炸裂★菰野スペシャル!

先日開催されました「菰野ヒルクライムチャレンジin鈴鹿スカイライン」

行ってきましたよ、応援に



この前日は寿司屋さんとヤビってからの止まらないロマンチックで帰宅でしたので少々疲れがナニしてましたが、出張中は全然身体動かしてませんしジョグっておきたかったというのもあり、応援というかサポートがてらランスタイルで行くコトにしました。

チームメンバーは私以外全員が出走しますし。


明らかな雨予報なのに誰一人としてDNSをクチにしませんでしたからね。
私だけヌクヌクと家でナニをキバってたらイカンでしょ、というコトで。






んで当日。







20170326_050900.jpg


分かりにくいですがモロ雨。

しかも寒い。
こんな日に山登るなんて狂気の沙汰としか思えん。

…いや、彼らは狂喜、か。
人数減って喜んどる可能性高い。


とんでもない早朝から会場到着連絡がバンバン。
なので何故か少し焦るように私もトットと会場へ。



まずはみっちゃま確保。


20170326_055945.jpg


カメラ目線いらんから回さんかい。寒いんだから。





ホドなくしてナニしに行っていた路さん確保。

20170326_055950.jpg

速過ぎて画像がブレる始末。




ココでアップ開始するみっちゃまをヒヤカシて遊ぼうかと思いましたが、本気で怒られそうなので、


20170326_061840.jpg


たかじんさんトコへジョグで移動します。


性根がフザけているたかじんさんならば、私がドレだけフザケようともまるで何事も無かったかのように返してきますからね。



前年度カテ覇者syuさんはチャンピオン枠で会場最寄りの駐車場に居るハズですが、アッチコッチ行くのがメンドクセーので効率重視で会場に移動するまでたかじんさんトコに居座ります。


ホドよいアップを終えたたかじんさんは、30分ソコソコのレースでも補給は欠かしません。

20170326_065116.jpg


アップ長過ぎてお腹空いちゃった説も有力ですが。




さて。

イイ時間になったトコロで会場へ。


20170326_071651.jpg





ココでようやくsyuさんと合流。

20170326_071826.jpg


絞り過ぎて体脂肪が限りなくゼロに近いので、寒さが身体の芯に直撃してスンゲー寒そうです。




菰野HCは若い順にスタートし、女子は一番最後。

なのでオッサンチームの我々はワリとノンビリ。

20170326_073911.jpg




しかし私はスタート地点までの4km弱とジョグって行かないとイカンので、少し先に向かいます。
皆さんの上着を預からないとイカンのでね。


20170326_081002.jpg



しかしココで問題が発生。

さっきまで小振りだった雨が結構なガチ降り。



ジョグスタイルなので傘なんざナシ。

あまりの寒さに自販機で温かいモノ買おうと思いますが、とりあえず視界には何にもナシ。
最寄りのコンビニまで約1.5km。

田舎過ぎるだろ



近くに居たポリ公サツカンに近くに自販機かお店無いか聞いてみるも、サッパリワカランという無能ップリ。
交通整理もしないで二人でダベってばかりだが…何しに来とるんだ?
しかも一人は女子だったからな…口説いてる可能性もあるで。職務中に。

しかし運営の人はこの辺に詳しいらしく即教えてくれました。




そうこうしているウチにオッサンクラスのご登場です。

20170326_084354.jpg


20170326_084411.jpg


20170326_084548.jpg



たかじんさんはベストを着たまま走ると仰いますが、1mgでも軽くしないとイカンので却下。
取り上げます。





さあ!

いよいよ我がチームクライマー陣の今シーズン初レースが始まります!





20170326_084815.jpg


一人ダケ半袖半ピチが居るな、と思ったら路さんだった件。

いや、この日はマジで寒かったんですよ。





路さん、syuさんはスタートの号砲と同時にササッと出発しますが、


20170326_084911.jpg


20170326_085003.jpg



たかじんさんは3秒ホドこちらに目線を送ってからノンビリスタート。


20170326_085008.jpg



ま、計測ライン超えてからがレース開始なのでソレまではゆっくりでいいんですけどね。







オッサンクラスを見送ってしばらくすると女子クラスのスタートです。


20170326_091153.jpg


当チームの真打、QOC(Queen of Crazy)みっちゃまの番です。




20170326_091332.jpg

女子クラスはイイですね。

全体的に雰囲気が柔らかい。


野郎共は殺伐としてるのか緊張してるのか、空気が硬いのです。


女性の方が肝っ玉座っていてドンと構えてるのかな?そういう空気感は伝わってきません。

あと断然華やか。
薫りも違う




それにしてもみっちゃまはエライイキオイでスタートして行ったけど、後半大丈夫かいな?






全員を見送ったトコロで再びジョグで会場へ。

冷え切った身体も即汗ダク。

汗冷えしないようにクルマに戻ってお着替えです。





しばらくするとたかじんさんがご帰還。

20170326_104107.jpg


装備万全。



どうやら去年より大幅にタイムを落とした様子。

トレランで遊び過ぎですね。
最近ラン用ウォッチも買うたようですが、遊び過ぎです。



syuさんも戻って来てるハズですが、ドコに居るかワカランのでウロウロ。



ホドなくして路さん・みっちゃまも帰還。

20170326_104842.jpg


路さんは去年より順位を上げ、みっちゃまは初参戦なので去年との比較は出来ませんが、鈴鹿スカイラインのタイムは見事PB更新


そうです。
私のPBより速いタイムです。

そうなんです。
抜かされました。



今後、ヒルクライムにおいて私のライバル(目標)はみっちゃまとなりました。
チーム練で二之瀬登る時は毎回勝負やで!

年内に鈴鹿スカイラインのタイムも更新しとかないと…





そして前年度覇者のsyuさんは…



見事入賞!

おめでとうございます!



連覇逃してるのでホントはアレなんですけどね






syuさんの晴れ舞台の前に、山神山女神のトークショー。

20170326_105721.jpg


脚の長さが…
いや何でも。




ココで山神と山女神からヒルクライムの極意を教えていただきます。

そしてソレを真剣に聞く私を笑う路さん。


いや、ちゃんと参考にしましたよ。
登る気ゼロの私は、この方々の思考とか練習方法を除外すればイイんだという意味で。





そしてようやくsyuさんの表彰式です。


20170326_112727.jpg


見事ウチのチームジャージを表彰台に乗せてくださいました。

連覇は逃したけどホントにスゴイ!




しかし優勝した方はこのカテでは信じられないホドのブッチギリタイムでの勝利。

そのブッチギリップリに表彰台には何ともビミョーな空気感




レース後、皆で食事に行きましたが全員がこの事実を素直に飲み込めずにいましたが…





結局こういうコトだったようです。


公式サイトには「計測ミス」とありますが、ソレで納得出来た人居るのかな?
特に当日2位にされた方、4位とされて表彰台に立てなかった方、7位とされて晴舞台に立てなかった方はどんな思いか…


思うトコロはイロイロありますが、次回以降はこのようなコトが無いようにしていただきたいモノですね。
ヒルクライマーの尋常ならざる努力とレースへの強い想いを目の当たりにしている身としては、何とも云い難い気持ちでいっぱいです。



昨年赤城スペシャルとしてある事件があったように、今回も菰野スペシャルとして語り継がれるコトでしょう。








今回は最後にミソがついた感じにはなっちゃいましたが、皆さんお疲れ様でした!

ノルマはあと4レースありますけどね♪









…にしても。


クリテやエンデューロは人が走ってるの見ると自分も走りたくなりますが、ヒルクライムの場合そんな気持ちは一切湧いてきませんね。


ヒルクライムは心の底から好きじゃないんだな、と改めて確信しました。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





本命はむしろコッチ

寿司屋さんとの聖地巡礼ツーリング編、今回がラストです。






宮ヶ瀬湖をあとにして、軽く詐欺っぽい「ココからスグ」なあの場所へ。




んが。

行く手前の道がソコソコ登り。

意外とキツイ。

しかしソレでも最短de登り要素少なめらしいんですが…
この界隈の方々も結局登り好きってコトですな。





そしてやって来ました、



20170325_123026.jpg



オギノパン

工場直営のパン屋さんです。


自転車乗りもソコソコやって来ますが、普通のお客さんがかなりイパーイ。




パンの種類も豊富でナニを食べていいやら迷っちゃいますが、ココは迷わずオススメの…


20170325_124505.jpg


カツサンド&ナポリタン。


カツサンドは寿司屋さんのブログでチョイチョイお見掛けするので、ホントはオギノパン的には揚げパンがイチオシだったようですがコレだけは最初から決めてました。

カツも厚くて美味しいです。



そして予想以上にウマかったのがこのナポリタン。

ガーリックがホド良く利いていてマジウメー。
イイ意味で期待を裏切られました。
コレはオススメです。

ただ、この後ハァハァする場合はガーリックの薫りが反芻するのでご注意をば。



「お♪今日は来てる」



と、来ない日もあるらしい

20170325_123002.jpg


眞田珈琲さん。


寿司屋さんはお知り合い?的な感じでしたね。
常連だとすると20年来クラスの常連風でした。


私は日替わり珈琲をいただきましたが、

20170325_124612.jpg




寿司屋さんはカフェラテに絵を描くヤツ(ラテアート?)にチャレンジし、

20170325_124022.jpg


見事な腕前をご披露くださいます。
サスガ常連。




店員さんがココまで用意してくれるんですけどね。

20170325_123910.jpg





カツサンド&ナポリタンサンドでソコソコお腹が膨れましたが、今思えばもっと食べればよかったなぁ…

イロイロな種類があったので、ココで腹パンにするつもりで食べるのもアリですね。


この時はあとどれくらいのナニがあるかビビっちゃったので、多少ならアゲれるように控えちゃったんですよね。







そしてココで寿司屋さんとマターリしていると、



「ダイズさん、思ったより普通ですよね。もっと暴れん坊のイメージが…」




ソレ、

西側諸国連中のせいです\(^o^)/






私は無個性が個性を自認する男。

更にブログは村随一の社会派で、本人はチョージェントルマン。
常々四方八方に気を配り、常に人の3歩後ろを控えめに歩くような男。


しかし西側諸国の連中と遊ぶ時は、吉本新喜劇のような連中に無理やり合わせているんですよ。
マジ大変。




だのに私がナチュラルにそんな風だという空気感で記事を書く、主にナントカ輪業さんとか事故成金マンとかが悪フザケするんです。


去年はチョイとリキさんのブログにも登場してますが、リキさんの描く印象が真実ですね。
アノ方は真実しか語りません。



寿司屋さんも本質を見抜く眼をお持ちのようで、私が極めて普通のジェントルマンだとバレちゃいました。









と、私の真実をご理解いただいたトコロでこの日最後の、そして私の中ではメイン的な最後の聖地へ。



「アソコを登るならチト遠回りして回り込まないと…」




無論、登らんで結構です!






というコトで反対側からサクっと到着。


20170325_135235.jpg



土山峠

別名寿司山峠とも呼ばれるらしい場所。






寿司屋さんからは「そんな大した場所じゃない」と聞かされていましたが…




20170325_135253.jpg



マジでその通り


知らなければ確実に通り過ぎる場所ですね。


しかも頂上感ゼロ。
何なら登ってる途中です。


なので反対側から来ると下ってるんです。峠なのに。
いわゆる「裏」がありません。




当初寿司屋さんは「登らなくていいんですか?」と仰いましたが、私の登り嫌いはマジで村一番。
登らずしてネタ元に辿り着くなんて最高!としか思わない私にとって、ココを裏から訪れるのはチョーイイ感じ。

表側を下って行くと登らなくて良かったと心から思いました。

結構キツそうでした…距離は分かりませんが。





信号待ちが短くて撮れませんでしたが、「分れ道」という今まで見た中で最も分かりやすい交差点を超えたら、スタート地点の公園に到着。

駐車場へ向かう道が意外と激坂で、最後の最後にキッチリ仕上がってこの日のライドはオシマイ。






一日ご案内下さった寿司屋さんをお見送りして帰路につきます。


20170325_150123.jpg






寿司屋さんにとっては私のチョーマターリペースは物足りなかったと思います。

ソレでも一切そんな気配を見せずに終始笑顔でご案内いただきました。




ありがとうございました♪






関東には年4回ホド訪れます(担当交代するまでは)。

また是非ご一緒してください♪



ココから新しい輪が広がるコトも楽しみです。









20170325_160000.jpg






次は鎌倉や江ノ島などのチョー観光地もイイですね♪









【走行距離】73.1km
【獲得標高】1,233m

次は獲得標高500m以下希望!








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




ご褒美は全国共通

前回からのつづきでヤンス。





ロードバイク人生数年経過してようやく東の聖地(の麓)に降り立った私。


20170325_094538.jpg



ココが開始点で間違いは無いようですが、途中信号が2つホドあるのでソレをクリアした後からがガチTT区間だとか何とか。

しかしヒルクライムのタイムに一切興味の無い私には全く関係ございません。



なので寿司屋さんが過去会ったローディの中で最も登りが遅いであろう私のペースに合わせて走っていただきます。




んが。




20170325_095423.jpg


気を抜くとスグ先に行っちゃう始末。


何度も何度も何度も何度もSペース(過去最強にゆっくりの意)でお願いしますと懇願します。




「チミ、富士ヒルでブロンズ獲ったんしょ?」



チョイチョイそうつつかれますが、ハッキシ言ってあれはマグレ。

【ヒルクライムにマグレ無し】とかいう格言を耳にしたコトがありますが、実はマグレあるんですよね。
先日の菰野HCではナカナカなスペシャルテクニックをサクレツさせてた方もいらっしゃいましたが。


昨年の富士ヒルはたかじんさんに牽き続けてもらった上に、私の背中にダケ45m/sの追い風が吹いていましたからね。




しかしこの日はほぼ無風。

もうムリムリ。




「途中、展望台がありますよ」




寄りましょう\(^o^)/







チーム練において峠の途中で休憩するのは、七つの大罪を犯すコトになりとんでもないペナルティが課せられますが、この日はツーリング。
チームメンバーは誰も見てねーし




20170325_102655.jpg


余裕のよっちゃんイカで展望台へ凸します。



イカレクライマー的には一旦登ってから降りてくるそうですが、せっかく登った山をまた降りるなん徒労は大嫌いなので効率重視でSTOP。




雲の多い日でしたのでエッフェル塔は見えませんでしたが、

20170325_102841.jpg


海まで望めるイイ景色です。



寿司屋さんご本人の画像は滅多に見れないのでココでサービスショットをば。

20170325_102849.jpg


フレームアウトしようとしたトコロを強引に戻しての激写です。





ココから山頂はワリとスグ。


「もうスグですよ」



ローディのその言葉は1億%ウソなので全く信用していませんでしたが、ホントにスグでした。




20170325_105321.jpg





しかしアレですね。

ローディの聖地的な山頂って、多分クルマで行ったら何の感動も無いトコロが多い気がします。


名古屋でいえば二之瀬もそうですし、雨沢なんて「は?」って感じの頂上。
一応この界隈では名が通ってますが、決してお客さんを連れて行くトコじゃないですね。

埼玉でいえば白石もそうですね。定峰も。
山伏なんてモロ通過点。


ここヤビツも自転車で登って来たからこそ、といった感じ。
思ったより地味。

登りは地味ではありませんが。




しかしサスガ関東。
ローディいっぱい。


売店もあるからでしょうか、

20170325_110103.jpg


皆休憩が長い(キガスル)。



というコトで私もいただきましたよ、

20170325_110058.jpg


通称「ヤビコーラ」



やはりローディのご褒美といえばコーラ。無論赤。



アワイチには灘大川にウマいコーラがありますし、我らのホームコースにもUNCOというコーラポイントがあります。
ビワイチには…コンビニ多いから印象無いな。
秩父には…やっぱり印象無いな。
雨沢には…何にも無いな。

ま、とにかくコーラはウマい。





休憩もホドホドに裏ヤビツを抜けてお次のポイントへ向かいますが、降り始めてスグ案内されたのがココ。

20170325_111502.jpg




ナニやら湧水が出ています。

20170325_111525.jpg


この日は水量が少ないようでチョロチョロでしたが、名水なんちゃらだそうで。



「飲まないんですか?」


そう言われましたが…




20170325_111513.jpg


煮沸しろって書いてありますし…

私以前、二之瀬の湧水ガブ飲みコイて胃腸がダウンヒルしたコトありますんで。






そしてココから始まる裏ヤビツ。


二之瀬くらいの裏を想像してましたが、思った以上に長い。
川沿いの雰囲気のイイ道を延々走り続けます。

そして何より寒い

夏は快適そうですね。
下り基調ですし。



途中、レーパン履いた方々がガチ速度でランしてましたが、この界隈ってそんなトコなんですね…
オソロシヤ。




なーんて感じでボチボチ走っているとようやく到着です。

20170325_115633.jpg


宮ヶ瀬湖。

デカイ。
思った以上にデカイ。





ボチボチお腹が空いてきましたね、というコトで楽しみにしていたアソコアレを食べに行くコトに。

寿司屋さんのブログでチョイチョイ出てくるナニです。





ココからだったかこの先からだったか忘れましたが、寿司屋さんの脳内にはいくつかのコースがあったようで、優しい寿司屋さんは私に選択肢を与えてくださいます。


登る道と登らん道。



登りはヤビツ1本で充分なので、当然私はとにかく登らない道を懇願します。
あと近道。

この日はこの後クルマを運転して名古屋に帰らないとイカンですしね。





でもアソコは登った先にあったんですよ…








つづく。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





初ヤビツde寿司ネタに

ついに行ってきました。

東の聖地と言われるヤビツ峠へ。



村広しと言えども西の聖地アワイチ&ビワイチ、そして東の聖地ヤビツを両方制覇した村民はそんなに多くないハズ。

…東海地方には聖地無いな。
サミシイな。

山神がチョイチョイ出没する峠とかあるんだけどな。








実はこのヤビツ峠、ホントは昨年のカラ出張時に兄と行こうと思っておりました。

しかし兄も当然私もこの辺りの地理はサッパリ柚子ポン酢味。


テキトーに走ってもgdgd確定ですし、そもそもドコにクルマ駐めてイイかすらワカラン。


んじゃソコのヌシにお聞きしようとアノ方にコンタクトを図るコトに。




「裏ヤビツが工事中なのでただ登って降りるダケになると思いますよ。」




ウーン…

ワシら兄弟は登り大嫌いではあるものの、有名峠にはチョーシコイて行ったりはします。ネタ的な意味で。
しかし決して頑張らないしタイムも気にしません。

なのでその峠を絡めてのルートなら走りますが、ソコを登るダケというのはあり得ません。
峠マニアではありませんので。



というコトでその時は別のトコ行こうかという話になり、南房総ルートを引きましたが二人ともフヌケ過ぎてただドライブして帰ってきたダケという…




そしてその時コンタクトを取ったアノ方が、


「よろしければご案内しますよ」


と、何とも嬉しいお申し出。




サスガにコッチからソレを言うのを遠慮しちゃいましたので、ホントにありがたいお申し出でした。



んじゃ今度3月にソチラ行くので是非是非是非お願いします!とお約束をしていたのです。









というコトで当日。









ご指定いただいた某公園へクルマでGO。

20170325_084005.jpg


社用車に隠すようにしてバラバラに積んであったバイクをシコシコ組んでいると、やって来ましたよアノ方が。




20170325_085434.jpg



そう、

寿司屋さんです。


ココ最近ブログはサッパリお休みな感じですがヤビツ界隈をご案内いただくのはこの方しか居ない!というコトでお願いしちゃったんです。



バイクカラー的にもドコかシンパシーを感じますし♪






準備が整ったら早速出発。






最初は街中を通りますが、クルマがたくさん通る道を走るのは久しぶりな気がします。

いつものホームコースは殆どクルマが走ってません。
15kmの周回コースも、1周あたり3~4台のクルマしか見掛けません。


なので少し緊張。

ソレ以前にどんな牽かれ方するのかも緊張。




すると寿司屋さん曰く、「アップ的な」登りに差し掛かります。

フルフィンガーグローブがメンドクサくて画像はありませんが、私に取ってはメインクラスの登り。
早速キツイ。


明らかにオーバーペースで牽かれますが、ついて行かないと迷子確実なのでシヌ気でツキイチ。



アレのケツに張り付いている時はアレを茶化す余裕タッポリですが、寿司屋さんのツキイチはリームーです。

ハァハァしか言えない私を、寿司屋さんが笑顔で殺す。




そんな一日の始まりです。







その最たるポイントがまさにヤビツ峠。

この日のメインです。





アップ詐欺な登りを終えると、東側諸国のブログではチョイチョイ見掛ける、

20170325_094535.jpg


ヤビツ入口交差点に。




ちなみに。

この交差点名が読めないと関東ではローディとは認められないとか。


20170325_094538.jpg


「名古木」

この変わった読み方で入力するとシッカリと変換されます。



字の並びが「名古屋」に似てるせいか、結局この日最後まで読み方を覚えられませんでした。
忘れるツボとでもいいましょうか。

この日ダケで5~6回寿司屋さんに読み方を聞いた覚えがあります。






私はクライマーでは無いので、どんな有名な峠でもコースプロフィールに興味がありません。
せいぜい距離くらいですかね。
何km走れば終わるのかくらいは知っておきたいので。




そんな私のヤビツ攻略。





乞うご期待!









つづく。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






アノ人は今

最近諸事情により休止されておりますが、ユルイラストと独特の空気感で大人気、名古屋が誇るロードバイクブロガーのアノ人の今。

気になりませんか?

「今」といっても少し前の出来事ですが…
















20170320_093804.jpg



お元気です\(^o^)/



そんなお話し。












とある休日。


どうしてもトレイルに行きたくて、尚且つ、いつもの多度山ではなく養老山脈を縦走してみたくなっちゃいまして。


しかし私はサッパリ道が分かりまへん。



というコトでアノ方(ランもバイクも続けるって書いてありましたが、ブログ休止中ですしたくさんの応援コメントが入ってましたし何となくアレなのでお名前は一応控えます。)をお誘いしてご一緒していただくコトに。


そして多度山でのトレランレースを控えているカンパチさんもご一緒していただくコトに。




今回は時間の都合で縦走片道切符。

なので多度山麓で集合して、クルマでイイトコまで移動してからのスタート。


20170320_081349.jpg




そしてイキナリ始まる激坂。

20170320_081533.jpg



そして激坂。

20170320_081658.jpg


こんなトコ走れません。




ヒィコラ登っているとあっという間にこんな景色が見れる高さに。

20170320_083725.jpg




しかーし!




20170320_083905.jpg

まだ5合目。

多度山頂や二之瀬(庭田山)山頂とほぼ同じ高さなのに。



まーだこんなに上があります。

20170320_083730.jpg




とりあえず最初に登り切っちゃえば峰をウヒウヒ出来ると信じつつ、ヘコヘコ登って、

20170320_085813.jpg


ようやくテッペン的なトコロに。

イカした公衆トイレがありましたが、変なの写りそうなので写真は控えました。






そしてココから始まる縦走。

アノ方の先導で進みますが…


20170320_090455.jpg


文字通りの道無き道を進みます。

しかしコレがトレランの真髄(のハズ)。





森の中をしばらく走っているとやって来ました、

20170320_091154.jpg


ホリケンパラグライダー離陸ポイント。




当然の如く、

20170320_090821.jpg


20170320_090834.jpg



仁王立ちます。

スンゲーイイ景色。


多度山頂よりパノラマ感があります。



しばらくココの景色を楽しんだら再び出発。

20170320_091159.jpg




しますが…




20170320_091547.jpg



「アレ?」







え?

山中の「アレ?」って致命的なヤツじゃ…





しかし大丈夫。

文明の利器が発達した現代、便利なアプリがあるのでアノ方がソレをチェック。





その間モーツァ○トな切り株を見つけたので画像を確保。

20170320_091631.jpg





この後も道無き道をグングン進みます。

数メートル横には走りやすそうな道が見えますが、あえて道無き道を。



「多分アレが今度の多度トレランのコースですよ」




そう言いつつも、徹底的にソコを外しカンパチさんに一切の下見をさせずに走り続けるアノ方。

プロです。






しばらくすると下り基調deノリノリになってしまって、ついついアノ方の前に出て走っちゃう私。

そうなると俄然トレランが楽しくなってきますね。


楽しくなり過ぎて1回転しちゃった方もいらっしゃいますが。





そして以前見た「右も左も一緒やんけ」とツッコミたくなる看板のトコロで、

20170320_093748.jpg





冒頭にご紹介した、アノ方のお元気な姿を写すコトに成功。

20170320_093804.jpg







ココからは、以前も走ったハズですが景色が一緒で常に初めて感漂う中を走り続けると、

20170320_094347.jpg


いつも間にか瀬音の森コースに。




…こんなんじゃ一生道覚えれんな。

たかじんさんに、道覚えておきますんで今度ご一緒しませうと豪語しましたが、このままじゃ遭難必死です。




この後は以前ryuさんに教えていただいた道へエスケープ。

20170320_100403.jpg


20170320_101434.jpg


瀬音の森コースはエライ人の数でしたからね。

結構な頻度で結構な人数とスレ違いました。
皆さんお好きですね。





もうスグでゴールというトコロにはモー○ァルトウッドとモ○ツァルト湧水があるので、

20170320_101817.jpg

20170320_102112.jpg


リキさんをトレイルに引き込む為に画像を確保。




今回は博識なカンパチさんがいらっしゃるので、前回発見できなかったイヌナシを探すべく、

20170320_102236.jpg


再びこの看板に従って進みます。



前回同様とりあえずヌシの居る池まで来ましたが、

20170320_103042.jpg

ソレっぽいのはナシ。



しかし奥に進むと、

20170320_103101.jpg


再び看板が。



む!

お宝は近い!




20170320_103132.jpg





何となくソレっぽい林にやって来ましたが、

20170320_103221.jpg


ココに見える全ての木はチガウようです。

多分カンパチさんが居なかったらコレがイヌナシだなと、ココで帰っていた可能性大です。



「あんな看板出すなら木にプレートくらい付けてクレヨ」


そのように軽く毒を吐くアノ方。

しかしごもっとも。





そして更に奥へ行くと!






20170320_103521.jpg







サーセンっした\(^o^)/


ちゃんと案内板ありました。





この時はまだ蕾でしたが、今頃は咲いているでしょうか。

20170320_104055.jpg


小さなナシのような実もありました。

食べれなさそうですが。






んで、そのまま進むとスグに下界に。


20170320_104744.jpg



ココまでスンゲー苦労して来ましたが、反対側(多度峡駐車場)から来ればスグに見れるようです。






というトコロでこの日のトレランはオシマイ。







この後はクルマで先程のトランポ地へ移動しますが、その道中改めて今日走った山を眺めると、


20170320_120000.jpg



よくあんなトコ登って走ったな、と思います。

自転車でも登るの大変なのに。





でも縦走はかなり楽しいので、次は完全制覇したいですね。

となるとソレなりに補給食も持っていかないとイカンな…


エイドキットもちゃんと揃えないと。




とりあえずは鈴鹿終わるまではオアズケですが、終わったらまたアノ方にお願いしようそうしよう。




…ダメならちゃんと断ってくださいね。











【走行(歩行)距離】11.3km
【獲得標高】679m

縦走楽しい♪







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター