受付行って決戦用は本番まで残しておけばよかったのに







そしてスタート前の臨時漕会ヘンタイ部の様子がコチラ。





20170409_090631.jpg




B地区・ツーケー・ナニetc…

およそ逮捕ギリギリラインまで丸出し状態で参加者が溢れる駐車場を闊歩してました。
ビブを上まで捲くり上げ、とにかくモロ肌出しまくりのその姿はサスガの一言に尽きますね。

臨時漕会さんって皆さんこうなんですかね?

何名か存知上げておりますが…
まぁ大体こんな感じですな。





にしてもBONさんがチートモ返しに来ねえ。

はよ帰って寝たいのに。




とか何とか思ってるウチにレースが始まったようです。




仕方ないのでクルマでブログチェックしたりイロイロ徘徊したり。




随分待ったトコロで帰還したボーンズさんを発見。

フェミニンクラス追い掛けてオイニーをナニしてたとか、レーサーとしての魂を感じる話を聞かせていただきました。
彼の強さの根源が見えた気がしました。



その後路さんも戻ってきて、LINEにはゴール写真やナニやら入って来ますが、肝心のBONさんがチートモ来ねえ。
マジでナニやってんだ?


仕方ないので電話して居場所を伝えて、ようやく落ち合うコトに成功。



しかし手ブラ。



アレ?と思いつつレースの様子などを聞きますが、一向に例のパーツには触れて来ない。




「んじゃ連れいるんで帰りますね」





オイ。
パーツはよ?




「あ!忘れてた!」









オイ\(^o^)/



ワシャ一体何の為に6時間もココで待ってたんだオイ。

まさかワシが会いたくて会いたくて仕方なくて電話したんだと思ったんじゃねーだろーな?



ってコトで翌週自宅まで届けてもらいました。







用事は済んだので(ホントは全然済んでないけど)syuさんが菰野に続き入賞したようなので、その晴れ姿を見に行きましょうかと、路さんと会場へ向かいますが…




20170409_131504.jpg





撤収作業中でした\(^o^)/







しかし大丈夫!



ツカさんがちゃーんと撮っててくれたのでその写真をば。



20170409_300000.jpg




syuさん、2位おめでとうございます!


菰野に続き我がチームのジャージを表彰台に乗せてくれましたよ。








無事(画像で)syuさんの晴れ姿を拝んだトコロでおウチへ帰ります。

んでローラー。





結局ナニしに伊吹まで来たんだか、更に言えばナニしに外へ出たんだかワカラン一日でしたが…

普段会えない方々にもお会い出来たのでヨシとしましょう。






しかしアレですね。

菰野HCも伊吹山HCも、ヒルクライム大嫌いな私が現れたので雨が降ったとしか思えんですね。



こうなったら用事も無いの富士ヒルにも行っちゃおうかな。

去年の誰かさんみたいに前日にマターリ登って帰るとか。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






炸裂★菰野スペシャル!

先日開催されました「菰野ヒルクライムチャレンジin鈴鹿スカイライン」

行ってきましたよ、応援に



この前日は寿司屋さんとヤビってからの止まらないロマンチックで帰宅でしたので少々疲れがナニしてましたが、出張中は全然身体動かしてませんしジョグっておきたかったというのもあり、応援というかサポートがてらランスタイルで行くコトにしました。

チームメンバーは私以外全員が出走しますし。


明らかな雨予報なのに誰一人としてDNSをクチにしませんでしたからね。
私だけヌクヌクと家でナニをキバってたらイカンでしょ、というコトで。






んで当日。







20170326_050900.jpg


分かりにくいですがモロ雨。

しかも寒い。
こんな日に山登るなんて狂気の沙汰としか思えん。

…いや、彼らは狂喜、か。
人数減って喜んどる可能性高い。


とんでもない早朝から会場到着連絡がバンバン。
なので何故か少し焦るように私もトットと会場へ。



まずはみっちゃま確保。


20170326_055945.jpg


カメラ目線いらんから回さんかい。寒いんだから。





ホドなくしてナニしに行っていた路さん確保。

20170326_055950.jpg

速過ぎて画像がブレる始末。




ココでアップ開始するみっちゃまをヒヤカシて遊ぼうかと思いましたが、本気で怒られそうなので、


20170326_061840.jpg


たかじんさんトコへジョグで移動します。


性根がフザけているたかじんさんならば、私がドレだけフザケようともまるで何事も無かったかのように返してきますからね。



前年度カテ覇者syuさんはチャンピオン枠で会場最寄りの駐車場に居るハズですが、アッチコッチ行くのがメンドクセーので効率重視で会場に移動するまでたかじんさんトコに居座ります。


ホドよいアップを終えたたかじんさんは、30分ソコソコのレースでも補給は欠かしません。

20170326_065116.jpg


アップ長過ぎてお腹空いちゃった説も有力ですが。




さて。

イイ時間になったトコロで会場へ。


20170326_071651.jpg





ココでようやくsyuさんと合流。

20170326_071826.jpg


絞り過ぎて体脂肪が限りなくゼロに近いので、寒さが身体の芯に直撃してスンゲー寒そうです。




菰野HCは若い順にスタートし、女子は一番最後。

なのでオッサンチームの我々はワリとノンビリ。

20170326_073911.jpg




しかし私はスタート地点までの4km弱とジョグって行かないとイカンので、少し先に向かいます。
皆さんの上着を預からないとイカンのでね。


20170326_081002.jpg



しかしココで問題が発生。

さっきまで小振りだった雨が結構なガチ降り。



ジョグスタイルなので傘なんざナシ。

あまりの寒さに自販機で温かいモノ買おうと思いますが、とりあえず視界には何にもナシ。
最寄りのコンビニまで約1.5km。

田舎過ぎるだろ



近くに居たポリ公サツカンに近くに自販機かお店無いか聞いてみるも、サッパリワカランという無能ップリ。
交通整理もしないで二人でダベってばかりだが…何しに来とるんだ?
しかも一人は女子だったからな…口説いてる可能性もあるで。職務中に。

しかし運営の人はこの辺に詳しいらしく即教えてくれました。




そうこうしているウチにオッサンクラスのご登場です。

20170326_084354.jpg


20170326_084411.jpg


20170326_084548.jpg



たかじんさんはベストを着たまま走ると仰いますが、1mgでも軽くしないとイカンので却下。
取り上げます。





さあ!

いよいよ我がチームクライマー陣の今シーズン初レースが始まります!





20170326_084815.jpg


一人ダケ半袖半ピチが居るな、と思ったら路さんだった件。

いや、この日はマジで寒かったんですよ。





路さん、syuさんはスタートの号砲と同時にササッと出発しますが、


20170326_084911.jpg


20170326_085003.jpg



たかじんさんは3秒ホドこちらに目線を送ってからノンビリスタート。


20170326_085008.jpg



ま、計測ライン超えてからがレース開始なのでソレまではゆっくりでいいんですけどね。







オッサンクラスを見送ってしばらくすると女子クラスのスタートです。


20170326_091153.jpg


当チームの真打、QOC(Queen of Crazy)みっちゃまの番です。




20170326_091332.jpg

女子クラスはイイですね。

全体的に雰囲気が柔らかい。


野郎共は殺伐としてるのか緊張してるのか、空気が硬いのです。


女性の方が肝っ玉座っていてドンと構えてるのかな?そういう空気感は伝わってきません。

あと断然華やか。
薫りも違う




それにしてもみっちゃまはエライイキオイでスタートして行ったけど、後半大丈夫かいな?






全員を見送ったトコロで再びジョグで会場へ。

冷え切った身体も即汗ダク。

汗冷えしないようにクルマに戻ってお着替えです。





しばらくするとたかじんさんがご帰還。

20170326_104107.jpg


装備万全。



どうやら去年より大幅にタイムを落とした様子。

トレランで遊び過ぎですね。
最近ラン用ウォッチも買うたようですが、遊び過ぎです。



syuさんも戻って来てるハズですが、ドコに居るかワカランのでウロウロ。



ホドなくして路さん・みっちゃまも帰還。

20170326_104842.jpg


路さんは去年より順位を上げ、みっちゃまは初参戦なので去年との比較は出来ませんが、鈴鹿スカイラインのタイムは見事PB更新


そうです。
私のPBより速いタイムです。

そうなんです。
抜かされました。



今後、ヒルクライムにおいて私のライバル(目標)はみっちゃまとなりました。
チーム練で二之瀬登る時は毎回勝負やで!

年内に鈴鹿スカイラインのタイムも更新しとかないと…





そして前年度覇者のsyuさんは…



見事入賞!

おめでとうございます!



連覇逃してるのでホントはアレなんですけどね






syuさんの晴れ舞台の前に、山神山女神のトークショー。

20170326_105721.jpg


脚の長さが…
いや何でも。




ココで山神と山女神からヒルクライムの極意を教えていただきます。

そしてソレを真剣に聞く私を笑う路さん。


いや、ちゃんと参考にしましたよ。
登る気ゼロの私は、この方々の思考とか練習方法を除外すればイイんだという意味で。





そしてようやくsyuさんの表彰式です。


20170326_112727.jpg


見事ウチのチームジャージを表彰台に乗せてくださいました。

連覇は逃したけどホントにスゴイ!




しかし優勝した方はこのカテでは信じられないホドのブッチギリタイムでの勝利。

そのブッチギリップリに表彰台には何ともビミョーな空気感




レース後、皆で食事に行きましたが全員がこの事実を素直に飲み込めずにいましたが…





結局こういうコトだったようです。


公式サイトには「計測ミス」とありますが、ソレで納得出来た人居るのかな?
特に当日2位にされた方、4位とされて表彰台に立てなかった方、7位とされて晴舞台に立てなかった方はどんな思いか…


思うトコロはイロイロありますが、次回以降はこのようなコトが無いようにしていただきたいモノですね。
ヒルクライマーの尋常ならざる努力とレースへの強い想いを目の当たりにしている身としては、何とも云い難い気持ちでいっぱいです。



昨年赤城スペシャルとしてある事件があったように、今回も菰野スペシャルとして語り継がれるコトでしょう。








今回は最後にミソがついた感じにはなっちゃいましたが、皆さんお疲れ様でした!

ノルマはあと4レースありますけどね♪









…にしても。


クリテやエンデューロは人が走ってるの見ると自分も走りたくなりますが、ヒルクライムの場合そんな気持ちは一切湧いてきませんね。


ヒルクライムは心の底から好きじゃないんだな、と改めて確信しました。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





気持ちで負けてるクリテC3編

守山野洲川クリテリウム編のつづきです。





メインのトロッフェ・バラッキをダメダメで終わり、きっちさんへの機材プレゼンも無事完了したトコロで私のヤル気はゼロMAX

平田クリテでDNS慣れしている私としては、このままレースを走らず帰っちゃうってーのも全然アリだったんですけどね。
翌日にはトレランも控えてますし。


しかし鉄の意志マン・コンソメさんのアレにより一応レースには出ようというコトに。




完全に脚が固まっていますので軽くアップをしようと試みますが、ココでもヤル気の無さがサクレツして結局チョロっと走ってオシマイの巻。
全然アゲれてません。





一応早めに並んどく?ってコトで受付へ向かいますが、コレまでのレースで何回かの落車があったそうで予定より45分遅れとのコト。
堤防から落ちた人もいたらしいですが…救急車も来たとか。


やっぱりココのクリテはコエーなと恐怖感を抱きつつ、寒さに震えつつ出番を待っていると…



KNK2さん来てますよ」



なぬ?




KNK2さんといえば私に鈴鹿の権利をナニして下さった御方。


コレはご挨拶せねばなりますまいというコトで早速ご挨拶。

20170319_143008.jpg


クリテがお好きなようで、去年は平田クリテにもお越しになったようです。

サクっと入賞して帰られたのはサスガですね。




その強者のレースを見たかったんですが、ソレを見てたら最後尾に並ばないとイカンのでコンソメさんと共にトットと並びます。



結果だけは聞きましたが、サスガの結果ですね。
強い御方だ。

ソレだけに鈴鹿を走れないのはとても残念なコトでしょう…

おかげで私が走れるんですけどね♪





C4は参加者が多いようで二組に分かれてのレースでしたが、C3は全員でよーいドンの様子。

50名以上の選手がこのコースを一気に走るんか…
マジコエー…



気持ち(と脚)が盛り上がってればガンガン前に出て危険回避してやるZE!とか思っちゃうんでしょうけど、気持ち(と脚)が全然出来上がってないこの状態ではそんな気持ちになれるハズもなく。




そんな気持ちでサインシートに名前を書きますが、


20170319_170001.jpg



そんな写真を撮るならトロバラの写真をだな…いや、何でも。




ちなみにバイクはCAAD10に変えました。

マジで落車コワいですし、VENGEが壊れたら立ち直れる自信がありません。
エンデューロ系のレースは当然VENGEを使いますが、基本的にクリテは落車するコトを前提と捉えていますので。

いや、CAAD10が壊れてもショックは結構大きいとは思いますけども。







そしてようやくレーススタート。

アップしたトコロでコレだけ待っていたらあまり意味無かったくらい、待ちました。
…でもアップオイルくらいはヌリヌリしておけばヨカタ。



ちなみに運営の方が、レーススタート15秒前までずーっと安全走行を力説されておりました。

「ゴール前で一人二人抜かしたトコロで何の意味も無いですよ」という言葉がとても印象的でしたが、レースなので意味はあると思うんですが…

まぁソレは大げさだったとは思いますが、とにかくこの日何回かの落車があったようなので、最後のレースだけは有終の美を飾りたかったという気持ちは充分に伝わってきました。


結局落車は発生しましたけどね\(^o^)/




私も落車なんて絶対イヤなので、今回も集団後方ツキイチ作戦を選択。

前に出れそうなら出ようかな?くらいの気持ちで。



スタート地点からコーナーを2つ過ぎて堤防に入るまではローリング。

堤防から本格的にレーススタートしますが、C3ともなると簡単には集団はバラけません。

しかしソレでも後ろから見ててフラフラと不安な方はいらっしゃいますが…




コーナーはほぼ全員が慎重になり充分な減速・ラインキープ・声出しが徹底されているんですが、やはりコワいのは堤防。


ホームストレート側は下り開始なので結構なスピードな上に、速度差がつきにくいのかココでムリにアゲて抜いて行く選手も殆ど居ません。
そもそもコース幅も広いのである程度余裕もありますし。



しかし堤防側は右からグイグイ行く選手もチラホラ。

声を出さずに出てく人もチラホラ。



すると2周目か3周目だったでしょうか…







落車~~~!!







ついに先頭で落車が発生しました。



逃げを打とうをしていた数人の選手が接触したのか、2~3名の選手が落車です。

大怪我では無さそうでしたし堤防から落ちても居ないのは不幸中の幸いといったトコロでしょうか。




当然集団は中切れ発生。

絶妙な場所で切れたコンソメさんはタッタ一人で集団を追いますが、ソレをお手伝いに行ける脚は私には無く。

集団内でセコセコ走っていますが、ソレでも既に結構キツイ。



半ば諦め状態でしたが、何とか先頭集団に復帰しました。





そして最終周。




この時点で集団最後方でしたので入賞には絡めないな、と思ってた時点で私は負け犬でした。

コーナーを抜けて堤防への登り手前で前の選手が中切れ気味に。

コリャイカンとスグ前を追いますが、そもそもその登りが最初っからキツかった私にはソコで差が更に広がる始末。



更に堤防の上はモロ向かい風で、その状況下で集団に追い付けるハズもなく。

私の後ろにはキッチリお1人ついていらっしゃったようですが、その方も前に出る気配などございません。





んで、完全に諦め。




カメラを構えるきっちさんにピースする始末。

20170319_170000.jpg


ナニを勘違いしたか、後ろの選手もチョーカメラ目線。





コンソメさんはキッチリ集団内でゴールしたようですが、スプリントには絡めなかったようです。








今回のレースでの反省点は二つ。


一つは、レースはキッチリ気持ちを作って臨まないと絶対にダメ。
その為には日々の練習が大前提なんですが、今回はソコからダメダメでした。


二つ目はやっぱり登りを何とかしないとイカン。
ド平坦の平田は全然気にならないんですが、チットでも登りがあると全然ダメダメ。

いずれAACAにも出たいと思っていますので、やっぱり少し絞らないとイカンかなぁ…
でも減量は絶対にムリなんだよな…
まず飯がガマン出来ん。
飯をたらふく食べても痩せれるイイ方法、誰か教えてください。






という感じでこの日はオシマイ。




最後にコーラ飲みたくなって探した自販機は何と100円という嬉しい価格。

20170319_164341.jpg


ですが、本場のコーラのようで妙に甘い。
明らかにいつものとは違う味。





この大会、来年はどうしようかな。

コンソメさんが出るならリベンジ的な意味を込めてまた出ようかな。




4月・5月の平田クリテは別のレースがあって出れないのでしばらくクリテはお休みですが、ソレが終わったらまたクリテに向けて練習しないと。

私のアシストをしてくれるハズのアノ人にもそれまでにナニしていただいて、と。









ちなみに。

ウチのチームには「年間5戦以上のレース出場」(免責・例外アリ)という唯一のルールがあるんですが、私はこのクリテで今年のノルマ達成。

残り9ヵ月は遊んでてもOKなんですが、きっとあと7~8戦は走るかな?


クライマー陣はコレからが本番なので目一杯ヒヤカシ…応援&サポートする所存でございます。

…家から応援してるか遠くから見てるダケですが。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





お試しトロッフェ・バラッキ

4月に岡山国際サーキットで開催される「晴れの国おかやま7時間エンデューロ」。

去年に続き今年も出走するんですが、今年は趣向を変えて「トロッフェ・バラッキ」に出るコトに。


エンデューロもいいんですが、一度トロバラも走ってみたいよねという意見がコンソメさんと合意に至りまして。

岡国ならアップダウンも少なめですし、何とかコンソメさんについてイケるだろうという算段からですが。




しかし私とコンソメさんは名古屋と大阪という遠距離恋愛中。

二人一組で走るレースの練習なんぞ出来るハズもなく。



ブッツケ本番で走るしかないかな?と考えていたトコロでコンソメさんよりご提案。




「3月に守山野洲川クリテリウムが開催されるんですが、ソレのトロバラ出ませんか?」

「ついでにクリテも」




ホゥ…





調べてみると、そのトロバラは2.2kmのコースを3周という短い距離。

岡国は1周約3.7kmのコースを10周なのでそのお試しとしてはチトアレですが、トロバラってヤツを体感するにはちょうどいい(主に開催地が)というコトで。








ってコトで当日。




試走に間に合えばいいかな?くらいの感覚で会場に着くと、既に一番近い駐車場は満車。

なので少し離れたトコへ。

20170319_072959.jpg





トットと準備をして受付へ行くと既にコンソメさんご到着。




試走時間は20分ホドしか無いのでとりあえずトットと試走開始。


20170319_081912.jpg



私にとってクリテといえば「平田クリテ」。
ソレしか知りません。

なのでソレとの比較になります。

course.jpg


まず右回りでいつもの逆。

コース幅はスタート&ゴール側は広くて走りやすいですが、堤防はソコソコ狭い。
そして堤防なので左右は転がり落ちる危険もアリ。

そして何より堤防に登るというのがキモ。


あとは初めてのコースなのでドコが危険でアブナイかが分からないというのもネック。


ただ、コーナーは全員が危険を感じるトコロなのできっと減速&ラインキープは徹底されるでしょう。
一番コワいのは堤防の上ですね。

ストレートですが、コース幅も狭いのでソコでバトルが始まると落車の危険大。
更には堤防の下に転がり落ちるというサービス付き。



とりあえずはトロバラなのでそういう危険は極めて低いですが、前後の組とのスタート時差が15秒なので抜きつ抜かれつはあるでしょうからね…





2周ホドの試走を終えたトコロで再び会場へ。

20170319_083047.jpg


すると結構な数の来賓挨拶が。

結構ちゃんとした大会でした(失礼)。
いや、平田はもうチットラフなんで。




滋賀県選手権を見つつトロバラのスタートを待ち、寒さに震えながらスタート。


20170319_092254.jpg



「とりあえず40km/hくらいまでアゲまっせ」


そんなコト言うておいて絶対45km/hくらいまでアゲるつもりだってーのは想定内。




ちなみに作戦はかなり大雑把。

距離が短いので踏めるダケ踏んでイケるだけイク作戦。


ダメだと思ったら即交代。
ソレは前にいる時も後ろにいる時も。






走り出した途端後悔したのはアップを全然しなかったコト。



短い距離なので結構アゲて走るんですが、その強度に脚も心肺もついていきません。

みるみる速度が下がるのが分かります。



前がタレたと思ったら、あるいは脚を休めれたと思ったら志願制の先頭交代もアリと決めていたので、コリャ殆どコンソメさんが前になるやでと思うホド、脚が回りません。

んが。


実はコンソメさんも似た状況だった様子。

そりゃそうです。


彼も全然アップしてません。



ただ、ツキイチタイムでの快適さが段違い。



私がコンソメさんのツキイチに入っても大して脚は休まりませんが、私のツキイチの快適さは周知の通り。

その分コンソメさんには頑張ってもらいましたけどね。






結局最後はタレタレでゴール。


しかも一組目が終わった時点で入賞すら困難な順位。



TTバイクがモリモリ参加してるこのレースで上位なんて夢のまた夢でした。

ソレ以前にちゃんとアップしないとダメですな。


出し切ったのは間違いないんですが、アゲ切れて無い感もアリアリです。




そもそもこんな走り方してて岡国の練習になるのかどうかもチョー疑問。


当日はもうチット作戦を話合わないとイカンですな。

現地へ向かう車内で。






とりあえずこの日のメインレースは終わったんですが、ついでに参加するというクリテが約5時間後という苦行。

もっと早い時間のレースもあったんですが、コンソメさんの指定でC3縛りだったので致し方なく。




すると我々的メインレースが終わったこのタイミングでメンドクサイマンがご登場。

20170319_094249.jpg

ビワサイさんへドッキリ凸のついでのようです。

しかもコレから昼飯食いに行くってーのにヤキソバ食うてケツカル。




にしても来るなら来ると言うてくれれば…

マジでトロバラの写真撮って欲しかったのでちゃーんと時間伝えたのに…


なんて空気の読めない上に使えねーヤツなんだ





なーんてコトをダベってたら運営さんにアンケートをお願いされ、お礼にアメちゃんいただきました。

20170319_095536.jpg







さて。

クリテまでの長い長い休憩タイムを昼食&オヤツを食べながら過ごしますが、ココでもトロバラが始まります。



目指すゴールは勿論アレ。








というコトでトロバラ番外編へつづきます。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター